ARTICLES 株式会社メイクスビューの記事一覧

  • WEBデザイン・制作
  • ホームページ制作

ホームページは作って終わりじゃない 育てて真価を発揮する生き物です!

手間を省くことで活性化させる低・定額の保守・運用サービスある商店街のお話し。そこは商店街全体が人気のスポットで、以前から多くのお客が訪れていました。また活発にイベントを開催していることもあり、事前にウェブで情報を集めようと商店街のホームページへアクセスする方が多かったそうです。しかしホームページはほとんど更新されておらず、情報発信ツールとしてまったく機能していませんでした。当然お客からはもっと情報が欲しいと要望があり、そこで私たちにホームページリニューアルのご依頼をいただきました。この案件の場合リニューアルだけではなく、いかに更新回数を増やして新しい情報を発信し、お客に見てもらうかというのが重要なテーマでした。しかし数十件もある加盟店の情報をまとめ、定期的に更新をするのはなかなか大変な作業です。実際、以前のホームページはそんな理由から機能停止していたし、同じ轍を踏むわけにはいきません。そこで私たちは毎月定額1万円でホームページを保守・運用するプランを提案しました。クライアントの手間を最低限に抑え、私たちがフォローすることで常に鮮度の高い情報を発信できるサービスです。リニューアルとともに私たちが保守・運用を手掛けてからアクセス数が徐々に増加し、客足がさらに伸び、リピーターも増えてきました。客足が伸びたことで各加盟店もホームページリニューアルの効果を実感していただけたようで、私たちも大変満足のいく結果でした。作った後も長いお付き合い価値を生み、実感できるまでともに“育てる”結果が出たことからホームページの“力”を実感し、商店街の方々もホームページをさらに活用しようという気持ちになったようです。積極的に最新情報を集めていただくほかにも、こんなデザインにしたい、こんなコンテンツを増やしたいと新たな要望を次々といただくようになりました。要望を文章で箇条書きにしたり、絵に描いたり、何らかの方法で考えを表現し、打合せを重ねる共同作業によりさらに良い結果を生み、クライアントの満足度も増す好循環ができあがりました。ホームページを持つうえで大切なのは、まさにこれです。私たちの会社では「ホームページは育てるもの」と考えています。最初に作った形だけで成功するとは限りませんし、一時的に良い結果を得られたとしてもそれを継続するのは難しいでしょう。だからただ作るだけでなく、クライアントとのコミュニケーションにより有益なツールに進化させることが大切なのです。過去にホームページを作ってそのまま放置してしまっている方は「どうせ新しく作ってもまた同じことになりそう」とお思いかもしれません。確かに、ホームページの価値を実感できなければ、わざわざ時間と手間をかけてホームページを作ったり更新する気にはなれないでしょう。だからこそ私たちは価値を実感していただけるまで寄り添い、その後も新たな価値を生み出すための保守・運用サービスを提供しているのです。価値を実感し、ホームページを育てるのが楽しくなれば、今回ご紹介した商店街のような好循環が自然と生まれるはずです。

  • WEBシステム開発
  • WEBポータルサイト開発

ただの情報発信ではなく個性ある見せ方で 同業他社よりも魅力・価値を高めるホームページを

テンプレ脱却で明確な差別化来客数が大幅に伸びた大成功例長い人生の中で数回しか経験しないのに、暮らしに直結したとても大切なイベント。それは住まい探しです。でも数回しか経験しないがために、勝手がわからず戸惑う方も多いでしょう。そこは不動産屋さんのサポートが頼りですが、ではどうやって信頼できる業者を探せばいいのでしょうか?まず賃貸ポータルサイトで希望の条件に合う物件を絞り込み、その物件を管理している不動産屋さんのホームページを検索してみると…ちょっとがっかりしてしまうはず。不動産業者のホームページはテンプレートデザインが多く、イメージカラーやコンテンツ内容の変更が中心になりがちです。それではその会社の特色や雰囲気が伝えられず、わざわざ店舗まで訪れる意欲を起こさせることはできませんね。弊社にご相談いただいた不動産業者さまも、まさにテンプレートデザインのホームページをお持ちで、ほとんど集客につながらないというクライアントでした。無味乾燥なホームページを見やすく魅力あるものにするべく、大工事の開始です。まずはポップなカラーで全体を明るくし、より親近感の湧くビジュアルイメージに。不動産ホームページでは開いてすぐの画面に物件を大量に並べていますが、非常に見にくい印象にしてしまいます。そこで「店長が選ぶイチオシ」というコンテンツにして、物件数を6件程度に厳選。コンパクトに整理しました。条件で物件を絞り込めるコンテンツは、ペット可物件なら犬の画像、新婚・カップル向けなら若い男女の画像などイメージ画像を貼り、分かりやすく改善。もちろん以前のホームページや既存の他店の閲覧件数なども分析し、コンテンツの順番やレイアウトを全体的に見やすく改善しました。その結果、来店者数が大幅に伸びてリニューアルは大成功。「制作費が安いので本当にいいホームページができるか不安でしたが、いい意味で予想を覆されました」と大変ご満足いただけました。横並びに埋もれていてはもったいない!ホームページはお客を惹きつける引力ですこのクライアントの成功が評判になり、弊社にはほかの不動産業者さまからのご依頼が殺到しました。それだけどれも似たり寄ったりで、お客の目を惹く不動産ホームページがなかったということですね。不動産業以外にもホームページを作ったもののあまり力を入れず、ほとんど更新していない企業って多いですよね。あるいはヘアサロンやネイルサロンのようにポータルサイトに頼りきりで、自社ホームページがなくて当たり前のような風潮ができあがっている業界もあるかもしれません。ポータルサイトは、テンプレートで必要な情報をコンパクトに、かつ見やすくまとめた便利な情報源です。しかし提供できる情報量や見せ方に制限があるため、企業あるいは店舗の持ち味を充分には表現できないという弱点もあります。その弱点を補うのが自社ホームページ。テンプレートには詰め込みきれなかった情報を自由に、魅力を持って伝えることができるツールです。そして何より、各社横並びで特色のないテンプレートではなく、一歩抜きん出た個性をまとわせることでお客の目を惹く引力が生まれます。それは自社の価値を高め、扱う商品の価値をもより大きく見せられるかもしれません。「同業他社がホームページに力を入れていないから、うちもこれでいい」ではいけません。ほかがやっていないからこそ差別化し、より魅力的に情報を発信できるのです。まずは試しに、私たちのような制作会社に相談だけでもしてみてください。特に明確な目的がなくても大丈夫。打合せを重ねることでまだ形になっていないあなたの思いを明確にし、ホームページで表現できるかもしれません。

