ARTICLES ユニインターネットラボ株式会社の記事一覧

  • ECショップ構築
  • CMS(コンテンツ管理)導入

使い手の視点に立った「uni CMS」は、「使いやすさ」が大きな特徴

■ウェブ運用を楽にするコンテンツマネジメントシステムとは 私たちはウェブサイトの制作を行なっていくなかで、お客様が運用・更新しやすいサイトづくりを追求し、独自のCMS「uni CMS(ユニシーエムエス)」を開発しました。CMSといえばオープンソースであるワードプレスが有名ですが、その自由度の高さゆえに、かえって操作が不自由になったり、プラグイン同士が干渉を起こして不具合が生じたりすることも少なくありません。私たちのつくった「uni CMS」はそのような問題を回避。サイトの更新に必要な要素がそろっているだけでなく「誰もが使いやすい」「サポート体制がしっかりしている」のが大きな特徴です。■メールが使える方なら、簡単にウェブサイトを更新できる。機能の充実と使いやすさを追求した「uni CMS」 「uni CMS」のメリットは操作性の高さ。現場のニーズから生まれたため、運用に必要な機能がすべてそろっていながらも、操作が簡単、かつシンプルな点が多くのお客様に支持されています。そのため「自社で運用をしたいが難しいのは困る」「定期的にウェブを更新していきたいが、詳しい人材がいない」といった企業様でも、十分に活用することが可能です。もちろんウェブに不慣れな方でも十分に操作が可能なため、変更や修正に時間を要したり、外部の会社に頼んだりすることなく、運用における効率性を高めることができるでしょう。 簡単に「uni CMS」の機能をご紹介します。特徴的なのは、直感的なインターフェース。マニュアルを見なくても、ほとんどのお客様が修正したい箇所をすぐに見つけ、更新を行うことが可能です。 またブラウザから編集エディタでページが簡単に作成できますので、HTMLやCSSの知識が無くてもテキストや画像、リンクが配置できます(HTMLを直接編集することも可能です)。各ページの並びを変更することももちろん可能。加えてSEOの内部対策として、ページの「表」に出てこない説明などの修正も、全ページ自由に行うことができます。 さらには「レスポンシブデザインの対応」が可能な点も大切な要素のひとつ。レスポンシブデザインとはパソコン、タブレット、スマートフォンなど、画面サイズの幅が違うデバイスでサイトを閲覧したときに、表示サイズを自動で最適なものに調整するデザインのこと。例えば「パソコンだと綺麗に見られるけど、スマホだと要素が崩れて見にくい」といった事態を回避することができます。管理画面もレスポンシブ対応をしているため、修正に関してもデバイスを選ばずに操作が可能です。 そのほかにも、問い合わせなどに利用するフォームページ作成・管理機能を作成・編集できたり、記事ごとにデザインを全く違うものにできたり、また管理者ごとの権限設定を複数人で登録できたり、バックアップ機能があったりと、「uni CMS」はサイト運用に必要な機能を十分に網羅。更新もパソコンだけでなく、スマホである程度の操作ができるといった特徴もございます。■ウェブデザイナーにもやさしいCMSウェブサイトの利用者であるお客様だけでなく、制作時のウェブデザイナーにとっても、大変便利なシステムになっているのが「uni CMS」。私たちだけでなく、デザイン会社、コンテンツ制作会社様に採用していただき、エンドユーザーのお客様に提供していただいています。他のCMSと違って構築時もわかりやすく、修正が簡易なため、サイトの制作時間が短縮できるというメリットがあるのです。また物理的なデータベースを使っていないため、幅広いレンタルサーバーに対応するとともに、データの引っ越しもFTPでアクセスして全データを扱えるため、テスト環境の構築やサーバー移管もスムーズに対応できます。ご興味がありましたらぜひ、以下のURLより詳細をご覧いただければ幸いです。※「uni CMS」サービス紹介サイトhttp://www.unilab.co.jp/cms/■これからもまっすぐに、お客様のご支援を実施していきます ウェブ制作、またウェブ制作をサポートするソフトウェア開発を通じて、お客様を支援してきた私たち。創業から長年にわたり制作事業を行なってきましたが、これからも新しい周辺技術を取り入れながらも、まっすぐに制作事業に尽力していきたいと考えています。私たちはサイト制作において本当に大切なのは、流行りを無作為に取り入れるのではなく、お客様が使いやすく、効果的に運用することのできるウェブサイトをつくることだと考えています。必要なものをご提案、また「半歩先」を見据えたソリューションをご用意することで、これからもお客様のご支援を続けていければと思います。

