BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

バナー広告制作を依頼する際に知っておきたいポイント

サイトへの流入を増やしたい」「商品の売り上げを上げたい」などの目的がある際、担当者の方は様々な施策を検討するかと思います。なかでも直接的な効果が得やすい方法として、WEB広告を検討する方は多いのではないでしょうか。特にビジュアルで訴求できるバナー広告は多くの企業で取り入れられている広告です。 ここでは、バナー広告の活用を考えている担当者の方に向けて、事前に知っておきたいポイントをご紹介します。

目次

バナー広告制作でお困りではありませんか? 一括見積依頼案件のご相談発注先探しならリカイゼンへ!

無料で相談する

リカイゼンは、仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ
総合ビジネスマッチングプラットフォームです。
より詳細はこちら

バナー広告とは

バナー広告とは、Webページに表示されるWebサイトの広告やリンクの画像を指します。 バナーはもともと英語で垂れ幕や横断幕という意味で、帯状の広告のためこのように呼ばれています。 バナーの画像にWEBサイトのリンクを紐づけることで、ユーザーが検索エンジンやWEBサイトのバナー枠内をクリックした際に、設置したリンク先への流入を促すことが可能です。

バナー広告の仕組みとは

もともとバナー広告は、広告枠を持つWEBサイトなどの媒体と契約し、広告枠にバナーを掲載する仕組みが一般的でした。料金は期間に応じた掲載料金か、もしくは成果課金で支払う仕組みです。ですが、近年はWEB広告の仕組みが発達し、DSPSSPなど「複数媒体を横断的に使用し、広告配信を最適化できる仕組み」が活用されています。 今まで媒体ごとに個々で契約・入稿・管理していたものを一つの窓口で管理することで、効率的に運用することが可能です。

バナー広告を活用するメリット

直接的な効果を得やすい

バナー広告は、露出を増やし不特定多数の目に触れやすいというメリットがあります。 検索エンジンやWEBメディアなど多くのユーザーが訪れるページ内にバナー広告を掲載することで、そのサイトを訪れたユーザーの流入やCVに繋げることが可能です。また、広告は複数サイトで展開されるため、ユーザーが別のページへ離脱しても新たに流入したサイトで表示することが可能です。

認知度を広げることができる

多くの人が閲覧するサイトやアプリにバナー広告を掲載することで、自力では得られないほどの閲覧数(PV)を簡単に得られることが可能です。 掲載する媒体のポテンシャルによって、閲覧数や閲覧する人の層は異なるため適したものを選びましょう。

狙ったターゲットにアプローチできる

どんな人に見てもらいたいか、バナー広告は狙ったターゲットに対し広告を表示させることが可能です。 あるキーワードをGoogleで検索した後、他のサイトを閲覧しているときにサイトに表示される広告が、最近検索したキーワードに関連する内容になっていた経験があるかと思います。このように、検索エンジンで検索したキーワードや閲覧したWEBサイトの履歴などの情報をもとにセグメントをかけ、狙ったターゲットに表示させることができるのです。

効果的なバナー広告デザインのポイント

アプローチするターゲットを定める

効果を出すためには、広告を見た人がつい興味を惹かれてしまうような内容にすることが必要です。 サイトを閲覧しているユーザーは、基本的に広告には注意を払わないため、ふと視界に入ったタイミングが勝負です。そのためには、まずはアプローチしたいターゲットを定め、そのユーザーが「何に興味を持つのか」「求めている情報は何か」「どんな悩みを持っているか」などの仮説を立ててデザインに落とし込むことがポイントです。

効果検証を行いデザイン改善もPDCAを回す

魅力的なデザインであっても、効果が得られなければ意味がありません。そのため、広告掲載の開始後は閲覧数(PV)、訪問ユーザー数、成果(CV)などの数値をチェックし、デザインの改善を行いながら効果を高めていくことがポイントです。 A/Bテストなど、デザインを2パターン運用し、効果の違いをもとにブラッシュアップしていくと効率的です。

バナー広告制作の依頼先の選び方

バナー広告は直接的な効果を獲得しやすい広告ですが、やはり効果を出すためには、バナー広告の仕組みや興味を引くデザインのコツを理解している必要があります。 依頼先を探す際、数えきれないほどの制作会社がある中でも、バナー広告など効果重視のWEB広告を理解している会社を選ぶことがポイントです。 このように、依頼内容に合ったスキル・実績を持つ会社を探したい場合は、一括案件相談を使って要望に合う候補企業を集め、検討することがおすすめです。 リカイゼンでは、要望に合った会社からの提案や制作実績を集め、比較検討することが可能です。気になる点や不安がある場合も、まずは相談してみるとヒントが得られるでしょう。

バナー制作でお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

バナー制作の関連記事

バナー広告制作を依頼する際に知っておきたいポイント

「サイトへの流入を増やしたい」「商品の売り上げを上げたい」などの目的がある際、担当者の方は様々な施策を検討するかと思います。なかでも直接的な効果が得やすい方法として、WEB広告を検討する方は多いのではないでしょうか。特にビジ...

プッシュ型広告とプル型広告、どちらが良い?

皆様は、プッシュ型、プル型といった名称をご存じでしょうか? プッシュ型広告とは? 「押す」という言葉の通り、不特定多数のターゲットに向けて、こちらから認知拡大に動くことです。例えば、CMや新聞広告、ネットであればYahoo!...

広告バナーにFlashを利用している場合は要注意。Chromeで再生がブロックされます。

これまで数多くの企業が自社のサービスや商品を紹介するために、音楽や動画などアニメーションを用いて広告用のバナーを使われていました。インタラクティブなリッチコンテンツを表現するためにFlashが使用されていました。そんなフラッ...

FlashからHTML5に切り替える4つのメリット

33.81%で世界シェア1位、日本でのシェアも18.82%で2位と多くの人に利用されているGoogle ChromeがFlashの再生を今後のバージョンアップでブロックするとの発表がありました。 そうなると、Flash広告は...

バナー制作と一括見積もり

バナー制作バナー制作は企業の顔となるホームページを作成する場合や、ホームページの更新をするときには大量に必要となる作業です。 自社の要員だけでこれらのバナー制作作業することは、非常に時間がかかってしまうものです。 バナー制作...

バナー制作に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。