BUSINESS TIPSビジネスに役立つ情報がきっと見つかる

  • DTP・グラフィックデザイン
  • チラシデザイン制作

集客力や販売促進効果の高いチラシデザインを外注する際のポイントとは?

チラシは新聞に折り込み広告として配布したり、駅前など人通りが多いところで配布したりする、店頭に設置したりしてお客様に持ち帰ってもらうなど、様々な販売促進方法があります。チラシで集客するメリットとは?

チラシで集客するメリットとは?

チラシで集客する大きなメリットの一つが、ターゲットとしている地域の顧客層に集中して認知してもらうことができるというところです。
新聞の折り込みにチラシを入れることで、短期間で多くのお客様に認知してもらうことができ、大きな集客につながります。
近隣のお客様に店舗やサービスを知っていただくことはリピートしてくれるお客様の獲得にもつながります。
さらにこうした近隣地域のお客様は口コミでの紹介脚にもつながるのです。
チラシによる集客にはこのようなメリットがあります。

効果的なチラシはデザインが鍵となる!

集客効果の高いチラシという販売促進の鍵を握るのがチラシのデザインです。
会社のサービスや商品の魅力が伝わるチラシならお客様は手に取って紙面を読んでくれるのですが、魅力が伝わらないチラシはなかなか手に取ってもらうことも難しいでしょう。
ターゲットとなるお客様に商品やサービスのメリットをしっかり伝えるチラシのデザインに、販売促進の成功がかかっています。

自分でチラシデザインを作るのは難しい

フォトショップやワードなどを使って自社でチラシのデザインを作ろうと考える方もいますが、実際に行ってみると大変難しいことが分かります。
文字のフォント一つとっても読みやすく、かつデザインに優れているものを見つけるのは一苦労ですし、伝えたいことを詰め込みすぎて読みづらい紙面になってしまってもお客様は手に取ってくれません。
何よりチラシをデザインするのは大変な時間と労力がかかってしまうため、本業に影響が出てしまいかねません。

プロのデザイナーに外注して販促効果のあるチラシデザインを作りましょう

プロのデザイナーにチラシのデザインを外注する一番のメリットは完成度の高い効果的なデザインがあがってくるというところです。
お客様が手に取ってチラシを見るのはごくわずかな時間ですが、プロのデザイナーはパッと見て内容が分かるレイアウトや色合い、フォントを熟知しています。
イラストレーターやフォトショップなど専門のチラシ作製ソフトを使って効果的なチラシを作ることができるのです。
また、外注することで自社にてデザイナーを雇う必要がなくなり、人件費の削減にもなります。

チラシデザインをアウトソーシングする際のポイントとは

チラシのデザインを外注して、本当に意図をくみ取った良いデザインができあがってくるのか不安に思われる方もいます。 デザインのアウトソーシングの際にいくつかのポイントに気を付けて発注することで、煩雑なやり取りなしにイメージに合った訴求力の高いデザインを納品してもらうことができます。

チラシの目的をはっきりさせておく

チラシには必ず訴求したいポイントがあります。 新店オープンや新たなサービス開始、キャンペーンのお知らせなど、こうしたチラシの目的をはっきりとさせ確認しておくことが大切です。
またどのようなイメージでお店や会社を訴求したいのかということを確認することもチラシのデザインに大きくかかわってきます。
さらに訴求したいターゲットはどの層なのかということも伝えておきたい大切なポイントです。
こうした条件をしっかりと確認することでよりイメージに近いデザインができあがり、結果としてクオリティーの高いチラシの完成や納期の短縮につながります。

見本としてイメージするデザインのものを見せるのも効率的

デザイナーや営業と口頭で打ち合わせをしていても頭の中でイメージのずれができてしまうことがありますが、デザインの見本を提示することができればより正確に意図が伝わり、イメージを共有することができます。
こうした見本は手描きでざっと描く以外にも、ウェブ上のページや雑誌を提示して参考にしてもらったりするのも良いでしょう。
大まかなデザインでも、口頭だけでなく視覚的にデザインのイメージを共有することができれば、1回目のデザインから希望に近いものがあがってきます。

