BUSINESS TIPSビジネスに役立つ情報がきっと見つかる

  • ロゴ・イラスト・キャラクターデザイン
  • イラスト制作

インフォグラフィックとは?制作を外注する際に知っておきたいポイント

目次

インフォグラフィック制作の
一括見積依頼案件のご相談発注先探しならリカイゼンへ!

無料で相談する

リカイゼンは、仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ
総合ビジネスマッチングプラットフォームです。
より詳細はこちら

はじめに

企業で使用する営業用の資料やパンフレットが、文字ばかりでわかりづらいと感じることはありませんか?
情報過多な現在、適切な情報をストレスなく分かりやすく伝える必要性が高まっています。
その一つの手法として、「インフォグラフィック」という表現があります。

インフォグラフィックとは

インフォグラフィックは情報、データ、仕組み等を視覚的に表現したものです。
よく資料などで使われる図やグラフをよりグラフィカルに表現したようなもので、一目で伝えるための伝達手段として多く用いられています。

インフォグラフィックを用いるメリット

インフォグラフィックは、雑然とした情報を整理し理解しやすい状態にすることができるため、理解度の異なる複数人に対し情報発信する際に効果的です。
例えば、ある業界に関する市場調査データのまとめ資料や、企業の研修動画などでよく使われます。

■ソニー損保「人気乗用車販売台数ランキング」
https://www.sonysonpo.co.jp/infographic/ifga_car_ranking.html

■UTグループ株式会社「2020年度新卒採用特設サイト」
https://www.ut-g.co.jp/recruit/fresher/number/

■株式会社ジャックス「60という数字を紐解くインフォグラフィック」
https://www.jaccs.co.jp/research/number60/

必要な情報を取捨選択し、ビジュアル化することで初めて情報に触れる人でも抵抗なく理解できるのです。

インフォグラフィックの種類と特徴

インフォグラフィックには様々な見せ方があります。大量の情報がある中でも、特に何を伝えたいのか、どこで誰に伝えたいのかによって適した表現を用いることがポイントです。

チャート

例えば、世界各国の人口を表す際に棒グラフを使用したり、比率を表すために円グラフを用いたりしたものなどは多く見られる手法です。
イラスト要素や3D表現を用いてインパクトを高める工夫が凝らすことでより分かりやすさを高めています。

ピクトグラム

駅や空港などの公共施設や街中で多く使われる絵文字やマークのことです。ピクトグラムは共通認識として世の中に広がっているため、媒体を問わず様々な場所で使用されています。     

マップ

地図を用いて数字やデータをわかりやすく表現するために多く用いられます。
エリア毎のデータ分布や傾向が強調されるため、数値だけではイメージが湧かない情報も感覚的に理解できる効果があります。

インフォグラフィックを依頼する制作会社の選び方

資料やPR動画などで使われるシーンが広がっているインフォグラフィック。
依頼先を探す際、数えきれないほどの制作会社がある中で、対応可能な会社を見つけるのには労力がかかります。
検索エンジンで調べても、インフォグラフィックなど制作物の一部として用いられる実績は掲載していない会社が多いのが現実です。
このように、要望に近しい制作実績を多数持つ会社を探したい場合は、一括案件相談を使って要望に合う候補企業を集め、検討することがおすすめです。

リカイゼンでは、要望に合った会社からの提案や制作実績を集め、比較検討することが可能です。気になる点や不安がある場合も、まずは相談してみるとヒントが得られるでしょう。

