下記の企業は、リカイゼンの掲載期間が終了したため現在お問い合わせいただけません。
よく比較されている企業との一括見積・お問い合わせはコチラから

ARTICLES 株式会社チビコの記事一覧

  • マーケティング・PR
  • ブランディング

成功するブランドスローガンの条件とは

生活の中で見聞きすることの多いのブランドスローガン。しかし、そのフレーズは覚えていても本来の意味までは理解していないはずです。では、なぜ企業がこぞってブランドスローガンを作成し発信するのでしょうか?それは、企業がブランドの「理念」「ビジョン」などの考え方を、消費者にイメージさせることが目的なのです。つまり、「企業が消費者に伝えたいメッセージ」を直感的に伝える言葉なのです。ブランドスローガンは、別にブランドメッセージ、ブランドステートメントなどとも呼ばれますが意味や役割は全て同じなのです。 ブランドスローガンとは? ブランドスローガンとは、企業理念、ビジョン、事業内容を明確にし端的に表現した企業のキャッチコピーです。 展開としては、ロゴマークとセットで組み合わせてレイアウトし使用することが多いです。 ● ロゴマーク:視覚的に伝える役割 ● スローガン:文章として伝える役割 ブランドスローガンは短く分かりやすいことが重要 企業のイメージを端的に伝えることができるブランドスローガンは、とても大切な言葉です。 企業のビジョンや理念などを伝えるメッセージは、できるだけ短い文章で作成することが需要です。 企業にどのような意思があるのか把握することができるようになっています。 ブランドスローガンは顧客目線で発信する 企業が提供するブランドスローガンはたくさんあるのですが、企業のあり方を伝えるブランドスローガンを発信することによって、顧客に企業の存在する意味を素早く伝えることが可能なのです。企業のあるべき姿を伝える目的のブランドスローガンは、信頼感や安心感をアピールしたり、取り組む姿勢やチャレンジ精神を強調したりと正しく伝えることで企業にとって大きなメリットがあるのです。 良いブランドスローガンの条件 ● ターゲットが明確であること ブランドスローガンは、伝えたい相手に届かなければ意味がありません。そのためには、特定のターゲットを想定することが必要です。メッセージを届けたい相手を具体的にイメージし、そこからターゲットを絞り込みコピーを開発していきます。 ● ユーザー目線であること 企業のブランドスローガンは、一方的に思いだけを伝えるのでは消費者にメッセージは届きません。企業の想いや考えは、やり方を間違えれば、企業目線による理念の押し付けになってしまいます。ですのでメッセージを受け取るのは誰か? このことをしっかりと考え企業目線ではなく消費者目線で伝える必要 があるのです。 ● 理念やビジョンをイメージできること 企業のブランドスローガンを受け取った消費者は、そのフレーズを読んでどのようなことをイメージできるか?  そして、イメージを膨らませることができるかが重要なのです。 そのイメージは、人の心に届き記憶に残るのです。 【 詳細記事はこちらから 】 http://www.chibico.co.jp/blog/business/brand-slogan/