使ってほしい写真やイラスト、文章構成があればあらかじめ提示する

チラシには写真やイラストなどの素材が欠かせませんが、使ってほしい素材があれば最初の段階で提示しておくことが大切です。
画像形式や解像度に気を付けてデータとして渡しておくことで、スムーズに使用してもらうことができます。
また、文章構成もあらかじめ提示しておくことで、デザイナーのやり直しを避けることができ、納期を短縮させることができます。

チラシデザインの外注先はどのようなところがあるのか

チラシのデザインを依頼するおもな外注先には「デザイン会社」「印刷会社」「クラウドソーシング」という3つがあります。
それぞれの依頼先の特徴をご紹介しましょう。

デザイン会社に外注する場合

デザイナーが運営するデザイン会社は多くの方が考える外注先で、一番のメリットは確かな技術のデザイナーが豊富に在籍しているため狙い通りのデザインができあがってくる可能性が高いというところです。
デザイン会社はデザイナーと直接打ち合わせや納品までのやり取りができるケースも多く、きめ細やかに対応してもらえ、実際に作業するデザイナーとのイメージの共有がしやすいという利点もあります。
利用してみて信頼できるデザイナーが見つかったら、同じデザイナーを引き続き指名して企業イメージをしっかり理解した様々な販促物のデザインを依頼することができ、打ち合わせの手間も軽減することができます。
こだわりのある確かなデザインのチラシを納品してくれるデザイン会社ですが、一方でしっかりと人件費をかけてデザインを作るため、価格が割高になりがちという点があります。
経費を抑えることを優先したい場合にはデザイン会社への依頼は割高に感じてしまうこともあるため注意が必要です。
また納期に関してもデザイン会社の場合は比較的遅くなる傾向があります。
デザイン重視でクオリティーを優先するため、コストや納期にもこだわる場合はデザイン会社への依頼はよく検討した方が良いでしょう。
価格に関してはデザイン会社ごとにばらつきが多いため、数社から見積もりを取って価格を比較することも大切です。

印刷会社に外注する場合

多くの印刷会社はチラシなどを印刷するだけではなく、デザインから一貫して引き受けてくれるサービスを行っています。 デザインから印刷まで1社でトータルに行ってくれるため、打ち合わせの回数を減らし価格を抑えたり、納期の短縮などの効率化も目指したりすることができます。
印刷会社は紙ベースの印刷を前提としていますので、折り込みチラシなどを考えている方には最適な依頼先です。
印刷会社はデザイン料や印刷代などの相場がデザイン会社よりも割安になることが多く、できるだけ費用を抑えながらチラシ作製をしたいという方には大きなメリットがあります。
安くて速いチラシ作製を考えている方におすすめです。

クラウドサービスで外注する場合

現在はインターネット上のクラウドサービスでチラシのデザインを外注することもできます。
この依頼を請け負うのがフリーランスのデザイナーです。
クラウドサービスでは顧客がこうしたフリーのデザイナーに直接依頼することで中間マージンをカットして費用を抑えながらチラシのデザインを作製してもらうことができます。
デザイナーによっては大変安い価格でハイクオリティなものを作製するケースもありますが、一方で納期を守ってもらえなかったり、品質に著しい問題があったりするケースも見られます。
個人の間での契約になるため、そうしたトラブルに合いやすいというリスクをあることを知って利用することが大切です。 フリーのデザイナーに直接依頼することができるのが「クラウドワークス」や「ランサーズ」といったサービスで、デザイナーに支払う報酬の他にもこうしたサービスの手数料もかかります。
クラウドサービスでの依頼方法はデザイナーを募集してその中から依頼するデザイナーを決める「プロジェクト方式」とデザインそのものを募集して気に入ったものを採用する「コンペ方式」があります。
どのようなチラシを作りたいのかその目的をしっかりと考えて募集方法を選びましょう。