イラスト制作でお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

イラスト制作の関連記事

イラストを外注する際トラブルが起こらないようにする方法

ホームページを制作する際やパッケージを作るときなどイラストが必要になり、外部に発注することがあるでしょう。 しかし、いざお願いしたものの、クオリティーが低くて困ったという事例もあります。 クオリティーを高めるために注意したい点を紹介します。 目的別にあわせて誰にお願いするか決めよう デザイナーにお願いすることになりますが、デザイナーと言ってもたくさんいます。 たくさんいる中から、魅力なデザイナーを見つける必要があります。 どこに相談すればと悩んだときは、まずなぜ依頼するのか目的を改めて考えましょう。 ホームページを制作するので、トップページや商品紹介のページなどに掲載できるよう依頼したいと、目的にあわせてデザイナーを選ぶことをおすすめします。 デザイナーは得意分野があります。ホームページに掲載するときはこのデザイナー、パンフレットやカタログなど紙媒体を制作するときはこのデザイナーと目的別にお願いするデザイナーを選ぶと良いでしょう。 個人もしくは企業に声をかける方法があります デザイナーを探す方法は様々あります。 個人で活躍しているデザイナーに声をかける方法、もしくはデザイン制作会社に声をかけるといった方法が挙げられます。 個人で活躍しているデザイナーに声をかける場合ですが、自分の作品を掲載しているサイトやプロフィールを掲載しているサイトにて連絡を取る方法があります。 これまで手掛けてきた作品が掲載されているので、どんなクセがあるのかやどんな特徴があるのか参考になります。 複数デザイナーの作品を見て、イメージに見合うデザイナーに声をかけましょう。 目的にあわせたデザイナーを紹介してもらうと安心です デザイナーに声をかけようと思うものの、これまで外注したことがなくどうすれば良いかわからないと悩むかもしれません。 誰にお願いすると、イメージに合う作品を作ってもらえるのかと悩んだときは、デザイン会社などに声をかけましょう。 ホームページに掲載したい、カタログに掲載するために作ってほしいとお願いすると、目的に見合う仕事をしてくれるデザイナーを紹介してもらえます。 デザインを手掛けている会社は、何人ものデザイナーを抱えていることが多いです。 その中から、今回の目的に合うデザイナーを紹介してくれるのでわざわざ探す手間がはぶけます。 個人のデザイナーにお願いする場合 個人で活躍しているデザイナーにお願いする場合ですが、こちらから費用についてて提示する場合、もしくはデザイナーから提示される場合があります。 これまで何回も外注を受けたことがあるデザイナーであれば、業者のように料金体系を決めているかもしれません。 1点であればいくら、アプリ用やウェブ用であればいくらなどと料金体系を定めているケースがあります。 その場合、その料金体系を参考に支払いに応じれば良いでしょう。 しかし、料金体系を定めていない場合、こちらから提示するか、もしくはデザイナーと話し合って支払金額を決める必要があります。 その場合、なかなか折り合いがつかず話し合いが進まなかったり、色々お願いした結果予算を超えてしまったりするといったトラブルが起こる可能性があります。 どうしてもこのデザイナーが良い、他のデザイナーでは表現できないなど、強い希望がなければ、料金体系を定めているデザイナーに絞ってお願いすることをおすすめします。 個人でやり取りする場合は、トラブルが起こらないようにと考えて取引する必要があります。 