見積依頼・案件相談完全無料¥0

セキュリティ構築 パートナー(外注・発注先)探し

依頼カテゴリ200種類以上

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。

「リカイゼン」ならきっと見つかる!

『セキュリティ構築』のパートナー(外注・発注先)探し

リカイゼンなら、あなたにピッタリのセキュリティ構築会社が見つかります。

セキュリティ構築の外注先を探すなら7000社利用中のリカイゼン。セキュリティサービスは、情報漏洩・不正アクセス・内容改ざん・著作権侵害などからIT情報を守ります。ウィルス対策・ボット対策・脆弱性対策ほか、情報セキュリティ対策で実績のある会社が見つかります。希望をフォームに入力すると、無料で簡単に一括見積料金を取得。お問合せ機能、資料一括ダウンロード機能で比較検討にもご活用頂けます。

RECOMMENDED PARTNER おすすめパートナー 『セキュリティ構築』のおすすめパートナー(外注先)

有限会社ストリートワイズ

有限会社ストリートワイズ東京都

身から錆を出さない!~指紋認証~

1.なぜ「指紋認証」なのか? 現在企業で採用されているセキュリティシステムの多くは、カードキーや暗証番号によるものです。 ●カードキーの場合      ①社内でのカードの貸し借り:持ち歩きが面倒で、つい忘れてしまう  ②カードの忘失:紛失したカードを悪用される危険がある ●暗証番号の場合      ①暗証番号の漏洩:入退室を許可されていない部外者も番号を知っている      ②暗証番号の忘失:人の記憶は完璧ではないため、忘れてしまう可能性がある また、悪用されてもなかなか原因を特定出来ないというデメリットがある。 ★指紋認証の場合:個人の指が鍵になる →貸し借り、共有、忘失は不可能 このような理由から、指紋認証システムはカードキーや暗証番号に比べて、よりレベルの高いセキュリティシステムであると言えます。 2.フィンガードの性能 ①指紋認証率と指紋認証速度 フィンガードの指紋認証率は世界トップを誇ります。(23000名を認証テスト認証不可は18名) フィンガードの指紋認証速度は世界トップの0、1秒です。(5000指) 世界トップの認証率、認証速度でカードと同等の性能を実現しました。     ②パソコンによる入退室履歴の管理 専用ソフトをインストールする事で、入退室者の履歴を管理することができます。    万が一、社内で何らかのトラブルが起きた場合でも、限りなく詳細に原因追求が可能になります。      ③キーレスキーによる利便性 指紋認証システムは自分の指が鍵ですから、持ち歩く必要がなく忘失の恐れもありません。    失くした鍵を悪用される心配もありません。 ④3WAYキーでセキュリティレベルを分化 フィンガードシステムでは、指紋認証のほかにカードキーと暗証番号システムを採用しており、 管理者が使用者に対してどのキーを有効にするか選択することができます。    通常のオフィスでは指紋のみで運用しており非常用キーとしてカードキーを採用しています。    ご興味、ご関心のある方はご連絡くださいませ。 

FIT株式会社

FIT株式会社東京都

WEBにはSSL暗号化が必要です

普通の通信では、裸同然の丸見え状態なんです。今は、SSLによる暗号化通信は当たり前の時代です。 サーバ構築からSSL通信まで多数の実績あります。 貴社にとって安全な通信を構築致します。

株式会社クルージス

株式会社クルージス東京都

セキュリティチェック(診断)

WEBサイトのセキュリティチェックを行いいます。 1.脆弱性チェック  ・クロスサイトスクリプト(反射型、持続型)  ・SQLインジェクション  ・OSコマンドインジェクション  ・ディレクトリブラウジング  ・パストラサーバル  ・CRLFインジェクション 2.脆弱性検出箇所の修正、確認  ・脆弱性箇所の修正  ・オンライン講座サイトおよび、コンテンツの動作確認 3.脆弱性チェックレポート作成および報告 ※3か月に1回を推奨 ※対象サーバーに対して脆弱性チェックの為に攻撃を行うので、本稼働中のサーバーへの影響(サービスストップ)を出さない事、データ破損の可能性から、クローンサイトを構築しセキュリティチェックを実施します。

コッペ合同会社

コッペ合同会社兵庫県

SSL・通信暗号化

Webサイトの通信情報をすべて暗号化して、情報保護万全化するためのご提案からシステム構築まで行ないます。 ● SSL - 情報を暗号化するとは? PCやタブレット、スマートフォンでウェブサイトを閲覧している際、インターネット上では様々な情報が通信を繰り返しています。通常、暗号化通信を施していないウェブサイトであると、その情報は平文(ひらぶん)のまま通信されています。SSLとは、Secure Socket Layerの略で、情報を秘密鍵と呼ばれる特別なコードで暗号化し、インターネット上では意味のない文字や数字、記号などに変換して送受信できる仕組みになります。SSLにて暗号化されたテキストは、個人情報・クレジットカード情報などの大切なデータを安全にやりとりできます。また、最長の256ビット暗号鍵を使用するAES256とよばれるSSLは、2013年現在、最も堅固な暗号化方式の一つと言われています。 ● ショッピングサイトでは必須 ショッピングカートや会員サイト、そしてアンケートや問い合わせフォームなど、お客さまの個人情報を取り扱うウェブサイトでは、個人情報保護およびお客さまからの信頼性の観点から、SSLによる暗号化通信を取り入れる事が非常に望ましいとされています。 ● 近年では通常のウェブサイトでも常時SSLを採用 昨今のウェブサイトは、サーバー側から情報を発信するのみの、いわゆるワンウェイではなく、ユーザー側からの情報も受け付ける双方向の通信が一般化していることもあり、近年では普通のサイトであっても、すべてのページを常時SSLにて暗号化する形も増えてきました(Google、Twitter、Facebookなど)。 SSLを導入するには、一般的に莫大な月々ないしは年間のランニングコストが必要と思われがちです。わたしたち Coppe では、お客さまのウェブサイトの使途や目的を分析し、それぞれのサイトに似合った仕様や手法をご提案いたします。ウェブサイトの情報保護・コンプライアンスをご検討の方、お気軽にご相談ください。

コドモゴコロ株式会社

コドモゴコロ株式会社京都府

SSL通信対応

    「常時SSL」がSEO対策へ及ぼすことがGoogleより発表されている中、弊社ではWebサイトの全ページをHTTPS化(SSL/TLS暗号化)のご対応をさせていただきます。 以前から「https」で始まるWebサイトは存在していましたが、個人情報を入力するフォームや、ECサイトにおける商品の入力フォームだけがSSL化されていました。 現在注目されている「常時SSL」は入力フォームだけではなく、全てのページをSSL化することでインターネット上におけるセキュリティ性を高め、ユーザーに安心して閲覧してもらえるサイトをご提供いたします。

すべてのパートナーを見る

BUSINESS TIPS 役立ち情報 『セキュリティ構築』に役立つ情報がきっと見つかる

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。