目的に合ったデザインの外注で販促効果の高いチラシを作りましょう

このように販売促進効果の高いチラシデザインが重要になります。
デザインを依頼する際にはどういった外注先を選ぶかでその仕上がり・コスト・納期が大きく変わってきます。
優先するべきポイントをしっかりと確認した上で集客効果のある魅力的なチラシを作りましょう。

チラシデザイン制作でお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

チラシデザイン制作の関連記事

集客力や販売促進効果の高いチラシデザインを外注する際のポイントとは?

チラシは新聞に折り込み広告として配布したり、駅前など人通りが多いところで配布したりする、店頭に設置したりしてお客様に持ち帰ってもらうなど、様々な販売促進方法があります。チラシで集客するメリットとは? チラシで集客するメリットとは? チラシで集客する大きなメリットの一つが、ターゲットとしている地域の顧客層に集中して認知してもらうことができるというところです。 新聞の折り込みにチラシを入れることで、短期間で多くのお客様に認知してもらうことができ、大きな集客につながります。 近隣のお客様に店舗やサービスを知っていただくことはリピートしてくれるお客様の獲得にもつながります。 さらにこうした近隣地域のお客様は口コミでの紹介脚にもつながるのです。 チラシによる集客にはこのようなメリットがあります。 効果的なチラシはデザインが鍵となる! 集客効果の高いチラシという販売促進の鍵を握るのがチラシのデザインです。 会社のサービスや商品の魅力が伝わるチラシならお客様は手に取って紙面を読んでくれるのですが、魅力が伝わらないチラシはなかなか手に取ってもらうことも難しいでしょう。 ターゲットとなるお客様に商品やサービスのメリットをしっかり伝えるチラシのデザインに、販売促進の成功がかかっています。 自分でチラシデザインを作るのは難しい フォトショップやワードなどを使って自社でチラシのデザインを作ろうと考える方もいますが、実際に行ってみると大変難しいことが分かります。 文字のフォント一つとっても読みやすく、かつデザインに優れているものを見つけるのは一苦労ですし、伝えたいことを詰め込みすぎて読みづらい紙面になってしまってもお客様は手に取ってくれません。 何よりチラシをデザインするのは大変な時間と労力がかかってしまうため、本業に影響が出てしまいかねません。 プロのデザイナーに外注して販促効果のあるチラシデザインを作りましょう プロのデザイナーにチラシのデザインを外注する一番のメリットは完成度の高い効果的なデザインがあがってくるというところです。 お客様が手に取ってチラシを見るのはごくわずかな時間ですが、プロのデザイナーはパッと見て内容が分かるレイアウトや色合い、フォントを熟知しています。 イラストレーターやフォトショップなど専門のチラシ作製ソフトを使って効果的なチラシを作ることができるのです。 また、外注することで自社にてデザイナーを雇う必要がなくなり、人件費の削減にもなります。 チラシデザインをアウトソーシングする際のポイントとは チラシのデザインを外注して、本当に意図をくみ取った良いデザインができあがってくるのか不安に思われる方もいます。 デザインのアウトソーシングの際にいくつかのポイントに気を付けて発注することで、煩雑なやり取りなしにイメージに合った訴求力の高いデザインを納品してもらうことができます。 チラシの目的をはっきりさせておく チラシには必ず訴求したいポイントがあります。 新店オープンや新たなサービス開始、キャンペーンのお知らせなど、こうしたチラシの目的をはっきりとさせ確認しておくことが大切です。 またどのようなイメージでお店や会社を訴求したいのかということを確認することもチラシのデザインに大きくかかわってきます。 さらに訴求したいターゲットはどの層なのかということも伝えておきたい大切なポイントです。 こうした条件をしっかりと確認することでよりイメージに近いデザインができあがり、結果としてクオリティーの高いチラシの完成や納期の短縮につながります。 見本としてイメージするデザインのものを見せるのも効率的 デザイナーや営業と口頭で打ち合わせをしていても頭の中でイメージのずれができてしまうことがありますが、デザインの見本を提示することができればより正確に意図が伝わり、イメージを共有することができます。 こうした見本は手描きでざっと描く以外にも、ウェブ上のページや雑誌を提示して参考にしてもらったりするのも良いでしょう。 