クラウドソーシングサイトからも探せます 個人のクリエイターや中小企業が多く登録しているサイトがあり、その中から好みのデザイナーを見つける方法があります。 クラウドソーシングサイトやフリマ系アプリと、様々なサイトがあるので参考にしましょう。 金銭のやり取りをする際に、対個人ですとトラブルが起こるのではないかと心配になります。 しかしサイト側が金銭のやり取りをしてくれることが多く、金銭トラブルを防ぐことができます。 また、各クリエイターにこれまでお願いした人の体験談や口コミが掲載されています。 こういった目的でお願いし、どんな作品を手掛けてもらえたかと詳しいことがわかります。 スピーディーに取引に応じてくれたか、またクオリティーの高い作品を手掛けてくれたかと細かく分析することができます。 幅広くデザイナーを探したいときは、クラウドソーシングサイトやフリマ系アプリなどから探すのも1つの方法です。 しっかりコミュニケーションを取りましょう 様々な方法でイラストを外注できますが、誰にお願いする場合でもコミュニケーションを取ることが大切です。 コミュニケーション不足により、イメージしていたものと違う作品を納品されたというケースが多発しています。 とりあえずお願いしますという形で投げてしまうと、デザイナー任せになってしまい、こちらの意思が伝わりにくいです。 どういった目的で必要か詳細を伝えるとともに、イメージしているものがあれば話をしましょう。 知識がなくどう伝えれば良いかわからない、どうお願いして良いかわからないと悩んでいるときはその旨正直に話をすれば問題ありません。一緒にデザイナーと考え、お互いの意思疎通をしっかりはかることが大切です。アニメっぽいデザインにしてほしい、大人向けに作ってほしいなど、専門用語を無理に使用せず、わかる範囲で伝えれば良いです。 話を聞いて、こんなイメージかと紙に試しに書いてくれるデザイナーもいます。 鉛筆でささっと描いたものでも、イメージがわきやすくお互いコミュニケーションが取りやすくなります。 また色について指定があれば、色鉛筆で簡単に色をつけてもらうなど工夫すると良いでしょう。 直接デザイナーと話をする場合、紙に書きながらコミュニケーションを取ることができます。 しかしインターネット上でやり取りする場合は、相手の顔が見えず不安になるかもしれません。 メールであれば、紙に描いたラフをPDFにしたり、写真に撮ってもらったりしてやり取りするなど工夫できるでしょう。 修正をする際は追加料金がかかる可能性大です デザインを外注するときは、追加料金がかからないか確認しましょう。 一旦完成したものを送ってもらったものの、イメージに合わず再度納品をお願いするというケースも多いです。 大幅な修正が必要な場合、もしくは少し追加してほしい場合とあるでしょう。 少し追加する程度であれば、追加料金は不要としているデザイナーもいます。 しかし大幅な修正が必要な場合は、追加料金がかかるかもしれません。 もしくは2回までなら無料、3回目以降は追加料金がかかるなどと回数制限を設けているデザイナーもいます。 何度も修正をすると、それだけ費用も時間もかかってしまいます。 特に急ぎ必要なときは、実際デザイナーが作業に取り掛かる前に、細かく話し合いすることが大切です。 追加料金がかかったために、予算を超えることもあるでしょう。 その他、追加料金がかかることがないか事前に確認しましょう。 トラブルをなくすことで、スムーズな取引ができます。 まとめ イラストを外注する方法は様々あり、どうすれば良いかと悩むでしょう。 ホームページやアプリ、カタログやパンフレットと目的にあわせてお願いする方法を考えるとベストです。 基本料金、追加料金について確認し、予算を超えないよう依頼すると気持ちよく取引ができます。

