ARTICLES 有限会社サイレンの記事一覧

  • DTP

クオリティ高めるには「事前リサーチ」が重要

これまでは私たちが手がけてきた事例と弊社の紹介を行ってきました。最後に私たちの現在と、今後手がけていきたいことについてお話します。■枠にとらわれず、多方面での仕事を展開 みなさんは「ネットフリックス(Netflix)」という、映像ストリーミング配信サービスを知っているでしょうか。近年急速に伸びているストリーミング配信市場において多くの会員数を獲得しているこのネットフリックスですが、私たちは2015年の日本でのサービス開始時から同社と提携をしています。実際に登録されている方はご存知かと思いますが、ネットフリックスでは画面を開いたときに、作品タイトルとともにビジュアルイメージが出てきます。このビジュアルイメージを制作しているのが私たち。もちろんすべてではありませんが投入されているコンテンツは日々増えているので、かなりの量を今まで手がけてきたかと思います。 本案件では、求められる技術のレベルが非常に高いです。その分大変なことも多いですが、それだけに学びもたくさんあります。また私たちの力をこのような場所でも活かすことができるかと、新しい気づきを得るきっかけにもなりました。   リサーチを徹底することで、クオリティの高い制作を行う 様々な案件を手がけている私たちですが、仕事を進めるにあたって非常に重視していることは「事前のリサーチ」です。対象物のみならず、その周辺のモノやコトも十分に調べるよう心がけています。  例えば映画の場合。実際に手がけるのが1本の作品のビジュアルだとしても、同じ監督や主要な役者の別作品を複数本、必ず目を通すようにしています。もちろん同じ内容の作品はないですし、ジャンルも同系統のものとは限らないのですが、入念にリサーチを行うことでわかることもあります。いただいた仕事のみに対して真剣に向き合うのではなく、各作品の背後にある「みんなはこの役者についてこんなイメージを抱いているんだ」とか「この監督ってこう思われているんじゃないか」とか、そのような客観的な印象を一視聴者として掴むよう注力しています。  そのようにして掴んだ感覚を土台につくり上げていくので、表現の方法も千差万別。写真を使うこともあれば、イラストを使うこともある。またそれらを合成したりすることも。ドラマ性や空気感、またその対象物の持つ雰囲気などを大切にして届けていくので、何かしらの感情や思いを抱かせるものになるようデザインしています。   これまでに培ってきた技術をもとに、様々な業界や企業を支援していく 私たちが培ってきたこの力や技術を、今後は様々な業界で活かしていきたいと考えています。デジタル技術の発達で表現の手法も進化していますが、1つのビジュアルで伝えられることはたくさんありますし、それが対象物のイメージを左右するという事実に変わりはない。今後もたくさんの業界や企業、そして作品などを支援していければと思います。

  • ポスターデザイン制作

デザインが果たす役割とは

私たちはこれまでに多くの企業様やエンタメ関連の作品をサポートし、そのなかでたくさんの経験とノウハウを培ってきました。今回はそんな私たちの会社についてお話ができればと思います。 ■得意分野を限らない制作体制で、数々の実績を重ねる  弊社はグラフィック専門のデザイン事務所として2003年にスタートしました。所属している全員がデザイナーという専門家の集まりです。  世の中には数多くのデザイン事務所がありますが、弊社の特徴はすべての仕事において「1からつくること」に特化している点。すでにあるデザインをWebや冊子などのメディアで展開していくのではなく、根幹のメインビジュアルをつくること仕事として行っています。またジャンルを問わないことも大きな特徴。特に映画のビジュアルデザインですと事務所によって得意分野が違うのですが、弊社は様々なジャンル、また映画以外の多様な業界で仕事を行なっているので、幅広い制作を行えるのが強みです。  加えて各案件に対して、1人のデザイナーが始まりから終わりまでを担当するのも弊社ならでは。1つの納品物に対して分業するのではなく、提案から制作、納品までを完結しています。そのためクライアントと無駄のないコミュニケーションを実現。スピード感を持ちながら質の高い制作を実現しています。   パルコで経験を積んだのち、サイレンを創業  簡単に弊社創業の経緯をご紹介します。代表の三堀は美大を卒業後、パルコに就職。そこではギャラリーや映画館など文化系施設を担当していました。もともとディスプレイ担当として入社しましたが、渋谷パルコは映画館もあれば展示会場もある。会場デザインなどを手がけているうちに仕事の範囲が広がり、イベントのポスターデザインなども手がけるになりました。実は小学生の頃から美術が好きで、いつかは自身でもポスターをつくりたいと思っていたほど。そのため空間デザインを主としながらも、自主的にグラフィックの仕事も行なっていました。 そこでは数年働いたのちに独立。創業当初から現在と同じく、メインビジュアルを手がけるグラフィック専門のデザイン事務所をスタートさせました。   デザインが果たす役割とは  エンタメ業界を中心に仕事しているというと少し特殊な世界なように感じられるかもしれませんが、決してそんなことはありません。つくっているのは芸術作品ではなく、あくまでも対象の魅力を伝えるビジュアルデザイン。集客などの反響につなげるために行なっているので、受け手の心に響くものでなければ意味がありません。  実際にメインビジュアルの果たす役割はとても大きい。映画や舞台、またミュージシャンのCDなどでも、心に思い浮かべるのは映像や音ではなく、ジャケットやチラシに描かれているものだと思うのです。それに何かを購入するときも対象物を見た途端に「これはこういうジャンルの、こういう内容なのではないか」と無意識的に判断をしてしまう。対象物の印象そのものをつくるのが私たちの仕事なのです。  そのため制作者は自分がやりたいようにやるのではなく、受け手が対象物を見たときにどう思うかを想像してビジュアルづくりを行わなければいけない。前述のように受け手は経験値として今まで触れてきたものの蓄積があるので、そこを嗅ぎとらなければ「思っていたのと違う」ものをつくってしまう可能性があるのです。   培ったノウハウをもとに、様々な業界で展開をしていく  そのようななかで私たちは、多数のメインビジュアルを制作してきました。対象物が持つ抽象的なイメージから受け手にどう受け取ってもらいたいかを考え、ビジュアルの方向性を形づくっていく。実際の制作物においては対象物の雰囲気や空気感を伝えるべく、躍動感やドラマ性を重視したものが多く、私たちもそこを得意としてきました。今後はこの培ったノウハウをもとに、様々な業界のご支援を展開していきたいと思います。

