BUSINESS TIPSビジネスに役立つ情報がきっと見つかる

  • WEBデザイン・制作
  • HTML・CSSコーディング

コーディング外注の依頼の仕方と発注ポイント

コーディング外注
一括見積依頼案件のご相談発注先探しならリカイゼンへ!

無料で相談する

リカイゼンは、仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ
総合ビジネスマッチングプラットフォームです。
より詳細はこちら

目次

1.コーディングの外注先選定について

WEBサイトを制作する際には、必ず「コーディング」という作業が発生します。コーディング作業とは、デザインされたページをHTML、CSS、Javascript言語を用いてデザイン通りの見た目になるようにコードを記述することを言います。近年では、WEBサイトを制作するにあたり、WordPressなどのCMSを導入することで、HTMLコーディングまでが組み込まれているものもあり、コーディングを意識しなくても良い場合があります。それらはSEOも意識された高機能なつくりになっています。

HTMLコーディングの作業範囲は、テクノロジーの変化とともに広がっていることから、コーディング作業とはいえ、プロに依頼した方が良いでしょう。但し、個人でもプロとしてコーディングを行なっている人もいますから、規模や予算に応じて検討する必要があります。そして、コーディングを対応できる個人も企業もとても増えていて、どこにお願いして良いか分からないという担当者も少なくありません。

コーディングを外注する際、個人にお願いする場合と企業へお願いする場合に考え方が異なります。それぞれのメリット・デメリットをまとめます。

料金相場の傾向

個人と企業を比べた時に、料金が安いのはどちらなのかというと、基本的には個人へお願いした方が安くなる可能性が高いです。どこが違うかというと、個人の場合は単純計算で作業ボリュームに対してかかる作業工数を出す計算になります。一方の企業では、ディレクターが入ることが多いため、単純な作業工数にプラスして基本料金やディレクション費用が加算される可能性が高いのです。高ければ良いものが出来るというわけでもありませんので、料金と納品のクオリティバランスを見て決めるのがよいでしょう。

【WEBコーディングの外注費用相場表】

項目 金額 備考
トップページ 1万円〜 サイト全体のベースとなるページ。テンプレート制作をしようとしています。
下層ページ 8,000円〜 テンプレートを元に下層用に用意された項目を入れて作り込みを行います。
ランディングページ 10,000円〜 SEO対策を意識したページコーディングを行います。上下に長くなる可能性のあるページ構成です。
お問い合わせフォーム 30,000円〜 個人情報やアンケートなどを入力するフォームになります。
SEO対策(内部施策) 相談による コーディング時に当たり前にSEO対策をする場合もあれば、オーダーしないと対応しない場合もあります。後者の方が多いので、あらかじめ調整が必要です。

スキルについて

スキルに関しては、個人でもスキルの高い人は多くいますし、企業だからといって優秀な人たちばかりいるわけで1はありません。ただ、企業の場合は、組織として動いているのである一定の品質は担保された状態で出てくる可能性は高いです。個人でも企業でも、信頼関係を構築して、依頼元も主体性を持って「よいものを作る」という関係性で業務遂行するのが望ましいです。

制作期間

個人の場合は、土日、祝日の概念なくスケジュールを組む人が多いですが、企業は基本的に土日、祝日はお休みなので、制作期間としては個人の方が短い可能性は高いです。また、いわゆる組織的な会議は個人の場合少ないので、レスポンスは早くなる可能性があります。

信頼度

信頼できるのは、企業の方かもしれません。個人レベルでいけば、信頼度に関しては企業でも個人でも変わらないのかもしれませんが、企業は組織で仕事をしているので、もし担当者が風邪など引いたりして会社を休んでも、フォローで入れる人がいるのが企業になります。

2.コーディング外注の依頼する際のポイント

ここでは、コーディングを外注する場合に気をつけるポイントをまとめていきます。

基本料金の有無

企業へお願いする場合は、ほとんどで基本料金を徴収されます。実際のコーディング作業費は、業界的に相場感が出ているので、コーディング項目の金額を大幅にアップさせるのは厳しい状況です。そこで、基本料金という名目で徴収するのが、考えられた一つのマネタイズのように見ています。

ディレクション費用

ディレクションは、社内で進行管理を行い、納品クオリティの管理、トラブルが起きた際の調整、スケジュール管理などを行います。

技術力の有無

作法を考えられたコーディング作業の他、最新のSEO対策を組み込んだコーディング作業がどこまで可能かについてしっかりと確認をする必要があります。

3.コーディングの発注、進行の仕方について

基本的には企業間取引を行なった方が、クオリティ維持といった意味でも企業への外注をお勧めしますが、見積り自体は複数の企業から提案をもらった方が良いでしょう。
外注先を選定するにあたり、確認した方が良いポイントをいくつか説明しておきます。