キャラクターイラストを外注先に依頼するときの注意点やコツ

イラストを載せたいけれど、自分では描けない場合は、外注して理想通りのイラストを描いてもらう方法があります。 どのように制作会社に依頼すればいいのか、コツや注意点を合わせてご紹介します。 外注する前に自分で準備しておきたいこと 外注すると言っても、こちらで何も準備しないまま依頼をすると、思っていたようなイラストに仕上がらなかったり、予想以上に費用や時間がかかってしまったりする場合があります。 そうならないように、依頼前にある程度イメージを固めておきましょう。 最初に決めたいことは、どのようなイラストを描いてほしいのか、具体的なイメージです。 「小学生くらいの女の子を描いてください」と言われても、具体性が欠けているため、どんな女の子を描けばいいのかわかりません。 しかし、「10歳くらいのおかっぱ頭の女の子で、頭にピンクのリボンをつけてアイスクリームを食べている」という指示なら、制作側もイラストをイメージしやすいです。 また、「百聞は一見に如かず」のことわざ通り、説明するためには参考のイラストがあればより良いです。 もし、自分で簡単なラフ画が描けるならばラフ画を、そうでなくても参考になりそうな画像があれば用意しておきましょう。 描いてほしいイラストを、どんどん明確にしていきます。 イラストのタッチはリアルなのか、デフォルト風なのかといった描き方、使ってほしい色、パターン展開や背景の有無、描いてほしい枚数やサイズ、希望納期も決める必要があります。 webサイトなのか実際に印刷するのか、イラストを載せる場所によってもイラストデータが異なるため、イラストの掲載場所も決めておいてください。 このように依頼するイラストを具体的に決めておくことで、修正が少なくスムーズな納品が可能になりますし、見積もりも正確になります。 外注先の探し方 依頼したいイラストの骨組みが決まったら、いよいよ外注先を探しましょう。 イラストの制作会社に頼む方法もありますが、近年のインターネットの発達によって、個人のイラストレーターと、簡単に取引が行えるサービスが増えてきました。 個人とのやり取りの場合は、費用面を節約できる場合も多いため、おすすめです。 制作会社に依頼する場合には、あらかじめ複数の会社に見積もり依頼を行い、相場を確認しましょう。 ただし、レベルによって金額が変わるのは当然のことです。 自分がどのくらいのレベルのイラストを求めているのか、それにいくらの予算を出せるのかは最初に決めておき、納品レベルと費用のバランスを考えましょう。 サービスを利用して外注先を探す場合には、多くの登録者の中から、自分の理想とする制作者を見つける必要があります。 予算やイラストのタッチなど、条件を絞り込んで探していきましょう。 好みのイラストレーターが見つかったら、まずはその方の作風を確認するために、実績を確認します。 大半のイラストレーターが、実績のイラストをサービス上に載せているか、各々のサイトに載せています。 自分たちから好みのイラストレーターを探すのが大変な場合や、探している時間があまりない場合は、リクエストができるサービスを利用するのもおすすめです。 事前に決めた具体的なイラスト内容やサイズ、予算や希望納期などをリクエストに投稿することで、依頼を受けたいイラストレーターが応募してくれますので、その中から希望の外注先を選ぶだけです。 リクエストした当日には応募があったというケースも多く、外注先を見つける時間を節約できます。 このように、事前に具体的な依頼内容を決めておくことで、外注先もスムーズに決めることができます。 