  • パンフレットデザイン制作

映画パンフレットはインパクトある表紙が決め手!SNSで話題のビジュアル制作事例

3つ目の事例は映画『東京喰種 トーキョーグール』に関するもの。こちらは人気漫画が元になった映画。私たちはこの劇場版パンフレットを私たちは手がけました。   ■事例3:作品の特徴を活かし一風変わった制作をすることで、SNSでも話題に  『東京喰種 トーキョーグール』という漫画をご存知でしょうか。週刊ヤングジャンプという雑誌で2017年現在も連載されている作品です。内容は現代の東京を舞台に、人の姿をしながら人肉を食べて生きる「喰種(グール)」という架空のキャラクターをテーマにしたもの。ジャンルはサスペンスやホラー、ファンタジー、バトルアクションというようなものになるでしょうか。11年の連載開始当初から話題となり、アニメやゲームなどでも多様なメディアで展開をしている人気作品です。そして17年7月には実写映画も公開。私たちはその劇場版パンフレット制作に携わらせていただきました。   パンフレット特有の販売事情を考慮し、来場者の興味をひくパンフレットを制作  映画の劇場版パンフレットは、多くの人が一度は手に取ったことがあると思います。人気の映画ですと、中古品が高値で取引されていたり収集をしたりする人がいるほど。パンフレットには映画の面白さや見る楽しみをより引き立てるものとして役割を担っています。  このパンフレット、冊子という点では書店で並んでいる雑誌と違いがないように感じられるかもしれませんが、販売においては特有の事情があります。それは「表紙の印象で購入の意思決定が決まる」というもの。劇場販売のみのため映画を見る直前に購入するケースが圧倒的に多いですが、その際に「評判を調べたり立ち読みしたりしてから、中身次第で買うか決める」ことがないのです。そのため大切なのは表紙でどれだけの興味をひくことができるか。今回の制作もこの点を重視し制作を進めました。   作品の設定からアイディアを捻出。一風変わったデザインに  そこで私たちが提案したのは、作中に出てくる主人公の皮革マスクを使った表紙。本作では「戦闘において素顔を隠すためにマスクをつける」という設定があるのですが、それを活かし、枠いっぱいにマスクをデザインしました。また左目の箇所だけをくり抜きそこから目が覗いているのですが、めくると3ページ目に印刷された主人公の素顔がでてくるという仕掛けに。表紙の紙にもこだわり、皮革の質感を演出するよう注力しました。  制作期間は1ヶ月半ほど。「初号」というできあがった作品の最初の試写会を見てからつくり始めました。実際の制作期間はライターからの原稿があがったのちに着手するので、もっと短いかもしれません。これは標準的な例ですが、さらにタイトなスケジュールの場合もあります。 インパクトのある表紙はSNSでも評判に。来場者から高評価をいただく  パンフレットは各方面で話題になりました。見た目の珍しさだけでなく作品の世界観をそのまま感じることができるよう制作したので、来場者からは良い評価を得られたと思います。なかでも印象的だったのは、TwitterやInstagramといったSNSでも話題になったこと。被写体としてのインパクトも大きかったためか、写真と合わせて「パンフレットがかっこいい」などの意見を投稿している様子が若者を中心に多く見かけられました。SNSが発達する前はこのような形で反応を見ることができませんでしたが、今回来場者の感想や気持ちを直接的に知ることができてとても嬉しく思いましたね。  とはいっても実は、SNSでの拡散は狙っていた部分があります。前述の通りパンフレットは表紙で購入の意思が決まるという特異なジャンル。一風変わったものにすることで話題が生まれ、SNSで拡散されることで、さらにたくさんの人に知っていただけたらいいなと考えていました。自分が知らなくても、友達の投稿を見て「そういえばこの作品、話題になっているよね」といった形で映画に興味を持っていただく。そのような効果が生まれればと思いましたね。