  • ロゴ・イラスト・キャラクターデザイン
  • ロゴ制作

成功するロゴ作成の5つのポイント

ブランドの顔としてのロゴデザイン 企業と人を結び付けるブランドは大切なものです。しかし、大切なものであるにもかかわらず、ブランドは目には見えません。取引をした人にとっては、その企業のブランドの良さが分かるかもしれません。ただ、事前にその良さを伝えることができなければ、意味がありません。一方的な発信でしかないのです。そこで、デザイン、キャッチコピー、写真、イラスト、ウェブデザイン…様々な手段を用いて、企業の良さを表現します。その中でロゴのデザインは、イメージやメッセージを凝縮した企業の顔なのです。 ロゴデザイン作成時のポイント 【 ❶ シンプル 】 レオナルド・ダ・ヴィンチは、”シンプルである事は究極の洗練だ”と言いました。デザインにおいてシンプルである事はある意味完成形です。ロゴデザインに関しても同じで、シンプルである方が見た人に覚えてもらいやすく、脳がそのロゴデザインを感覚に変換しやすくなります。何度も変更が施されているロゴの場合は、その度にどんどんシンプルになってきています。これにはきちんとした意味があります。デザイナーがロゴデザインを行なう際の間違いの1つが、グラデーションやシャドー、過剰な数の色を使ってしまう事です。これ以上ないぐらいに削ぎ落としシンプルな方が良いロゴデザインとされています。 【 ❷ 独自性 】 完璧なロゴデザインは、独自性が高く唯一無二の存在です。仮に模倣者が現れたところで、オリジナルの独自性は損なわれません。完成度の高いロゴデザインは、細部にまでこだわったオリジナルの書体でデザインし、ブランドカラーも厳選したもので表現することで独自性を打ち出しています。独自性の強いなオリジナルなロゴをデザインするなら、前例のないことに挑戦するべきです。 【 ❸ 普遍性 】 ロゴのデザインがころころ変わってしまっていてはユーザーが混乱してしまい、企業のブランドイメージも定着しにくくなります。一方で、昔から同じロゴデザインで消費者に愛されているブランドは、普遍的なイメージ構築に成功しています。トレンドを追いかけたデザインは時代と共に陳腐化しますが、基本に忠実で無駄を極力排除した洗練されたデザインは、何年経ってもその魅力が色あせる事は無く普遍的な存在であり続ける事が出来ます。 【 ❹ 可読性 】 ロゴをデザインする時に最も気にしなければならないのが、それがどのように利用されるかという事です。名刺やWebサイトを始めとして各種広告、動画、ビルボード、新聞掲載、Tシャツ、ステッカー、カップケーキに至るまで、ロゴは様々なメディア上で利用される多面性を持ち合わせている必要があります。その為には過度な拡大や縮小、モノクロ低解像度での印刷にも耐えられる必要性が出てきます。それを考えればロゴデザインは自ずとシンプルで構成要素の少ないものになるべきなのです。 【 ❺ 再現性 】 WEB・紙媒体、カラー・モノクロ、サイズの大小等に関わらず、再現できるロゴデザインになっているかがとても重要です。例えば、ロゴを小さく表示すると一部がつぶれてしまたり、印刷で再現できないような色を指定している場合には、どれだけ素敵でカッコいいロゴデザインであっても無意味なのです。エフェクト処理としてドロップシャドウやグラデーション等は、よく目にする手法ですが、適切に上手く使用しコントロールできなければ、文字の可読性や造形性、再現性を大いに損ねてしまします。影は薄め、ぼかし幅や影の移動量が僅かであっても立体的な効果は得られます。主役を脅かす派手な処理はなるべくさけ、控えめなデザイン表現を心掛けるべきです。 [ 詳細記事はこちらから ] http://www.chibico.co.jp/blog/business/logo-design-point/

  • マーケティング・PR
  • ブランディング

ブランド戦略に必要な考え方とは

ブランド戦略とは、商品やサービスを消費者に深く理解浸透させることで、企業力や商品力を向上させるためのブランディングの手法です。現在、多くの企業が自社のブランド力を高める必要があると感じています。では、その為には具体的にどのようなブランド戦略を行えば良いでしょうか。そもそもブランド戦略とは一体何なのでしょうか? [ そもそもブランド戦略とは何か?] ブランド戦略という言葉を聞いた事があるのではないでしょうか。では、ブランド戦略とは何なのでしょうか?そして具体的に何をする事なのでしょうか?ブランド戦略とは、ブランドを強化し、競合他社との差別化を明確にすることで企業や商品、サービスなどにおいて付加価値をつける戦略のことです。 [ ブランドの商品やサービスを購入する動機 ] ① 抱えている問題を解決したいという(問題解決の動機) ② 幸せになりたい豊かになりたいという(幸福のための動機) レストランに例えると、お腹がすいたので食事をしたいというのが前者です。もっと美味しい何かを食べたい、居心地のいい空間で幸せなひと時を過ごしたいというのが後者です。旅行で例えるなら、出張にいくのでどうしても移動しなければならないというのが前者で、美しい自然の中に旅行をして幸せな気分になりたいというのが後者です。 [ ブランド戦略立案の手法とプロセス ] ① ヒアリング 現状のブランドにおける課題や問題点をしっかりとヒアリング。同時に様々なケーススタディやアイデアを出し、担当者と共に検討する。 ② 現状の調査分析 「既存資料/過去データの分析」「リサーチやグループインタビューによる市場調査」「社内キーマンへのインタビュー調査」などを経て現状を客観視する。 ③ 課題と問題の抽出 お客様からのヒアリング内容と調査分析の結果から、現状の課題を明確する。解決するべき問題点と伸ばすべき強みを把握しブランド戦略立案のための材料にする。 ④ ブランド戦略立案 競合企業(ブランド)に勝つために自社ブランドの強みを活かし、消費者にとって価値あるものを提供するためのブランド戦略を策定し最適な方向性を提示する。 [ まとめ ] 時代が変化し、メディアもターゲットのライフスタイルも変わってきました。そんな中でターゲットの若返りをうたっている企業も多く見られます。しかし、そういった企業の多くは、若い人が好む雑誌に広告を出したり、Facebookに公式アカウントを作る程度の表面的なアプローチにとどまっています。本当の意味で興味や関心を持ってくれるようなコンテンツを世に出すことは、大変なことなのです。しかし、ターゲットにメッセージを届け、評判を獲得したいのであれば時にはブランド戦略の見直しも必要なのです。 [ 詳細記事はこちらから ] http://www.chibico.co.jp/blog/business/branding-brand-strategy/