イラスト制作にかかる費用の相場 イラスト制作にかかる費用は、依頼するイラストレーターや依頼内容によっても異なるため、一概には言えませんが、キャラクターイラスト1枚の相場をご紹介します。 まだまだ駆け出しのイラストレーターの場合は、500円~2,000円程度、 ある程度実績のあるイラストレーターの場合は2,000円~10,000円程度、 人気のイラストレーターの場合は10,000円~30,000円程度 が相場になっていますので、参考にしてください。 イラストの依頼から納品までの流れ 続いては、イラストを依頼してから、納品までの流れを簡単にご説明します。 外注先が決まったら、具体的な内容を確認したのちに、ラフ画が送られてきます。 ラフ画を確認して、修正点を伝え、OKとなったら正式なイラストが納品され、お支払いという流れが基本です。 外注先によって異なりますが、修正は初回のみ無料で、2回目以降は追加料金が発生する場合もあります。 そのため、最初の時点でできるだけ相手側が描きやすい具体的な内容を伝えることや、修正時も伝えるべきポイントをわかりやすく伝えることが大切です。 イラストを依頼するときの注意点 特に個人のイラストレーターに依頼する場合には、事前に相手の作風や得意分野を確認しておくとスムーズです。 例えばデフォルメの女の子を描いてもらいたいのに、リアルタッチの作風を売りにしているイラストレーターに依頼する、といったことは避けます。 デフォルメのイラストを依頼したいのならば、デフォルメ作風が得意な方、実績にデフォルメが多い方を選びましょう。 忘れがちなことは、絵にも苦手分野がある点です。絵が描けない方からすると、風景も人物も一緒と思いがちです。しかし、イラストレーターには、人物は得意だけれど風景は苦手という方や、その反対の方もいます。苦手分野を描いてもらうこともやめましょう。 また、背景必ず指定する必要がある、2人以上描く場合には追加料金、サイズの指定など、細かな制作ルールにも目を通しておきます。 トラブル防止のため、商用利用する場合や二次利用する場合は、著作権なども確認が必要です。 理想のイラストをデザインしてもらうには、自分たちの情報を公開することも大切です。 例えば実際にイラストを載せるサイトのHPや、自分たちの会社のHPやSNSなどを見てもらうことで、よりイメージが正確になります。 サービスを経由しての制作依頼は、制作会社に依頼するよりも安くなる半面、納期が遅れてしまったというケースもあります。 クラウドソーシング上では、素人の方もいるため、なるべく実績のある方を選んだり、余裕を持った納期を考えたりといった対策も必要になります。 また、スムーズなやり取りにはコミュニケーション能力も必要になります。 そのため、気軽に問い合わせができるスタンスの方を選ぶことも大切です。 クラウドソーシングなどのサービスを経由せず、SNS上で見つけた好みのイラストレーターに、直接依頼をする方法もあります。 この場合は、必ず契約書のやり取りを事前に行いましょう。 そうしないと、料金を払ったまま逃げられてしまうというトラブルがあります。 このような未納トラブル防止のためにも、イラストを依頼する場合は、制作会社に依頼するか、クラウドソーシングなど仲介業者のいる取引が安心です。 ネット上でのやり取りでは、ついつい忘れがちになってしまいますが、イラストを描いてくれる相手は1人の人間です。 言葉遣いや、やり取りの時間帯など、相手が気持ちよく仕事ができるような心がけも忘れてはいけません。 まとめ 今回は、キャラクターイラストを外注する際の注意点やコツを、外注先の探し方や大まかな流れとともにご紹介しました。 イラストの外注には、事前の準備が大切になってきます。 この記事を参考に、理想のキャラクターイラストを描いてもらってください。