大まかなデザインでも、口頭だけでなく視覚的にデザインのイメージを共有することができれば、1回目のデザインから希望に近いものがあがってきます。 使ってほしい写真やイラスト、文章構成があればあらかじめ提示する チラシには写真やイラストなどの素材が欠かせませんが、使ってほしい素材があれば最初の段階で提示しておくことが大切です。 画像形式や解像度に気を付けてデータとして渡しておくことで、スムーズに使用してもらうことができます。 また、文章構成もあらかじめ提示しておくことで、デザイナーのやり直しを避けることができ、納期を短縮させることができます。 チラシデザインの外注先はどのようなところがあるのか チラシのデザインを依頼するおもな外注先には「デザイン会社」「印刷会社」「クラウドソーシング」という3つがあります。 それぞれの依頼先の特徴をご紹介しましょう。 デザイン会社に外注する場合 デザイナーが運営するデザイン会社は多くの方が考える外注先で、一番のメリットは確かな技術のデザイナーが豊富に在籍しているため狙い通りのデザインができあがってくる可能性が高いというところです。 デザイン会社はデザイナーと直接打ち合わせや納品までのやり取りができるケースも多く、きめ細やかに対応してもらえ、実際に作業するデザイナーとのイメージの共有がしやすいという利点もあります。 利用してみて信頼できるデザイナーが見つかったら、同じデザイナーを引き続き指名して企業イメージをしっかり理解した様々な販促物のデザインを依頼することができ、打ち合わせの手間も軽減することができます。 こだわりのある確かなデザインのチラシを納品してくれるデザイン会社ですが、一方でしっかりと人件費をかけてデザインを作るため、価格が割高になりがちという点があります。 経費を抑えることを優先したい場合にはデザイン会社への依頼は割高に感じてしまうこともあるため注意が必要です。 また納期に関してもデザイン会社の場合は比較的遅くなる傾向があります。 デザイン重視でクオリティーを優先するため、コストや納期にもこだわる場合はデザイン会社への依頼はよく検討した方が良いでしょう。 価格に関してはデザイン会社ごとにばらつきが多いため、数社から見積もりを取って価格を比較することも大切です。 印刷会社に外注する場合 多くの印刷会社はチラシなどを印刷するだけではなく、デザインから一貫して引き受けてくれるサービスを行っています。 デザインから印刷まで1社でトータルに行ってくれるため、打ち合わせの回数を減らし価格を抑えたり、納期の短縮などの効率化も目指したりすることができます。 印刷会社は紙ベースの印刷を前提としていますので、折り込みチラシなどを考えている方には最適な依頼先です。 印刷会社はデザイン料や印刷代などの相場がデザイン会社よりも割安になることが多く、できるだけ費用を抑えながらチラシ作製をしたいという方には大きなメリットがあります。 安くて速いチラシ作製を考えている方におすすめです。 クラウドサービスで外注する場合 現在はインターネット上のクラウドサービスでチラシのデザインを外注することもできます。 この依頼を請け負うのがフリーランスのデザイナーです。 クラウドサービスでは顧客がこうしたフリーのデザイナーに直接依頼することで中間マージンをカットして費用を抑えながらチラシのデザインを作製してもらうことができます。 デザイナーによっては大変安い価格でハイクオリティなものを作製するケースもありますが、一方で納期を守ってもらえなかったり、品質に著しい問題があったりするケースも見られます。 個人の間での契約になるため、そうしたトラブルに合いやすいというリスクをあることを知って利用することが大切です。 フリーのデザイナーに直接依頼することができるのが「クラウドワークス」や「ランサーズ」といったサービスで、デザイナーに支払う報酬の他にもこうしたサービスの手数料もかかります。 クラウドサービスでの依頼方法はデザイナーを募集してその中から依頼するデザイナーを決める「プロジェクト方式」とデザインそのものを募集して気に入ったものを採用する「コンペ方式」があります。 どのようなチラシを作りたいのかその目的をしっかりと考えて募集方法を選びましょう。 目的に合ったデザインの外注で販促効果の高いチラシを作りましょう このように販売促進効果の高いチラシはデザインが重要になります。 デザインを依頼する際にはどういった外注先を選ぶかでその仕上がり・コスト・納期が大きく変わってきます。 優先するべきポイントをしっかりと確認した上で集客効果のある魅力的なチラシを作りましょう。