  • マーケティング・PR
  • ブランディング

BtoB企業にもブランディングが必要な理由

BtoB企業においてブランディングは必要ないとお考えの方が多いのではないでしょうか? 実際にクライアントから直接ご質問を受けることがあります。 では、なぜBtoBにブランディングは必要ない、もしくは課題ではないという誤認が生じるのでしょうか? そこにはBtoBビジネスの誤った常識が影響していることが多いように感じます。 BtoBでは、直接、エンドユーザーに商品を販売するわけではありません。 そのため、BtoCで有効である「ブランド構築は必要ない」と考えている人も多いのです。 しかし、これは大きな間違いなのです。 【 BtoBブランディングに関する誤解 】 ● サービスに直接影響しない”ブランディング”への投資は無駄 ================================================== BtoB企業において、経済的合理性の視点がBtoCの場合と比べて強く、サービスと直接関係ないブランディングに投資をし、サービスの価格が高くなることが好ましくないという考えがあリます。つまり目に見える「費用対効果が高いこと」が最重要なのです。 ● 受注できるか否かは顧客と営業担当の人間関係で決まる部分が大きい ================================================== 受注のプロセスで顧客と営業担当との人間関係が占める部分が大きく、自社の認知やイメージを向上させることは二の次。自社の認知やイメージを向上させることは営業担当の人間関係構築が最重要という考え方。また、一部の優秀な営業担当者に頼った営業では他社から見た自社の認知やイメージの認識に客観性がありません。 ● 顧客数が限られていて、費用対効果が合わない ================================================== ブランディングと言えば広告CMやWebサイトのこと。それらによるPRをしても、それを見ている人の中で自社の利益やブランド力向上に寄与するのはごく一部の人なので、投資対効果が悪いという認識。むしろ、BtoBにおいてはそれらのマス広告は有効でない場合が多いと思います。マス広告よりも重要で有効な施策がBtoBビジネスにおいてはたくさんあり、それらは長期的に見て確実に費用対効果に見合うと感じています。 【 BtoBブランディングの効用 】 ● 受注確度の向上 ================================================== 相手企業は自社に発注するかどうかの意思決定を組織で行います。しかし、組織を構成するのは人であり、その人たちの自社へのイメージを高めることは発注のハードルを下げることに繋がります。また、指名や紹介による引き合いが増加する可能性もあります。(受注確度の向上) ● 社員ロイヤリティの向上 ================================================== 業界や一般消費者の間で認知や好イメージを持たれれば、そんな企業で働けているという事実が社員の愛社精神やモチベーションの向上にも大きく影響を及ぼします。 ● 採用コストの低下 ================================================== 上記のような状態を作れれば、応募者は新卒・中途共に強いパワーをかけずとも集めることが出来ます。特に新卒においては、企業認知があることはエントリー段階での大きな後押しとなります。 【 BtoBこそブランディングを 】 BtoB企業におけるブランディングは、ブランドアイデンティティー(価値提案)とブランドコネクション(価値共創)が大切となります。それは、顧客や潜在顧客に対して、企業理念や今後のビジョンをきちんと伝えて、共感してくれた顧客と共に新しい価値を作っていくことなのです。そうした顧客とのコミュニケーションを踏まえると、BtoCよりもブランディングの重要性は高いと言えます。このようなブランディングのためには、顧客の共感を得るコンテンツマーケティングも有効な手段になるでしょう。顧客の心に届くメッセージのあるブランドを発信し、顧客とのエンゲージメントを高めて行くことが大切なのです。 BtoBに限らず、本質的なブランディングとは長期の取組みが必要なのです。 【 詳細記事はこちらから 】 http://www.chibico.co.jp/blog/business/b2b_branding/