①技術、正確性

技術力と正確性は、必ず確認した方が良いものになります。不具合なく美しいコードで仕上げられるかは、見る人が見ればわかってしまうことなので、意外に重要ポイントになっています。発注元で、コーディングガイドを作成している企業もありますので、そういったガイドをもとに制作実績のある企業を選ぶことも、クオリティ維持として大切なことです。

②対応範囲

例えば、PCだけではなくスマートフォンでのレシポンシブ対応依頼なども、最近では当たり前のコーディング作業になります。その辺りが対応できない企業であれば、直近でのコーディング作業をあまり行なったことのない可能性がありますので、避けたいところです。

③スピード

速やかにコーディングを行なって、しっかりと確認した上でクオリティの高いコードを納品してくれる企業へお願いしたいところです。
基本的にコーディングは、設計書通りに進められる作業になりますので、SEO対策はしっかりと対応しつつも、スピード感持って仕上げられるフェーズであります。

4.まとめ

コーディングの外注に関するノウハウをまとめてきました。コーディングといっても、最近ではやることが多いので、システムプログラマーと同等か同等以上の知識や経験が必要になってきます。
初めての依頼ですと、なかなかどの企業へお願いして良いかわからないというのは当然のことです。見積り依頼の前に、どのようなサイトでどのようなコーディングスキルを求めているのかをしっかりと制作会社へ伝えることが大事です。

ビジネスマッチング業界では10年以上の実績を持つリカイゼンは、完全無料にて相談を承っています。技術力や対応範囲、スピードなどの評価指標を持って、発注先を選定することは、初めてだととても難しい作業になります。リカイゼンでは、豊富なノウハウで、選定基準をもとに的確なアドバイスをさせていただいています。
相談、見積り依頼、比較、外注先選定まで無料で対応させていただいています。予算が決まっていない段階での相談も承っておりますので、一度ご連絡をお待ちしております。