イラスト制作を依頼する時の注意点。権利が発注金額に与える影響とは⁉

Webコンテンツや、企業パンフレットなど、ちょっとしたイラストを入れたいけれど、自分ではイラストなんて描けない!とか、社内に人材がいない!という場面は多いかもしれません。 テキストだけでは思いどおりにイメージを伝えられないところをイラストの挿入で、表現が広がり、より効果的に情報を伝達することが期待できますね。 必要なイラストの規模感は様々ですが、外部に依頼する時のポイントを紹介いたします。 イラストとは? そもそもイラストとは何でしょう?テキストで伝えていた情報を視覚的に補助する役割があります。 一般的に、イラストはWEBコンテンツや雑誌、本、ポスター、アニメーション、パンフレット、教材、チラシ、ゲーム、映画など、あらゆる媒体で活用されています。 効果の出るイラストとは? 伝えたいことが伝わる、効果的なイラストに必要な要素とは何でしょうか。 トレンドを避ける イラストも洋服やメイクと同じようにトレンドがあります。人気だからといって、同じテイストにしすぎないようにしましょう。 色の選択 イラストも洋服やメイクと同じようにトレンドがあります。人気だからといって、同じテイストにしすぎないようにしましょう。 明快さと正確さ 色はクライアントに応じて慎重に選択する必要があります。 また、明るい色が必ずしも魅力的ということではありません、また同じ色でもトーンによって雰囲気が大きく変わりますので、バランスや全体の統一感のとれたカラーを選択しましょう。 メッセージの品質 イラストが教材やマニュアルなど、教育的な媒体で使用される場合は、正確な情報の伝達と分かりやすさを担保するためにも、写真以上に色付きの絵の方が効果的です。 イラストの料金を決めるものとは? 価格は、媒体の種類や、工程や表現の複雑さ、および使用権によって異なります。また、予想される改訂の数とデジタルの使用によって異なります。中でも特に価格に影響を及ぼすのが、イラストの権利に関する項目です。イラストレーターには大きく分けて「著作権」と「著作人格権 」の2つの権利があります。 イラストの「使用料」 「著作権」という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、具体的には下記のような権利が含まれています。イラストを使用する場合には、必ずイラストレーターに使用許可を得る必要があります。 複製権 イラストなどの著作物を印刷、撮影、複写のできる権利 公衆送信権 インターネット上へのアップロードや、使用ができる権利 貸与権 第三者にイラストなどの著作物を貸すことができる権利 展示権 展示や、放送ができる権利 譲渡権 第三者にイラストなどの著作物を 譲渡できる権利 翻案権 元の著作物から、二次的な利用や立体化、改変できる権利 改訂がコストに与える影響 マーケティングや広告では、ほとんどのイラストレーターは2回以上改訂することが多いと言われています。 同じイラストを、複数媒体に展開する、もしくは長期間使用する予定があるのであれば、多少のコストアップは否めませんが、 都度許可を取る手間暇を考慮して著作権の譲渡を契約に盛り込み社内で修正・改訂する企業も多いです。 伝統的なイラスト VS デジタルイラストのコスト 一般に、アートメディアを使用した伝統的な手のイラストは、デジタルイラスト作品よりも必ずしも高価ではありません。 デジタルイラストは改訂が容易な分、かえって改訂を増やすケースが多く、もし著作権の譲渡をしていない場合は、イラストレーターの時間的責任が増すため、デジタルイラストのコストは高くなります。 イラストレーターの選び方について 良いイラストレーターを見つける3つのポイントをご紹介します。 コミュニケーションスキル うまくプロジェクトを完遂するためには、様々な情報のやり取りが発生しますので、コミュニケーションスキルは無視できません。良いイラストレーターは良いリスナー、問題解決者です。イラストレーター本人もしくは、窓口のディレクターのコミュニケーションスキルを重視して選ぶと、その後の進行がスムーズです。 ポートフォリオの確認 どんなデザインが得意なのか、デザインのセンスは自社の好み、今回の訴求内容に合っているのかということをポートフォリオで確認しましょう。 見積りの比較 ポートフォリオを確認し、いいなと思った企業からお見積もりをもらいましょう。複数の会社から提案をもらうことをおすすめします。見積の比較がしやすいように、項目をそろえてもらう とわかりやすいですね。 まとめ イラストは、イメージとのコミュニケーション(視覚的コミュニケーション)の方法です。 アートと言葉を一緒に使うことで、複雑な内容や考えを明確に伝えてくれます。 良い制作会社を選ぶために、複数社から選ぶことが重要ですが、候補を探すのも手間暇がかかる作業です。 イラスト制作会社の中には価格表を公開している会社もいらっしゃいますが、イラストの制作条件によって価格は変わります。 リカイゼンでは、数百社の制作会社から見積り取得が可能です。イラスト制作のご相談から、制作会社への見積り取得、発注先選定に到るまで完全無料で利用いただけます。 企画中の案件、予算など決まってないが、まずは相談だけということもサポートできます。ぜひ一度、ご相談ください。