  • マーケティング・PR
  • ブランディング

ブランディングデザインに必要な3つのポイント

① ブランディングとデザインの関係 ブランディングをデザインする上で最も大きな問題は、ただ単にロゴや名刺、WEBなどのデザインをオシャレでカッコ良くしましたという表層的で短絡的な発想です。確かにデザインを美しく見せることは重要なのですがブランディングの成功にとってはそれだけでは不十分なのです。「デザインだけを変えたが何も変わらなかった」というケースは多く「ブランディングにおけるデザインの重要性」が求められているにも関わらずその効果を発揮していないのです。それは、言い換えればデザインが「ブランディングを妨げている」ことになっているとも言えます。センスに適うクオリティの高いデザインであれば、ブランドは多くの人の目に止まり認知され受け入れられやすいのです。視覚は情報の70%~80%を占めるといいますが、 その視覚の引力は、人との関係付けを成立させてくれる大切なタッチポイントなのです。つまりデザインから受けるビジュアル・イメージは極めて重要なのです。実は、デザインの「印象、イメージ」の奥底には目に見えない無形の価値があり、それこそがブランドの本質であり核となっているのです。 ② デザインがブランディングを妨げる可能性 デザインがブランディングの妨げになる場合の理由は、デザインというよりもデザイナーにあるのかも知れません。なぜならば、多くのデザイナーは、クライアントからの依頼内容を言われたまま仕上げる仕事をしている人が多いだからです。ところが、クライアントである会社や商品をブランデイングするということは、ビジネスのあり方や、商品価値を深く知ることが必要不可欠なのです。ブランディングするためには、デザイナーはブランドのデザイン提案にあわせて、「モノ売り」から「コト売り」への「目的意識の変化」も含めて提案しなければなりません。すなわち、物質的欲求から精神的欲求に応えるようにするということが求められているのです。それが、ブランドをデザインするということなのです。こうした提案が出来ない、あるいはまったく理解していないデザイナーは少なくありません。そうした状況で受注した場合、クライアントも、デザイナーも、これから何の勝負になるのかを知らないため、ブランディングのためのデザインが、的を得るものになりません。せっかくのブランディングへの投資が、無駄になってしまいます。ブランディングへの認識(本質的理解)の低さが仇となってしまいます。 ③ ブランディングでデザインが果たす役割 ブランディングのためのデザインとは、事業内容や、会社・経営者のなかに潜んでいるブランディング可能な目的意識(ブランドビジョン)を明確化する「考え方のデザイン」とその力に、クラッチのようにつながり、現実を動かせるようなロゴマークデザインを中心としたビジュアルコミュニケーションツールをデザインする「造形のデザイン」の2つの要素からなります。ただ単に「造形のデザイン」だけをしても、見た目はそれなりに格好はつきます。造形の質が高い場合、そのビジュアルイメージによって成果が出ることもあります。しかし、それでは「仏造って魂入れず」です。真に求めるものは得られません。「考え方のデザイン」はとても重要です。しかし、例えば、同じ品質、同じ価格、同じデザインの製品があっても、ブランドのロゴマーク(例えばアップル社)と、普通の会社のロゴマークが付いている場合、ブランドのロゴマークが付いた製品の方が、圧倒的に売れていきます。ブランドにおける「造形のデザイン」、特にロゴマークが素晴しいのは、一瞬で、ブランドの価値・魅力を伝える力、つまり販売力を宿すことができ、ブランディングにとって重要な要素だからです。それは「考え方のデザイン」があってこそ実現できるものですが、伝える知恵「造形のデザイン」が放つビジュアルメッセージとしての素晴らしさがあり、人の目を惹き付ける情動(美)として、形づくることができ、目に見える形となってこそ、ブランドが人の心のなかで動きはじめることができるからです。 【 詳細記事はこちらから 】 http://www.chibico.co.jp/blog/business/branding_design_development/

  • マーケティング・PR
  • ブランディング

日本発ブランドの海外進出(弊社事例)

日本発ブランドJAPANITUREの海外進出 [ 弊社開発事例 ] JAPANITUREブランドとは、JAPANとFURNITUREの造語に由来し、ブランドコンセプトは「日出ずる国の家具」。日本の伝統と革新的でモダンなデザイン家具を海外に広く発信し新規マーケットを開拓することを目的とするブランドです。この度、アメリカ最大の家具見本市である「High Point Market」にてお披露目することとなりました。 ① ブランドコンセプト 【 洗練された美意識の追求 】 豊かな風土で育んだ美意識を誇りに思い、その美意識と発想力をモノづくりに生かすことで、 高品質で付加価値のある製品を提供し続けます。 ② ブランド戦略とターゲット 【 国内市場が縮小する中、日本製家具が浸透していない米国市場の開拓 】 日本製家具が得意とするコンパクトで洗練された製品を金融、IT関係者を中心に、無駄を省いたシンプルな生活を好む層が広がっている。こうした人たちは品質やデザインが良ければ価格が高くても購入する傾向がある。 ③ 協賛企業とブランド化 【 協賛企業の構成 】 福井県と岐阜県の家具事業者が連携、参加したのは両県で家具や雑貨を製造販売する6事業者 (飛騨産業株式会社、株式会社シラカワ、マルイチセーリング株式会社、株式会社ヤマト工芸ほか工芸師数名) 【 ブランド化の流れ 】 ブランド事業は、経済産業省のふるさと名物応援事業に採択され、約1300万円の支援を受け発足。当面はマルイチセーリング株式会社が事業の窓口を担う。今後、参加事業者が増えればブランド管理の事務局設置も視野に入れて検討している。 【 ブランディングデザインの開発範囲 】 ブランディングデザインの開発範囲は、ブランドコンセプト立案、ネーミング開発、ロゴデザイン、雑誌広告デザイン、WEBサイトデザイン、スペースデザインとレイアウト構成、サインデザイン計画、名刺デザイン、トートバック、ノベリティ等。 ④ アメリカ最大の家具見本市「High Point Market」とは 【 High Point Marketとは】 今回の出展先である「High Point Market」とは、アメリカ・ノースカロライナ州に位置するハイポイントで開催されるアメリカ最大級の家具の展示会。ハイポイントは家具産業の集積地として有名で「世界の家具の首都」という渾名があります。マーケットの歴史としても古く、その第1回は1909年にさかのぼり100年以上の歴史のある家具見本市です。その展示は、家具及びインテリア・アクセサリー、ホームテキスタイル、カーペット、照明な「Home Furnishing(家庭用の家具・インテリア全般)」に特化しており、毎年春(4月)と秋(10月)に開催されます。その規模は、ハイポイントに点在する180にも及ぶショールームビルを会場として2千社以上の出展と国内外から10万人もの家具バイヤーなど関係者が来場するという、まさにアメリカ最大の家具見本市です。会場は、メイン棟以外に市役所や図書館まで、町中のありとあらゆる施設が展示場に早代わりし、ミラノサローネに似た印象を受けました。こちらも改めてレポートを報告させていただきますのでお楽しみに。 http://japaniture.com