  • WEBデザイン・制作
  • WordPress制作

ワードプレスを安易に使わないで!最も有名なCMSに潜む落とし穴とは

■ウェブ運用を楽にするコンテンツマネジメントシステム みなさまはコンテンツマネジメントシステム(content management system:以下CMS)をご存知でしょうか?CMSとはWebサイトを管理・更新できるシステムのことを言います。 サイト制作といえばHTMLやCSSなど用いてサイトを作り上げていくのが一般的ですが、これらを使いこなすには専門知識が必須。もちろん変更や修正も、ウェブに不慣れな方や、企業の担当者が独断で行うのは難しいのが実情です。 それに比べてCMSは、誰でも簡単に更新・変更を行えるのが大きな特徴。一度導入をしてしまえば更新は簡易的な作業で済んでしまいますので、変更・修正についてはお客様ご自身で対応することが可能。ウェブ制作会社へ発注を行う必要もないため、運用コストの削減や効率化を図ることができます。■最も有名なCMS「ワードプレス」の落とし穴とは? CMSには様々な種類がありますが、そのなかでも世界的に有名なのは「ワードプレス(WordPress)」でしょう。ワードプレスの初公開は2003年。オープンソース(ソースコードが無償公開されていること)のソフトウェアですので、誰もが自由に使用したり、開発に参加できたりするのが大きな特徴です。またプラグインと呼ばれるワードプレスを拡張させる追加プログラムもたくさん開発されているため、必要に応じて機能を追加・変更することが可能。日本での活用事例も多く、無料で使え、豊富なプラグインによる多機能さから多くの企業様が導入しています。しかしメリットばかりでなく、デメリットがあるのも事実。利便性のみが語られがちではありますが、そのカスタマイズ性の高さゆえに、様々な不具合が生じることもあるのです。導入に際してはその特性をきちんと捉え、自社に適しているのかを熟考することが大切でしょう。ワードプレスはもともと、ブログを書くためのシステム。その設計が根本にありますから、一般的なウェブサイトを構築するためには、カスタマイズや機能拡張の必要性があります。そのため最も懸念すべき点は、中身が複雑になってしまうこと。ワードプレスは世界中の開発元が提供するプラグインを組み合わせて様々なカスタマイズができるのですが、それゆえに「使いやすさ」に欠け、かえって運用しにくくなることがあるのです。例えば「ある機能を搭載したい」と考えたとき、その時々に応じて好きなようにカスタマイズをしてしまうと、プラグイン同士が干渉を起こすことがあります。また操作が複雑になりすぎ、担当者自身がどのように扱っていいのかわからなくなることも。そうなってしまうと運用どころか不具合が生じ、いざ何かあったときに対処に時間がかかってしまうケースも想定されます。またデータベースを必要とすることもあり、サーバーのOSにより、使えるバージョンも左右されてしまいます。「セキュリティを考えて最新のバージョンを使いたいが、契約済みのサーバーのプランが対応していない」といった悩みは少なくありません。逆のケースでは、サーバー会社がOSをバージョンアップするのでCMS側も対応バージョンを入れ替えなくてはいけない、ということも。さらにはバージョンの問題で言えば、CMS側のバージョンとプラグイン側の対応バージョンもあわせていく必要があります。 「もしものこと」が起こったときにどうしていいのかわからない、また責任はどこが持つのか、といった問題が発生する可能性があるのが、オープンソースの特徴。導入を検討している場合は、サポートが不十分になりがちな側面があることを、決して忘れてはいけないでしょう。■では、どのようなCMSが良いのかそれでは、どのようなCMSが良いのでしょうか。私たちは様々なリスクを考えたとき、良いCMSとは「運用に必要な機能が揃っている」ことを前提として「誰もが使いやすい」「サポート体制がしっかりしている」ものだと考えます。私たちが開発した「uni CMS(ユニシーエムエス)」はこれらの点をクリアし、数多くの企業様、公益機関様に導入いただいているCMS。運用に必要な機能を揃えながらも、シンプルなつくりが支持されています。次回は、こちらの「uni CMS」についてお話していきます。

