BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

所属する人の肖像権は?

肖像権

タレントさんやモデルさんには肖像権が発生します。無断で写真を掲載してしまうと、肖像権の権利を主張されることになります。この場合の損害賠償金は想像することができないほど高額になる場合があるので注意してください。ただ、基本的にこの肖像権をはっきりとしめす法律はありません。しかし近年は、タレントさんやモデルさんなど、その写真の集客力や、情報発信力の影響を利用して、ポスターや宣伝効果のある部分などに無断で使用した場合、民法に基づいた差し止め請求や損害賠償までも認められるようになってきました。キャスティングによりPRを行った場合は、その画像等を使える可能性もありますが、それはごく稀なケースだといえます。もちろん契約内に入っていれば問題ありません。しかし、PRの性質上、使わない方が無難です。タイアップしているという意図がわかってしまうと、このPR効果はその力を失ってしまうことになりかねないからです。

肖像権には最大の注意

肖像権を侵害することは、その業者とも深いしこりを残すことになりますし、今後、その業界にて同じ活動を行えなくなる場合も考えられます。肖像権の許可がない場合は、無断でその写真などを使われることはお控えください。

読者モデルでお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。