  • マーケティング・PR
  • ブランディング

ブランディングとマーケティングの違いとは何か?

ブランディングとマーケティングの違いをきちんと理解していますか? ブランディングとマーケティングは根本的に全く違いますが混合されている場合が多いはずです。大まかに分類すると、市場を作り広げるのが「マーケティング」で、ブランドのイメージを 構築し理解させることが「ブランディング」なのです。 【 マーケティングとブランディングの定義 】 ● マーケティング = 「相手に伝える」ための手法 ● ブランディング = 「相手に理解してもらう」ための手法 ブランドの価値を消費者に認めてもらい、継続的な利益を得るには、「マーケティング」と「ブランディング」の両軸が必要です。このマーケティングとブランディング、双方の理解がないと、企業としての成功は望めません。しかし、その意味を正しく理解し適切に使い分けられている人は少ないでしょう。マーケティングは、マーケット、つまり市場と密接に関わっています。市場を開拓し、消費者への「認知度を上げていく取り組み」と言うことができます。一方で、ブランディングは企業から発信する「イメージアップへの取り組み」と言えます。マーケティングは「相手に伝える」ための手法で、ブランディングは「相手に理解してもらう」ための手法なのです。自己紹介がマーケティングなら好きになってもらう努力がブランディングと言えるかも知れません。 ● マーケティングとは、売れる「仕組み」や「手段」を展開すること。 企業としての価値(商品・サービス)をどのように顧客に向けて伝えるかのためのプロセスです。どんな風にどのような内容を発信すれば確実に売れるのかを考えながら、商品の価値や魅力を多くのターゲットに向けて発信し、顧客の目に触れるようにしていくことです。 ● ブランディングとは、商品やサービスの「価値」を顧客に認知させること。 企業と顧客の間に信頼関係を築くことで、市場における地位を築き上げていくことを目的としています。顧客が認めてくれる価値とは、企業や商品に対する強い信頼や安心でもあります。つまり、顧客の心の中や頭の中の「イメージ」と深く関係しているわけです。 ❶ マーケティングの役割と効果 ブランディングは企業価値を向上させることを目的とし、企業の存在意義を定義するWhatの部分を担う一方で、マーケティングの役割は、企業の価値(商品やサービス)をどのように伝えるのかのHowの部分なのです。言い換えると、マーケティングは顧客へのリーチに直接関わるプロセスで決して本来のプロダクト自体の価値に影響を与えることはなく、そのプロダクトをどうやって見せるか、どうやって顧客に届けるか、どうやって潜在顧客を増やすかといった部分にフォーカスしたものです。市場をつくり、より多くの人々に伝えるのがマーケティングの役割なのです。そもそもマーケティングという言葉は、「Market(市場)」を動名詞化したものから来ている通り、市場を開拓するといった意味合いが強く、優れた製品や、企業の魅力をより多くのターゲット層に届けるのがマーケティングの役割なのです。 ❷ ブランディングの役割と効果 消費者の心にイメージとして蓄積されていくブランドの価値。ブランディングは、企業価値向上に直接関わる。そして、ここでいう企業価値とは、金銭や数値では簡単にはあらわしずらい、無形の価値であり資産なのです。目に見えない、消費者の心と頭にイメージとして蓄積されていくもの、心理的な企業価値がブランドであり、企業イメージやプロダクトに付加価値を加えることで、消費者に対してその認識価値を上げることがブランディングの役割なのです。ブランディングが強い企業は、安売りは一切しなくても顧客の継続的な購買意欲が下がることはありません。 ❸ ブランディングとはイメージを焼き付けること ブランドの語源は“burned”、つまり「焼き付けられた」という言葉です。自分の家畜であることを示すために牛などに焼印を押していた習慣が起源となっています。時を経て、他のものと区別して自社の製品の価値を示すために、刻印として用いられるようにもなりました。そして、現代では、顧客の心に、イメージを焼き付けるために「ブランディング」という手法が用いられるようになりました。ブランディングは単なるロゴの作成やデザインではありません。商品の価値を示し顧客にそれを理解してもらう。魅力的な商品としての「イメージ」を顧客の心の中に焼き付けることが、ブランディングなのです。確かな「価値」を感じてもらえたブランドは、長く愛されるでしょう。