イラスト制作を外注する際に知っておきたいポイント

目次 はじめに イラストとは イラストを活用するメリット イラスト制作を外注する際に知っておくべきポイント イラスト制作を外注する流れ 依頼時に発注担当者が準備するべきこと 依頼先の検討時に見るべきポイント イラスト制作を依頼する会社の選び方 イラスト制作の一括見積依頼や案件のご相談、発注先探しならリカイゼンへ! 無料で相談する リカイゼンは、仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォームです。 より詳細はこちら はじめに 「商品やサービスの訴求力を高めたいが、効果的な方法が分からない」「複雑な情報を噛み砕いて伝えたい」などと感じることはありませんか?  イメージを感覚的に伝えたり、強調したりする際にはヴィジュアルでの表現をうまく活用すると効果的です。 その一つの手法として、この記事では「イラスト」の活用と制作の外注についてお話いたします。 イラストとは イラストは、イラストレーションの略で、目的に沿って作成される絵や図像のことを指します。 主に情報を伝達する手段の一つとして使われています。 イラストを用いるメリット イラストはお菓子のパッケージ、広告デザイン、雑誌の紙面、資料、教材など身近な所で様々なものに用いられています。 使用する媒体や目的によって特性は異なりますが、イラストは素材がなくても一から描き起こせることが特徴です。 そのため、写真では表現できないイメージを表したい時や、魅せたいポイントを意図的に強調したり、概念的な情報を可視化したりする際に強みを発揮します。 イラスト制作を外注する際に知っておくべきポイント イラストを制作したい時には、社内のデザイナーもしくは外部のデザイン会社に依頼し制作を行います。 得手不得手のある制作物のため、費用をかけてでも外注をする企業が多いでしょう。 とはいえプロに依頼するからと全て丸投げとはいきません。うまく外注を進め成功させるためにはいくつかポイントがあります。 イラスト制作を外注する流れ イラストを外部の制作会社に依頼する前に、知っておきたいのが制作の流れです。 完成までに必要な時間や段取りを、発注担当の方も理解しておくことによってスムーズに進めることが可能です。 依頼内容の問い合わせ 候補の制作会社に対し、イラスト制作の依頼内容を伝え対応可能かどうか相談を行います。 初めての会社の場合は、ホームページの問い合わせ先に電話やメールで連絡を取ります。検討の選択肢を作るため、複数社に相談することが一般的です。 打ち合わせ 対応可能な会社が見つかったら、より詳細な依頼内容・要望を直接打ち合わせで相談します。 制作会社側はより具体的な提案に向けて、ヒアリングを行いますので、質問に対して回答し情報提供を行いましょう。 この内容をもとに、制作会社側は自社での制作範囲やイラストの方向性、進行の流れ、見積もり等の提案を行います。 依頼先を検討 制作会社側から受けた内容を元に依頼先の検討を行います。その会社の対応範囲やイラストの方向性、考え方、費用感が合致するかどうかを見極め判断します。 正式に依頼を決定 制作会社との相性や提案内容を検討後、正式に依頼する旨を伝えます。依頼決定後、制作会社側と契約を行います。 必要な書類や契約書などは各々の企業の指定に合わせて対応しましょう。 ラフ案の作成〜検討 正式に依頼を決定後、依頼内容に対する具体的なイラスト案を固めていきます。制作会社側からイラストのラフ案の提案を受け、方向性やイメージの擦り合わせを行っていきます。 イメージが固まったら、最終1案の候補を決定します。 本制作 決まったラフ案をもとに、納品に向けて本制作に入ります。Illustratorなど専用ソフトを使用し仕上げていきます。 納品 本制作で最終のイラストが完成したら、納品を行います。イラストの場合、データ納品で受け取ることが一般的です。 依頼時に発注担当者が準備するべきこと イラスト制作について依頼する際、スムーズに話を進め制作を進行するために準備しておくべきことを紹介します。 特に、依頼内容をある程度整理しておくことがポイントです。 何に使用するイラストか 誰をターゲットにしているか (ある場合は)モチーフにしたい物 希望するテイスト、雰囲気 展開したいバリエーション 提供できる素材、資料 依頼する点数 かけられる予算 納期の目安 上記の項目を事前に準備しておくことで、制作会社側もイラストの方向性を理解しやすくなり、ずれのない提案を受けることができます。 イラスト制作を依頼する会社の選び方 一からイメージを書き起こしていくイラストは、依頼内容を伝えるのが難しい制作物だと思います。 特に初めて依頼する方は、数えきれないほどの制作会社がある中で、対応可能な会社を見つけるのには労力がかかります。 検索エンジンで調べても、イラストの実績は掲載していない会社も多いのが現実です。 このように、要望に近しい制作実績を多数持つ会社を探したい場合は、一括案件相談を使って要望に合う候補企業を集め、検討することがおすすめです。 リカイゼンでは、要望に合った会社からの提案や制作実績を集め、比較検討することが可能です。 依頼について気になる点や不安がある場合も、まずは対応可能な候補企業を絞ることで、ずれのない判断ができるでしょう。