アストロブライト紙でデザインする

みなさん、こんにちは!大阪府豊中市にて、ブランディングを主事業としているさつきデザイン事務所です。さて、今日は紙のお話です。アメリカ、ニーナ社のアストロブライト紙を使って「さつきデザイン事務所」のチラシを作成しました。 特殊紙で、鮮やかな蛍光色、ピンク!美しく滑らかな紙。 ピンク以外のカラー展開(レモン/オレンジ/コーラルレッド/ストロングピンク/ライトピンク/グリーン)もあり、お菓子のようなかわいいカラーがたくさんあります。 厚紙(118kg)もありますので、若干、薄い名刺なってしまいますが、名刺にもおすすめの紙です。かわいいし、インパクト抜群だから!そして、環境に配慮したFSC森林認証紙です。  今回は、インパクト狙いということと、仕事ではあまり使わせてもらえないので、思わずストロングピンクに・・・手を出してしまいました。ああ~幸せ! しかし、いざデザインしようとなって、悩みに悩みました。白インキで印刷したかったのに、高くてどうにも踏ん切りつかず、黒一色でいくことに決めたものの、蛍光色のピンクをどう活かしてよいのやら。 でも試行錯誤の上、テスト印刷したら黒が本当に美しく真っ黒に出ることがわかり、ベタ黒使ってデザインすることにしました。文字の部分を抜いてピンクを活かす感じで。 楽しかった!超楽しかった。 こんな眩いピンクの紙を使える日がくるとは! ★ 蛍光色の紙でデザインをご希望の方は、ぜひ、ご依頼ください★https://www.satsuki.design/

他社と差をつける!住宅・不動産のデザイン制作のポイント

住宅・不動産業界において、チラシやカタログなどの広告デザインは、一番最初にお客様の目に届くことが多いツールです。制作を依頼する際、どの制作会社を選ぶか、あるいはどのように情報を載せるかという点は、売上を左右する大きなポイントになります。専門性の高い分野こそ差別化を図るカギ!私自身、住宅展示場内で性能を説明するパネルやパンフレットなど、住宅の知識を必要とする案件を多数手がけてきました。そこで今回は、住宅・不動産の広告を制作する際、知っていると役に立つ「他社と差をつけるポイント」をご紹介させていただきます。その1、比較対象を作る住宅には「分譲」と「宅地」などいくつか種類があります。例えば、「分譲マンション」と記載されているチラシを目にする機会は多いのではないかと思います。その際、分譲だけでなく「宅地」についての説明も合わせて記載することがポイントです。なぜかというと、見る人が二つを比較しメリットデメリットなど客観的に比較できるため、押し付けがましさがなく、より受け手に納得感を与える効果があるのです。上記のケースのように、「比較対象を作る」ということが重要です。その2、土地の特徴に着目する広告には、全ての情報を載せたら良いという訳ではありません。住宅を探す際には、自分の生活スタイルや家族構成などの状況に合った物件を求め、情報収集を行いますよね。住宅や不動産探しをする際、最も重要な条件となるのはやはり「土地」です。最寄り駅や駅までの距離、近くにある施設などは必ず記載するべき情報なのです。その際、このような情報はどの企業も掲載するため記載ルールなども設けられています。例えば、駅からの距離では「約」と記載してはいけない、などなど・・・。他にも地域によって、情報掲載のガイドラインが異なる場合がありますので、知識のある制作会社に相談するとよりスムーズになるでしょう。まとめ広告を制作する際、自社の商品やサービスを思うあまり“どう売り込むか“につい集中してしまう方は多いかもしれません。ただ、その前にまずはお客様となる「受け手の状況を理解する」ことが大切です。「どのような方に向けた住宅なのか」「この物件の魅力は何なのか」「検討の際、必要な情報は何か」などと改めて問い直すことにより、広告で伝えるべき情報を整理していきましょう。ただ、毎日触れている自社の商品やサービスは、客観的に捉えることが案外難しいですよね。そんな時には、情報整理の段階から制作会社に相談することも1つの手かもしれません。上記のポイントを元に、住宅・不動産に強いデザイン制作会社を選んでみてはいかがでしょうか。