  • マーケティング・PR
  • ブランディング

地域ブランディングの成功事例(海士町)

地域×ブランディングとは 近年、地域の魅力を再発見し独自性を打ち出した地域ブランディングが注目され成功事例も増えてきました。 その中の1つである海士町の成功事例をご紹介させていただきます。 【 問題点と課題 】 ● 人口減少 ● 財政難 10年前までは少子高齢化と財政の悪化により財政再建団体になるのではないかと考えられていた。 【 キーワード=ないものはない 】 「ないものがない」とは? ● 必要ないものはなくてもよい ● 大事なことはすべてここにある ● つまり、ないものねだりをしない ハンデをプラスに変える発想の転換。 この言葉は、「必要ないものはなくてもよい」「大事なことはすべてここにある」という二重の意味を表現している。離島である海士町は都会のような便利さもなくモノも豊富ではない。しかし、自然環境や地域の人々とのコミュニケーションが豊かである。島にある個性を上手に活かした海士町ならではの魅力を分かりやすく表現したキーワードなのです。 【 地域資源を最大限に活用 】 ● 観光協会(雇用の確保と島外からの新卒者採用) ● ふるさと海士(第三セクターが毎年2億円以上の売上げ) ● 隠岐潮風ファーム(地元建設会社によるブランド牛) 「旅島」に「隠岐牛」地域特産品もプロデュース。 ないものはない。をコンセプトに海士町の観光協会は「島旅」と称して海士町への観光をまちぐるみでブランディングし、島食・島宿・島活の3つの柱で旅を構成しています。 このように、その土地ならではの風土や食、伝統産業など、個性や特徴のある地域文化や産業を活かしたブランディングが様々な手法やアイデアで各地域で生まれ成功しています。

