BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

採用サイト制作の目的と費用相場、発注の注意点まとめ

目次

採用サイト
一括見積依頼案件のご相談発注先探しならリカイゼンへ!

無料で相談する

リカイゼンは、仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ
総合ビジネスマッチングプラットフォームです。
より詳細はこちら

1.採用サイトの見積り依頼について

昨今、コーポレートサイトを設けている企業が一般的です。
そしてこれまでは、コーポレートサイトの中にリクルート(採用ページ)を設けている企業が一般的でした。しかし、優秀な人材確保のために新卒採用、中途採用ともに各企業の採用活動が活発化すると同時に、コーポレートサイトとは別に採用サイトを設ける企業が出てきています。

既にコーポレートサイトはあるものの、採用サイト新規で別に制作したいと考えている採用部門担当、もしくは既にある採用サイトのリニューアルを考えているなど、ここでは採用サイトの見積り依頼、制作の目的、費用相場、発注する際の注意点などを紹介します。

ここでは、採用サイト制作の見積り依頼をする際に気をつけるべきポイント、発注時の注意点などまとめています。

2.採用サイト制作の目的、サイト構成まとめ

まず、コーポレートサイトとは別に採用サイトを新規で制作する場合は、採用サイト制作の目的を明確にしましょう。採用サイトは、新卒、中途採用含めてその企業に入りたいと思ってもらえるようなサイトに作り上げる必要があります。そのように考えた時、採用サイトへの来訪者には「この企業で働くことでキャリアアップが目指せるのか」「どのような業務内容があるのか」「給与、有給、その他福利厚生はどのようになっているか」「どのような人たちが働いているのか」というような内容を知りたいと思うでしょう。そういった動機に応えられるようなサイト構成が必要となります。基本的には、企業のコーポレートサイトとは目的は異なりますので、新卒採用向け、中途採用向け、募集する職種などの複数要素ごとに、それぞれのターゲットにあったコンテンツを準備する必要があります。

採用サイトの方向性や各ターゲットに合うコンテンツが見えたら、サイトマップの作成を行っておきましょう。これは、制作会社へ説明する際にも役立ちます。サイト公開時にもサイトマップは入れたほうが良いものです。

採用サイトのコンテンツについて

採用サイトに掲載した方が良いコンテンツについて考えて行きます。新卒採用、中途採用では読んでほしい内容は変わってきますので、それぞれにあったコンテンツを用意した方が良いでしょう。
ただし、募集要項と選考プロセスについては共通事項になりますので、わかりやすく掲載方法を考えておきます。

次に、就業規則等の内容です。基本的な応募条件、資格や業務内容、勤務時間、給与、福利厚生などの内容に当たります。特に中途採用の場合、自分のキャリアに合い、且つ入社することで成長が見込めるかどうかを見極めるのに重要なページとなりますので、業務内容等の説明は分かりやすく丁寧に記載することが必要です。

その他、新卒向け、中途向けともに重要ポイントが、実際にその企業で働いている社員の声になります。最近では、働く社員をインタビューして職種やライフスタイル背景合わせて詳細に紹介をされている企業の採用サイトが目立ちます。特に、スタートアップ企業やIT関連企業では、ラフスタイルで自分らしさを前面に出した社員紹介ページも多く見かけます。また、社員1名だけではなく、数十名の会社であれば全社員のインタビューを掲載しているくらいの企業もあります。

採用サイトが担う役割としては、必要スキルに合った人材が必要なわけですから、多様性を意識して幅広く企業を紹介するものであれば尚良いでしょう。
結果として、「この会社で働きたい」と思ってもらえるサイトになることが重要です。

3.制作の費用相場

採用サイトの費用は、作り込み次第で数十万円から出来るものもあれば、数百万円かかる作り込みにもできます。発注する制作会社にもよりますが、1ページあたり5万円〜10万円くらいの相場感を持っておくと良いでしょう。
採用サイトは、特にデザインと合わせてどのような素材を使うかによって印象が全く変わってきます。特に社員紹介や社内のエントランス風景、会議風景などビジュアルを多く盛り込んでいく場合は、プロのカメラマンに撮り下ろしてもらった方がサイト雰囲気を統一できます。意外にも、この撮り下ろしコストを削減して、結果的に統一感のない採用サイトになってしまうことはよくあることです。