  • ECショップ構築
  • CMS(コンテンツ管理)導入

「ウェブ制作」の老舗企業が実践する、丁寧かつスピーディな支援とは

■「インターネットでもっとわくわく もっと便利な世の中に。」を理念に、制作と開発を実施 私たちユニインターネットラボは「インターネットでもっとわくわく もっと便利な世の中に。」を理念に、ウェブサイト制作、またウェブサイトに関連するソフトウェア開発事業を通じて、お客様のご支援をしています。創業は2000年。弊社はモノづくりやイベント企画から事業が始まっています。その広報を担うにあたって、代表の嶋田がウェブ制作を独学で学習。ウェブに取り組んでいくなかでその可能性に魅せられ、日本のインターネット・ウェブサイトの利用の黎明期から、ウェブデザイン事業をスタートさせました。業界のなかでは老舗に位置する私たちは、これまでに様々な企業様や団体のサイト制作を手がけてきました。お客様は中小企業様から上場企業様、また各種団体や東京都、官公庁など。なかには創業当時から現在に至るまで、長い年月にわたりお付き合いをさせていただいているお客様もございます。■丁寧な仕事とレスポンスの早さ。そして「半歩先の提案」を重視 弊社のディレクター、デザイナーは女性が中心。そのため、女性だからこその視点やきめ細やかさが、サイト制作の全工程に活きています。また当社の提案はデザインだけでなく、要望に応じて撮影や取材、原稿・記事のライティングから、キャッチコピー制作なども実施。納品後のアクセス解析も行うことで、質の高いコンテンツ制作を実現いたします。だからと言って、私たちが追い求めるのは丁寧さだけではありません。「レスポンスの早さ」も重視している点のひとつ。お客様の要望に対しては、可能な限り早急な対応を実現。制作段階から運用段階における悩みに至るまで、スピーディなサポートを心がけています。また私たちは「お客様がストレスを持つことなく制作を進めていきたい」という思いがあるため、経験や知識を背景として、決まった手順や「こうしなければいけない」といった意見の押し付けなどはいたしません。企業様によってウェブの活用方法の違いや専任担当者の有無がありますから、それぞれにあった対応、進行方法の提示を行うことを大切にしています。このように、お客様に寄り添い、柔軟な解決策を提示することを心がけている私たちですが、これらに加えて現状の問題解決と併せた「半歩先を見据えた提案」を行うことも同時に大切にしています。「半歩先を見据えた提案」とは、今のニーズを満たすだけでなく、お客様が気づく「すこし前」に、必要となるソリューションを予測してご提案すること。本当に必要なものは何かを分析した上で提案、そして目標を達成するための施策を実施することで、無駄なく、お客様にとって本当に価値のあるものを提供することを心がけています。■サイトの運用はお客様ご自身でできるように。CMSという言葉が生まれる前からその機能を提供し続けて私たちがウェブサイトを作るとき、必ず「どのように運用されるか」を考えています。なぜならウェブサイトは作っておしまいではなく、作ってからが勝負!だから。そこで私たちは更新を簡易に行うシステムを開発・提供してまいりました。今では、このような機能は「CMS(コンテンツマネジメントシステム)」と呼ばれるようになりましたが、私たちはこの言葉が生まれる前からその必要性を感じ、導入を提案してきました。弊社が開発・提供しているシステム名は「uniCMS(ユニシーエムエス)」。1案件ごと、お客様のニーズを拾い、バージョンアップを重ねた本システムは、お客様に大変好評をいただいております。 次回は、このCMSに関して、お話していきます。