  • ロゴ・イラスト・キャラクターデザイン
  • ロゴ制作

強いブランドのロゴデザインには秘密がある

ロゴデザインはブランドの顔であり象徴です。 ブランドのコンセプトやサービス内容をロゴで伝えることができます。そして、ロゴデザインから良いイメージが拡がる可能性があるのです。たとえば、スターバックやトヨタはどうでしょうか? 特定の商品というよりも先に各ブランドのロゴやイメージカラーが浮かぶのではないでしょうか。また、ロゴデザインから各企業のニュースや実績を浮かべる人もいるでしょう。このようにブランドイメージはロゴからはじまると言っても過言ではありません。 ロゴには企業の想いやメッセージが込められている ロゴやシンボルのデザインは企業やブランドを象徴するものです。ロゴを見れば、消費者は、そのモノの持つブランドが提供している商品やサービスを一瞬で識別することができます。つまりブランドのロゴがあるだけで欲しくなる、もしくは選ばれることにも繋がるのです。そのためには、ブランドロゴのデザイン開発と展開には細心の注意を払う必要があるのです。 ロゴ、シンボル、マークの違いとは? ロゴ、シンボル、マークなどそれぞれの種類や呼び方が存在します。ほとんどの人がその違いや目的を正しくは理解していないのではないのでしょうか? ここでは詳しくご説明していきます。 ● ロゴタイプ ロゴタイプ (logotype) とは、図案化・装飾化された文字・文字列のことで、団体名、商号、商品名、雑誌名、書名などを印刷・表示する際に使用される。ロゴと略すこともありギリシア語のロゴテュポス(λογότυπος) に由来しています。ロゴ = 言葉、タイプ = 活字からなり、本来は1単語のための連字活字を意味していました。つまり、言葉で出来ているブランドのマークのことです。 【 ロゴタイプの特徴 】 ① ブランド名を覚えてもらいやすい ② 宣伝効果が期待できる しっかりとブランド名を覚えてもらいたいなら、ロゴ自体がブランド名になる「ロゴタイプ」が有効です。ロゴのデザインが良ければ、街を歩いている人や消費者、周りの人にも宣伝効果があります。これらの理由から、「ブランド名を覚えてもらいやすい」「宣伝効果が期待できる」のがロゴタイプの特徴といえます。 ● シンボルマーク シンボルマークとは、その家系、会社、団体、個人などを象徴する意匠、マークです。古くは、ローマ帝国時代に使った、「魚類」のマーク、騎士の盾や旗指物のデザインから、家紋などもこれに数えられます。このようにロゴタイプと違って、シンボルマークはとても象徴性が高くインパクトが強いため覚えてもらいやすいのが特徴です。 【 シンボルマークの特徴 】 ① 印象に残りやすくインパクトがある ② 信頼性と安心が高まる ブランド名よりも、ブランドのコンセプトやマークを記憶してもらいたい場合に「シンボルマーク」は有効です。ロゴタイプの特徴でお話した内容とは異なり、遠くから見ても形が分かりやすく記憶に残りやすいのです。この記憶というのはシンプルであればシンプルであるほど記憶に残りやすいのです。あなたも想像してみてください。シンボルマークを使っている有名企業のマークを。 ● ロゴマーク ロゴマークとは、ロゴタイプをマーク化したものです。 ● シンボルマーク+ロゴタイプ シンボルマークとロゴタイプを組み合わせたものです。 ブランドを的確に表現出来るロゴデザインの手法 ブランドコンセプトが出来たら、ブランド名、そしてブランドのロゴまたはシンボルマークが必要になります。ロゴデザインを制作するうえで大切なのは、客観的にブランドをイメージすることです。現在のイメージだけでなく、5年後、10年後にそのブランドがどう見られたいかをロゴデザインに反映し表現しなければなりません。ブランドはひとつのキャラクターを創り出すのに似ています。 ロゴデザインを開発する際の重要な4つのポイント ❶ ロゴには意味を持たせる 皆さんが働いている会社はどのような会社ですか?会社名の意味は?会社の目標は?人にはそれぞれの目標や意思が存在します。それは会社にも同じく当てはまります。では、ロゴには?会社の名前の意味や目標があるのと同じように、ロゴに対しても意味を持たせる事が大切なのです。 ❷ ロゴのカラーの意味を考える ロゴに意味を持たせた後は色を決めなければなりません。何色をロゴに使うかも(ブランドカラー)デザインする上では重要な役割になります。「○○といえばオレンジ色だよね」「赤色といえば、○○だよね」など、ロゴの形も重要なのですが、いかに皆様へブランドのカラーを覚えてもらうかも重要になります。そして、カラーには様々な意味があります。この意味も考えてデザインすることでロゴにさらに意味をもたせる事ができるのです。 白:清潔、純粋、雪、無、無罪、無知、賛成 黒:男、武勇、一途、プロフェッショナル、職人基質、ガンコ、髪、夜 赤:情熱、力、暖かい、血、生、火、女、熱暑、革命、攻撃、太陽 青:冷静、クール、知性、未来、水、スポーティ、爽やか、清らか、開放感、空、地球 黄:活発、陽気、明快、元気、太陽、金、注意、エネルギー、子供 緑:植物、自然、エコ、環境、安全、平和、新鮮、大地 紫:高貴、優雅、神秘、謎
金:神、宝、光、生、神秘 茶:土、豊穣、大地 灰:冷静、雲、沈静 ❸ ロゴにストーリーを持たせる 実はこのロゴにはこんな隠されたメッセージが隠されていたのか。なるほど、スゴイ、面白いといった場合があります。そのためには、今後の目標や会社のイメージを伝えるだけではなく、前の会社の名前が○○だった、経営者の出身が○○だった、これがきっかけで会社が誕生したなどの深いストーリーがロゴにも含まれているとより一層良いモノになります。 ❹ ロゴの使用場所を考える ロゴを使用するシチュエーションは様々で名刺、封筒、雑誌広告、WEBサイト、車両、製品本体、CM、など幅広く使用します。どこで使用するかも考えながら色や大きさを検討し開発することで遠くから見ても的確に判断できるロゴになります。シンプルな方がロゴとしては良いかもしれません。何処で使うかもイメージしながらロゴはデザインすることが重要です。 ロゴや商品は企業のものですが、その商品を購入し所有するのは消費者です。消費者のロゴマークやデザインに対する愛着を見誤ると、ブランドにとっては大きなダメージになるのです。