更に、最近ではスマートフォンで検索したり企業ページを見たりする人も増えていますので、採用サイトをスマートフォン対応するかしないかによっても費用は異なってきます。スマートフォン対応も、レシポンシブデザインにするか最適化にするかによっても費用は変わりますが、最近の主流派レシポンシブデザイン対応になっています。費用は、約1.5倍かかると考えておきましょう。

サイトのクオリティを上げればそれなりに費用も上がってしまいます。企業には「予算」があるわけですから、見積り依頼する場合に、安い、普通、高いというような数パターンで見積り取得をするのも良いでしょう。そうすることで、クオリティと予算規模で検討が可能になります。更に、見積り依頼する場合は、複数社の制作会社へお願いすることをお勧めします。見積り比較しやすいように、各社へ見積り依頼をする場合は同じ条件で依頼をすることで、バラつきのない見積り取得をすることができます。同じ条件というのは、制作に必要な諸事項を記載したRFP(提案要件書)を作っておく資料がその一つです。

4.発注の仕方と進行について

見積り比較後、各社とは必ず直接会って面談を行ったのちに発注先を決定します。サイト規模が大きくなったり、コンテンツのボリュームが多くなったりすると、ディレクターが付く可能性が高いです。その場合、決定前に必ずディレクターにも会っておきましょう。要望をうまく汲み取って、制作会社だからこそ出来る効果的なサイト制作の調整を行うのがディレクターになります。ディレクション業務は、制作会社内のみならず制作プロジェクト全体をコーディネートしてくれる重要なポジションです。

発注先が決定したら、スケジュール、支払いサイクル、契約書等の確認を行い、発注しましょう。制作に入っても、制作会社へ丸投げではなく、発注元も主体性を持って良いものを一緒に作っていく意識で進行することが大切です。

5.まとめ

これまで、採用サイト制作の目的、制作の費用相場、見積り、発注時の注意点などまとめてきました。企業のコーポレートサイトと並美、採用サイトは企業の顔となる重要なコンテンツになります。安すぎてチープなサイトになってしまうか、それなりの予算をかけて良いものを作れるか、結果は人材採用した際に分かるものです。
採用サイトを制作するのが初めての企業担当の方や、リニューアルを予定している企業など、プロにきちんと相談して決めていきたいと考えていらっしゃる方も多いと思います。
制作会社を常時、数百社抱えるビジネスマッチング10年以上の実績を持つリカイゼンでは、見積り前の相談から、見積り依頼、見積り取得&比較、発注先選定まで完全無料で対応させていただいています。

WEBサイトだけではなくスマートフォン対応までしっかり作り込みをしたいなど、要望にお応え出来るスタッフが常時おりますので、一度ご連絡をお待ちしております。

より良い採用サイトを制作することで、優秀な人材採用に繋げることができます。

WordPress制作でお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

WordPress制作の関連記事

WordPressのカスタマイズ開発はどれくらい料金がかかるの?オススメの開発会社3選

WordPressは、オープンソースのため基本的には無料でダウンロードして使用することができます。さまざまなテーマ(デザイン)やプラグインが用意されていますので、それらを使うことで見た目にも素晴らしいデザインに仕上げられ、ま...

これからでも間に合うWordPress制作の基本とオススメの制作会社3選

最近のホームページ制作は、日々の更新性とSEO対策に重きを置いている企業が少なくありません。そこで、CMS機能を取り入れたホームページ制作を行うことが一般化しています。CMS機能に優れているのがWordPressになりますが...

WordPress構築にかかる料金相場

オープンソースで無料サービスであるにも関わらず、多くの企業で採用されているWordPressの導入ですが、WordPress自体は無料ですが、それ以外のところは料金が発生します。 ここでは、WordPress構築におい...

WordPress制作の利点、見積もり依頼まとめ

手軽でコストを抑えつつ、更新性、SEO対策にも優れているということで、企業ホームページやちょっとしたWEBサイトをWordPressで制作するケースが増えています。ここでは、WordPressで際立っている機能のポイントと、...

WordPress(ワードプレス)構築の際の費用相場、見積もり依頼まとめ

1.WordPressとは WordPress(ワードプレス)は、オープンソースのソフトでブログやホームページを作成することができます。ブログを作成するというと、「note」や「アメブロ」「ライブドアブログ」などが有名です...

WordPress制作に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。