  • ポスターデザイン制作

プロスポーツの躍動感をビジュアルに落とし込む

私たちは映画や演劇のみならず、スポーツ関連でのご支援もしています。今回ご紹介するのは「北海道コンサドーレ札幌」のシーズンポスター制作です。 ■事例2:躍動感あるポスターで、動員数の増加を記録  北海道をホームとする「北海道コンサドーレ札幌(以下、コンサドーレ札幌)」は、1935年創設の老舗プロサッカークラブ。弊社はこのクラブのシーズンポスターを7年連続で制作いたしました。弊社の代表三堀の出身は北海道。地縁があり、コンペにでないかとお声をお掛けいただいたのがきっかけです。そこで提案をし、クラブから選んでいただきました。 これまでになかったポスターをつくることで、サポーターやファン以外の方々の注目を集める  みなさんはJリーグ各チームのポスターをご覧になったことがあるでしょうか。ポスターは主に、試合日程をサポーターやファンの方々に知らせるのが目的。どちらかと言えば日程表としての役割に重きを置かれています。そのためデザイン性の優先度は相対的に低くなり、凝ってつくるケースはあまりなかったように思われます。しかし、私たちはそういった習慣を変えたいと思っていました。もちろん試合日程を知らせることは大切なのですが、街中で張り出されたときにあまりサッカーに興味がなかったり、普段は違うスポーツを見ていたりする人も振り向くようなポスターをつくりたいと考えたのです。  そこで画策したのが、プレー中の躍動感や選手たちの真剣な表情をとらえたポスターづくり。試合のスケール感やドラマ性を感じられ、かっこよく、見た目のインパクトが強いポスターをつくろうと思いました。コンサドーレ札幌のポスターが札幌駅構内や道内のカフェなどに貼られたときに興味のなかった方々の目に留まり「コンサドーレ札幌ってかっこいいね」とか「試合見てみたいな」とか、そんなふうに思っていただけるようなビジュアルを目指しました。   躍動感やストーリー性を一枚のビジュアルに落とし込むことで、異色のポスターを制作  ポスター制作は何百枚もの試合中の写真から素材を選び抜く作業からスタートしました。各選手の躍動感やプレー中の息遣いを感じられる写真を選び、それらをうまく合成していきます。そこに込めたのは、90分の試合における闘志や興奮といったストーリー性。すでにある素材からイメージを膨らませたり、静止画でも動きを感じられたりするビジュアルに仕立て上げていくのは、エンタメを中心に仕事を行ってきた私たちの得意技かもしれません。  また北海道のチームということも意識して、選手だけじゃなくヒグマやキタキツネなどの動物写真と組み合わせ制作したこともありました。試合日程ももちろん掲載しましたが、あえて小さく載せて写真を中心とした構成にまとめましたね。結果的に、Jリーグのポスターのなかでも異色なものができあがったのではないかと思います。   集客にも貢献。他業界での知見が活かされた案件に  本ポスターの話題性は十分にあったのではないかと思います。道内の各所に張り出されましたが、結果的に観客動員数も増え、集客面にも貢献できました。本案件を手がけて感じたことは、映画のメインビジュアル制作で培ったノウハウをほかの業界でも活かせるということ。予算が少ないなかでもアイディアを出し、培った経験を活かして形をつくっていくという面では大きく変わらないのかもしれません。  ちなみにこれは余談ですが、スポーツ業界特有の事情も今回知ることができました。毎年2月頃には完成物を納品しているのですが、プロスポーツのため12月頃まで移籍の問題などがあり、ギリギリまで来期のチームメンバーが決まらないなんてことも。写真を活用するのでメンバーが決定しなければポスターづくりは進められないのですが、このような側面もほかの業界では味わえない面白さかもしれません。そんななかでチームの方々が満足するような制作物が納品でき、集客面でも貢献ができることをとても嬉しく思いますね。