  • マーケティング・PR
  • ブランディング

リブランディングの意味と重要性とは

リブランディングとはブランドを再構築すること 企業のビジネス戦略と、市場(消費者)との間でミスマッチが起こるとブランドは危機に陥ります。 そこで、ブランドの方向性を修正し、再活性化させることが「リブランディング」なのです。 例えば、1つのブランドイメージで長年続けていたにもかかわらず、顧客からの反応がいまいちで、事業がうまくいかない場合など、ブランディングの問題を改善していくことでビジネスを成功に導くことが可能です。「リブランディング」とは、既に存在するブランドを理想とするブランドに進化させるためのプロセスであり戦略なのです。今までブランディングの重要性を認識し取り組んでいても、それが理想的なブランドイメージの構築に結びつかないこともあります。場合によっては、実際の企業・商品・サービス内容とは全く違うブランドイメージが浸透してしまうこともあります。それらを正しく理想的なイメージとして伝え、消費者とのコミュニケーションを図ることが重要なのです。 ゼロからブランドを作るのであれば、そこまで気にしなくてもいいことなのですが、リブランディングでは現状の延長線上にある未来ではなく、自らが望む未来に向けた取組み、それがブランド戦略で目指すところだということを深くつきつめる必要があります。 そして、商品やサービスなどの内容に問題がない場合は、デザインを変更するだけでも十分に効果を得られることがあります。デザインの嗜好は時代の流行に応じて大きく変わって行きます。技術革新によって新しい表現が可能になります。顧客に受け入れられるようなデザインを採用することが重要です。また、商品やサービスが従来の顧客に受け入れられなくなった場合には、ブランドのポジショニング(リポジショニング)を変更する必要があります。今までとは違った顧客をターゲットにすることで、今までと同じ内容の商品などでも、十分に売り上げを伸ばすことが可能なのです。 リブランディングに重要なのは再生と進化 ● 商品やサービスの改善と変更 ● リポジショニングの検討 ● 消費者へのアプローチの改善 ● ターゲット層の変更 ● 企業文化や風土の改善 長い歴史の中で培ってきたサービスや技術、ノウハウ、クリエイティブはブランドの大切な資産です。一方、時代の変化が著しい現在では、どんなに素晴らしい資産でもただ伝えるだけでは鮮度が失われていきます。適切な方法で、効率的に、最大限のブランドエクスペリエンスを実現することが必要不可欠なのです。 Appleに見る進化の過程とブランド戦略 アップルには、パソコンはMac、携帯はiPhone、音楽はiPodと、Apple製品しか買わない熱狂的信者が多数存在します。これは、単に製品のデザインや機能・性能が良いといった事ではなく、非常に良く考え抜かれたブランディングの成果なのです。 ❶ 製品をシンプルに分かりやすく アップルは使い方が分かりやすく、シンプルなデザインである製品を徹底的にこだわっています。どのようなデザイン・どのような使用手順にすれば、消費者がより簡単に分かりやすく製品を利用できるかを、綿密にリサーチ・企画・制作していくことで、結果として高い顧客満足度を生み出す「シンプルな製品」を世に送りだしているのです。また、アップルは、全ての製品に対して、デザイン・操作性に一貫性を持たせています。そのため、どれか一つの製品の操作性に慣れてしまえば、その他のアップル製品でも違和感なく、使いこなせるようにできています。こうすることで、アップルの新しい製品にも適応しやすくなり、反復して購入しやすくなるという仕組みが成り立ちます。 ❷ 専門の販売店「アップルストア」の存在 アップル製品のブランドデザインと一貫したアップルストアの外観。街を歩いていても、「アップルストア」を見かけたら、それがすぐにアップルの販売店であることを認識でき、店内に入ることで、電気量販店にはない「上質なユーザー体験」を感じることができます。アップルはこれまで、商品知識の不十分な電気量販店の店員に対して、自社製品の魅力を十分に顧客に伝えることができていないと、不満を抱いていました。これを解決するために「アップルストア」が誕生したのです。アップルストアでは、店舗デザインから空間演出、接客員の質まで、徹底的にこだわっており、訪れた客に対して、「よりよい体験をしてもらおう」と心がけているわけです。これも、アップルブランドのイメージに寄与している1つの要因になっているのです。 ❸ デザイン性の高い製品にこだわる アップル製品は、いずれもパッケージから入念にデザインされており、それはユーザーインターフェースにまで至ります。シンプルな色やアイコン、なめらかな外装などはそれらを操作したり見たりする度に、アップル製品を使っている顧客を魅了します。また、アップル製品を使っているユーザーは、独自のプライドを持っていていて、Macを使う人はスマートで洗練されており、かっこいい人であるというイメージが根付きました。一方で、Windowsユーザーは、「ださくて、つまらなくて、古い」といったようなイメージが、アメリカを中心に、広く浸透していきました。このように利用者のエモーショナルな部分まで含めて、アップルのブランドイメージは確固たるモノとなっているのです。

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。