実績例/販売店もブランディング

チラシを広告的なアプローチで  敷居が高いと思われている輸入車販売店を もっと身近に感じてもらうためのプロモーションツールのひとつです。 「ヤナセのフォルクスワーゲンはちょっと違う」をキャッチフレーズに展開。 昔からウイットある広告を出してきたメーカーだったので、割り切った提案を受け入れていただきました。 チラシとはいえ販売店がアピールできる有効な手段。 『あのお店ね』と印象に残るようになればと思います。

新聞折込や同梱チラシは、色を変えるとレスポンス数が変わる!?

新聞折込や同梱・同装チラシは、キャッチフーズ部分や背景の色など、 内容同一で使う色のみ変更した場合、果たしてその後のレスポンスに影響するか?  「明るい色と地味な色とでは、目にした時の印象・インパクトが違うから、   当然レスポンスにも影響するでしょ。」    (某・通販専門の広告代理店制作アートディレクター Tさん)  「色はアイキャッチになるから、目線の誘導には一役買います。   つまり、レスには少なからず影響を与えますね。」    (通販広告制作では経験豊富な某・広告制作会社ディレクター Sさん) なるほど、さすが場数をこなされている方々、ごもっともなご意見ですね。 少なからず通販広告に携わってきた者として、私も全く異論はありません。 同一原稿での一部カラー変更は、私にも幾つと制作経験があります。 ひとつの事例が添付のサンプル画像のものです。 コピーもビジュアルも全く同じですが、ご覧の通りでアテンションとなる 『えっ』という部分のみ赤と黒の2色でテスト展開しました。 赤の方は、紙面全体に明るさを与え、化粧顔を健康的に魅せてくれました。 黒の方は、紙面全体に落着きを与え、地味ながら逆に『えっ』の文字が引き立ちました。 皆さんの評価はいかがでしょう、どちらに軍配が? 前述のTさんは、赤バージョン。「経験上、化粧品はやはり表情が明るい方が受けが良いので。」 Sさんは、黒バージョン。「紙面としては映えないが、黒部分が商品特徴へと誘導している。」 なるほど、これまた一貫して的を得たご回答ですね。どちらも正論だと思います。 この新聞折込、制作の当初は赤バージョンのみで進行していましたが、 途中、「黒バージョンもぜひ試して結果を見たい!」という意見が出て、 2パターンでテストすることになったのでした。 さて、赤と黒、最終的にどちらがレスポンスを多く獲得したのでしょう・・・・・・ 色違いもそうですが、キャッチコピーを変えて数パターン試したり、 メインビジュアルだけ変えてテストしたりするケースは通販広告ではさほど珍しくありません。 テストを重ねながら、よりレスポンスの獲れる原稿へと結実させていくのです。

チラシデザイン制作に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。