インフォグラフィックとは?制作を外注する際に知っておきたいポイント

目次 はじめに インフォグラフィックとは インフォグラフィックを用いるメリット インフォグラフィックの種類と特徴 チャート ピクトグラム マップ インフォグラフィックを依頼する制作会社の選び方 インフォグラフィック制作の一括見積依頼や案件のご相談、発注先探しならリカイゼンへ! 無料で相談する リカイゼンは、仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォームです。 より詳細はこちら はじめに 企業で使用する営業用の資料やパンフレットが、文字ばかりでわかりづらいと感じることはありませんか? 情報過多な現在、適切な情報をストレスなく分かりやすく伝える必要性が高まっています。 その一つの手法として、「インフォグラフィック」という表現があります。 インフォグラフィックとは インフォグラフィックは情報、データ、仕組み等を視覚的に表現したものです。 よく資料などで使われる図やグラフをよりグラフィカルに表現したようなもので、一目で伝えるための伝達手段として多く用いられています。 インフォグラフィックを用いるメリット インフォグラフィックは、雑然とした情報を整理し理解しやすい状態にすることができるため、理解度の異なる複数人に対し情報発信する際に効果的です。 例えば、ある業界に関する市場調査データのまとめ資料や、企業の研修動画などでよく使われます。 ■ソニー損保「人気乗用車販売台数ランキング」 https://www.sonysonpo.co.jp/infographic/ifga_car_ranking.html ■UTグループ株式会社「2020年度新卒採用特設サイト」 https://www.ut-g.co.jp/recruit/fresher/number/ ■株式会社ジャックス「60という数字を紐解くインフォグラフィック」 https://www.jaccs.co.jp/research/number60/ 必要な情報を取捨選択し、ビジュアル化することで初めて情報に触れる人でも抵抗なく理解できるのです。 インフォグラフィックの種類と特徴 インフォグラフィックには様々な見せ方があります。大量の情報がある中でも、特に何を伝えたいのか、どこで誰に伝えたいのかによって適した表現を用いることがポイントです。 チャート 例えば、世界各国の人口を表す際に棒グラフを使用したり、比率を表すために円グラフを用いたりしたものなどは多く見られる手法です。 イラスト要素や3D表現を用いてインパクトを高める工夫が凝らすことでより分かりやすさを高めています。 ピクトグラム 駅や空港などの公共施設や街中で多く使われる絵文字やマークのことです。ピクトグラムは共通認識として世の中に広がっているため、媒体を問わず様々な場所で使用されています。      マップ 地図を用いて数字やデータをわかりやすく表現するために多く用いられます。 エリア毎のデータ分布や傾向が強調されるため、数値だけではイメージが湧かない情報も感覚的に理解できる効果があります。 インフォグラフィックを依頼する制作会社の選び方 資料やPR動画などで使われるシーンが広がっているインフォグラフィック。 依頼先を探す際、数えきれないほどの制作会社がある中で、対応可能な会社を見つけるのには労力がかかります。検索エンジンで調べても、インフォグラフィックなど制作物の一部として用いられる実績は掲載していない会社が多いのが現実です。 このように、要望に近しい制作実績を多数持つ会社を探したい場合は、一括案件相談を使って要望に合う候補企業を集め、検討することがおすすめです。 リカイゼンでは、要望に合った会社からの提案や制作実績を集め、比較検討することが可能です。気になる点や不安がある場合も、まずは相談してみるとヒントが得られるでしょう。

イラスト制作に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。