  • ポスターデザイン制作

人々の心を惹きつける、ドキュメンタリー映画のメインビジュアル制作

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; text-align: justify; font: 10.5px Times} グラフィック専門のデザイン事務所として、多様なジャンルのメインビジュアル制作を手がける 私たちはグラフィック専門のデザイン事務所として、クライアント企業のご支援を行なっています。これまで私たちが手がけたものは映画などの映像作品、演劇、またスポーツなどにおけるメインビジュアルが主。業界に関わらずビジュアルイメージは受け手の印象に大きな影響を及ぼしますので、特徴や雰囲気、イメージなどを大切にしながらそれらを活かす制作を行なっています。そのため私たちは、対象が持つ「ドラマ性」や「世界観」を重視したビジュアルづくりが得意。実績としては前述のようなエンターテイメント関連が多くありますが、今後はこれまで以上に様々な業界で多くの企業やサービスを支援していきたいと考えています。■事例1:ドキュメンタリー映画の草分け的存在『ハーブ&ドロシー』のメインビジュアル制作 2010年に公開された映画『ハーブ&ドロシー(原題: Herb and Dorothy)』。私たちはこの作品のメインビジュアルを制作しました。本作はアメリカにて、佐々木芽生という日本人監督が制作したドキュメンタリー作品です。多数の苦労を乗り越え、力を合わせ自主配給を実現 この作品に関しては強い思い入れがあります。映画は最終的に記録的なヒットになったものの、公開に至るまでは幾多の苦労がありました。私たちも少しでもたくさんの人に見てもらおうと一生懸命にお手伝いをした案件です。 映画の内容は、アメリカのナショナル・ギャラリーに多数の現代アートコレクションを寄付したことで知られる、実在の夫婦を題材としたもの。佐々木氏は日本での公開を目指し様々な配給会社をまわられたのですが、ドキュメンタリーというジャンルが当時定着していなかったためか、いく先々で上映を断られてしまったそうです。そんな佐々木氏がアメリカに帰る前の晩「せっかくだから」ということでカフェを貸し切り、上映会を決行。そこに呼ばれたのが代表の三堀でした。映画はとても面白く参加者全員が絶賛するほど。その場にいたメンバーは一様に「たくさんの人に見てもらいたい」と思い、協力しあって自主配給での公開ができないかと話をしました。三堀はそこでメインビジュアル制作を担当。その後展開されるポスターやチラシなどに載るビジュアルを手がけることになりました。前例も素材のないなかでの制作作業 制作において課題となったのは素材の少なさ。予算はなく、また映像も発売当初のデジタルカメラで撮られていたため静止画として活用できるクオリティではなかったのです。そのような状況下でこの映画の魅力を一枚の絵で伝えるにはどうすればいいかと考えました。 そこで思いついたのは夫婦のポートレート写真の活用。夫婦愛を表現し「人の温かさ」や「温もり」といったものを大切にして作業を進めました。内容もさることながら、みんなで協力して公開をするのであえて手作り感を出すことで、温かみを感じさせるものしたかったのです。前述の通り、当時はドキュメンタリーというジャンルが確立されていなかったため表現の枠が決まっていないことも良い意味での課題でした。みなさんのなかでもなんとなく「SFもののビジュアルはこんな感じ」とか「ホラーはこんな感じ」とか、ジャンルごとのビジュアルイメージをお持ちだと思うのですが、本件はそのような制約がない。そのような面でもゼロからの制作なので、楽しんで取り組めました。映画は大きなヒットを記録。「ドキュメンタリーのビジュアルイメージ」のモデルに 公開した映画は大ヒットを記録。国内外問わず多くの賞を受賞しました。私がつくったビジュアルイメージもチラシに使われるだけでなく各メディアで発信され「見てほしい人に届いた」という実感がありました。集客にも十分貢献できたのではないかと思っています。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; text-align: justify; font: 10.5px Times} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; text-align: justify; font: 10.5px 'Times New Roman'; min-height: 11.0px}  また本作品のヒットはドキュメンタリーというジャンルが日本で定着するきっかけになりました。それに伴い今回の制作物が「ドキュメンタリーにおけるビジュアルイメージ」のモデルになったと思います。他の映画でも「『ハーブ&ドロシー』のメインビジュアルを手がけたデザイン事務所」ということでお声をおかけいただくようになりました。このような形で公開されヒットにつながった映画は珍しいかと思いますが、それだけに思い出深く、印象に残る仕事となりました。

無料¥0

業社の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。