  • WEBデザイン・制作
  • ホームページ制作

まだ間に合う!決算税務対策でウェブサイトリニューアル

寒さ深まるこの時期になると、業務も忙しくなり、経営者であれば決算を直前に控えて緊張感がさらに増している方も多いのではないでしょうか?かく云う、私も小さな会社ですが、18期目を迎える経営者でありますので1・2・3月はいつもピリピリしておりました。。。日本では4月が学校やら年度のスタートで、3月決算を行う会社がほとんどです。私も起業時に何も考えず3月決算にしておりました。取引先やお客様も3月が決算の場合が多いので、それぞれの思惑が相絡まって、1・2・3月は怒涛のようにいつも過ぎて、決算を計画的に迎えるのが難しい状況でした。本来であれば、12月くらいから赤字が見込まれる会社は、最後の駆け込み需要を開拓し、黒字が確定している会社は来期に向けて有効に使える投資を考えなくてはいけません。そこで、私がご提案したいのが後者のケースです。つまり、儲かっている、利益が出る場合の対策です。◆利益を来期、そして中期に向けて有効に使おう~!◆1.お金を残す本来であれば決算を終えて残った利益の半分は事業税として納めなければなりません。大きな常に儲かり続けている会社ならともかく、小さな会社や自転車操業、ベンチャーでは1期だけみて儲かっても来期以降の確約はありません。本来なら1期ごとに収める税金をもう少し繰り越して、将来に備えたいところです。そこで、私が従来から取り入れているのは、保険です。契約する金額の半分を経費に、残りの半分を資産に組み込みます。その時点でお金は無くなりますが、保険が付くわけです。わが社のケースは私個人にかけております。■メリット:代表者や役員の万が一に備えられる。解約することで退職金や事業が傾いた時の補てんに現金が戻る。(ただし保険関連の法律がかわり、有利な商品を探すのはよくよく気を付けなくてはいけません。)■デメリット:1、2年での解約は損。少なくとも3年以上※契約を続ける覚悟をもつ。(保険商品や契約内容による)2.広告宣伝費に使う。ウェブサイトリニューアルしよう!来期も引き続き売上が維持、向上できるよう、「24時間勤務の営業マン」といわれるウェブサイトをリニューアルしましょう!「ウェブサイトはちゃんとあるよ。」「デザイン会社に作ってもらったよ。」「事業内容や会社概要に変わりはないよ。」という会社様でも、何年前に作ったか?でそのウェブサイトのパフォーマンスが変わります。3年以上前ならぜひ、リニューアルにそのお金を使ってください!!■メリット:今後3年はフレッシュなウェブサイトでいられます!お客様に対するPRだけでなく、社員の方のモチベーションや営業マンの営業業務の効率アップ、採用でも威力を発揮します。■デメリット:キャッシュとしては残りません。注意点としては、決算まで時間がない!!!と慌ててつまらない結果にならないようにすることです。現在おつきあいのある制作会社様とご相談をしていただき、先方の納期に余裕がないようであれば、当サイトのようなところで新しいパートナーを探すのも手です。ちなみに、弊社では3月の決算期のバタバタをさけるため、決算期を9月に変更いたしました。いろいろ余裕が生まれました。ぜひ、頑張って儲かった分を御社のさらなる発展のために有効に使ってくださいね!

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。