  • 人材・教育・人事コンサルティング
  • 求人・人材採用

ホームページに求めるものはなに? 意外な使い方で課題解決に貢献できるかも

求人サイトよりも効果的!1/7以下のコストで課題を解決 皆さんは自社のホームページをお持ちでしょうか? またホームページをどのように活用されているでしょうか? 立ち上げてはみたもののほとんど更新していないという企業さまもいらっしゃるでしょう。「ウチはホームページで商売をしてるわけじゃないから、そんなに力を入れる必要はない」というお考えもあると思います。もちろん、特にお困りのことがなければそれでいいでしょう。 でもホームページが企業の抱える課題、しかもホームページとは関連がなさそうな課題を解決する一助になったら? 今回お話しするのはそんな一例です。 既存のお客様からご紹介いただきご挨拶はさせていただいたものの、まだ商談には至っていなかったクライアントとの会話。ちょうどその頃は求人募集をかけていた時期で、求人サイトで募集をかけたのですがなかなかいい人材と巡り会えない、というお話しがこぼれました。詳しくうかがって驚きました。なんと累計で150万円も使ったとのこと。その結果が、採用ゼロ。成果のない出費ほど痛いものはありません。 さらによくよくうかがうと、いい人材は面接に来てくれる。でも同じ求人サイトのよその企業にとられてしまうとのことでした。 実は私自身、ある求人サイトを介して現在の会社に入りました。求職中はサイトの一覧から企業をピックアップし、それぞれの仕事内容や条件を比較検討するのはもちろん、ウェブで各企業名を検索し、企業ホームページその他から情報集めをしました。この一件に関しても、そこに差があったと思われます。 求人サイトにしか情報がない企業よりも、自社のホームページで、欲を言えば求人サイトとは違った切り口で情報を提供している企業のほうが断然いい。単純に情報量が多いだけで、他の求人企業よりも魅力が増すはずです。 ということで、このクライアントには社員の1日の業務内容を紹介するコンテンツをホームページに加えるよう提案しました。出社から退社まで、文章だけでなく実際の職場の様子を撮影してビジュアルを織り交ぜた紹介。「よく見せるよりも、ありのままを正しく知ってもらう」という方向性で制作を進め、結果素晴らしい人材と巡り会い、めでたく採用となりました。 ちなみに弊社のホームページ制作費用は20万円。求人サイトに費やした150万円の1/7以下のコストで、ずっと抱えていた課題を解決できたのです。 ただの情報紹介ではなく、課題解決のツールとしてホームページの可能性を広げる提案 美味しい料理が食べたい、そんなとき。まずはグルメ系のポータルサイトで検索し、口コミや評価を見る。さらに店名でウェブ検索し、詳しい情報を集める。この一連の流れ、皆さんもお心当たりがあるのでは? メディアミックスの時代である現代では、テレビや雑誌などで様々な商品や情報に興味を持ち、次いでウェブで詳しく調べるという流れが一般化しています。その中で自社ホームページはもっとも情報量が多く、魅力的に、正しく伝えることができる、専属メディアのような存在。求人の役割を果たしたこの一件のように、視野を広げて見ればまだまだ可能性を広げられるツールです。 とはいえコストもかかるし、それぞれの課題に対してどう有効なのか疑問もあるでしょう。 ちなみに弊社のホームページ制作費用は一律20万円のみ。10ページ以上は追加料金がかかりますが、10ページもあれば充分。ほぼオーバーすることはありません。さらにテンプレートではなく完全オリジナルデザインなので、システム的に問題がなければ表現方法は思いのままです。また、制作するだけでなくその後も関係性を築き、その時々の課題や要望に応じた提案も。そうしたクライアントの関係性の中から、さらに新しいホームページの可能性を見つけられると考えています。 リスクは最小限に抑えられるので、まずは「やってみなはれ」の精神で一歩踏み出してはいかがでしょうか。

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。