HTML・CSSコーディングでお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

HTML・CSSコーディングの関連記事

2020年Flashが廃止に! HTML5への移行に備え押さえておきたいポイント

目次 はじめに Flashの廃止について Flashが使われているものとは Flashはなぜ廃止になるのか? Flashの廃止に伴う各ブラウザの対応 何が違うの?「HTML5」 Flashに取って代わる「HTML5」とは 早めに移行するべき3つの理由 まとめ Flash廃止の対応でお困りではありませんか? 一括見積依頼や案件のご相談、発注先探しならリカイゼンへ! 無料で相談する リカイゼンは、仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォームです。 より詳細はこちら はじめに ネット上でWebサイトや動画などを見る際に、「Flashコンテンツは再生できません」等のメッセージが表示され、開けないという経験はないでしょうか。ここでは、以前多く使われていたFlashコンテンツからHTML5への移行についてお伝えいたします。 Flashの廃止について アドビシステムズが2020年Adobe Flashの配布を終了すると発表してからまもなく2年。タイムリミットが近づきつつある中、Flashを目にすることは随分と少なくなりましたが、一部のPCサイトでは今でも使われているのを見かけることもあります Flashが使われているものとは まず「Flash」とは、何か振り返ってみましょう。一言で言えば、「Flash」はホームページに動きをつけることができるメディアのことです。音楽から動画、アニメーションまで、幅広く利用されるようになり、動きのなかったインターネット上のコンテンツに大きな変化をもたらして、一時代を築き上げました。 Flashはなぜ廃止になるのか? 新しい技術の台頭はもちろんですが、Flashが廃止される理由として大きく2つ挙げることができます。 1.脆弱なセキュリティ Flashコンテンツを再生するには、「Flash Player」というプラグインが必要になりますが、このFlash Playerのセキュリティの甘さが指摘され、問題視されるようになりました。その脆弱性に漬け込み、機密情報が漏洩されたり、ウイルスへの感染や、データの書き換えがされたりという事例も報告されるようになりました。 2.スマートフォンの普及 Flashは、スマートフォンでのWEB閲覧には不向きなため、スマートフォンの急速な普及に伴い、Flash離れも進みました。随分前には、Flashがモバイル化に対応することを求める声も多くありましたが、アドビシステムズでは実現しないままFlash廃止を決断するに至りました。 Flashの廃止に伴う各ブラウザの対応 Chrome 現在:Flashを使用しているサイトでは、ブラウザの起動ごとに実行を指定する必要がある。 2019年7月:基本的にFlashを無効化。設定を有効にすることもできるが、ブラウザを起動するごとに毎度実行を指定する必要がある。 2020年12月:Flash機能削除。 InternetExplorer 現在:セッションごとにFlashを実行するかどうかユーザーに求める 。 2019年:基本的にFlash無効化。設定を有効にする場合、サイトごとにFlash実行の許可をユーザーに求める。 2020年: Flash機能を削除。 Safari 他社と比べ、基本的にサポートはしていない。ただ、現状ではユーザー自身がFlash PlayerをインストールすればMacにおいてもFlash Playerを利用できるが、通常、SafariはFlash Playerの動作を無効化している。有効化するには設定を変更する必要がある。 何が違うの?「HTML5」 Flashに取って代わる「HTML5」とは 2020年には完全に終了するFlashに代わる技術として、注目されているのは「HTML5」です。早くもFlashからの卒業に取り組んでいるブラウザ各社では、FlashからHTML5で動画再生を行う仕組みに切り替えており、YoutubeやFacebooなどもHTML5のVideoタグに移行している影響から、WEB業界全体で、FlashからHTML5への移行が進んでいるのが現状です。 早めに移行するべき3つの理由 Flash廃止の要因でも述べましたが、セキュリティの脆弱性はもとより、Flashはモバイル対応していないため、モバイルでの閲覧が多いサイトでは特に、早めの対応が必要です。検索順位を上げるためにも、「モバイルフレンドリー」は必須であり、強豪ひしめくWEB業界の中で、後れを取ることは間違いありません。さらに早めにHTML5への移行をおすすめするには3つの理由があります。 1,表現の多様性 HTML4以前では難しかった高度な機能を実現するためのAPIがHTML5に追加されました。これにより、単にHTML文書を作成することに留まらず、さらに高度な機能を持ったWEBアプリケーションを標準的に構築することが可能になります。また、Flashを使用していた動画や音声データの再生については、画像を取り扱うようなイメージで動画や音声をHTML上で簡単に扱うことができるようになります。 2,効率的なマークアップ HTML4では、適切なタグが無い場合は、一律で同じタグを使用していましたが、HTML5では、文書構造を表す新しいタグが追加され、ブラウザや検索エンジンなどで、より明確に文書の構造を伝えられるようになるため、検索エンジンとの親和性が高くなります。 3,互換性 一方のブラウザでは正常に動作するが、他方では動作しないというWEBプログラムが散見されますが、HTML5はこれらの問題を解決するため、既存ブラウザが備えている機能に標準準拠しているため、WEBブラウザを選ばず、実装・管理がしやすくなります。 HTML4以前で表現出来なかった位置情報の取得などが容易にできるようになり動画や音声・グラフィックの描写の表現がより豊かになりました。スマホでのHTML5率は凄まじいためHTML5に切り替え準備はいち早く進めるべきと言えるでしょう。 まとめ 2020年のFlash配布廃止が大きなデッドラインとなりますが、いち早くHTML5への移行を進めることが自社サイトにとって、どれほど有益であるかはご理解いただけたと思います。 しかしながら、それにはどれぐらい予算がかかるものなのか、誰にお願いしたらよいのかも分からないという管理者の方も多いと思います。そんなときは、「自社サイトのHTML5移行」というワードで、リカイゼンにご相談ください。利用料は完全無料!実績のある複数の企業に一括で見積依頼が可能です。HTML5への移行にあわせて、WEBサイトのリニューアルなども検討中ということであれば、合わせて気軽に案件相談をしていただければ、よりよい提案を集めるお手伝いを致します。

コーディング外注の依頼の仕方と発注ポイント

コーディング外注の一括見積依頼や案件のご相談、発注先探しならリカイゼンへ! 無料で相談する リカイゼンは、仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォームです。 より詳細はこちら 目次 1.コーディングの外注先選定について 料金相場の傾向 スキルについて 制作期間 信頼度 2.コーディング外注の依頼する際のポイント 基本料金の有無 ディレクション費用 技術力の有無 3.コーディングの発注、進行の仕方について 技術、正確性 対応範囲 スピード 4.まとめ 1.コーディングの外注先選定について WEBサイトを制作する際には、必ず「コーディング」という作業が発生します。コーディング作業とは、デザインされたページをHTML、CSS、Javascript言語を用いてデザイン通りの見た目になるようにコードを記述することを言います。近年では、WEBサイトを制作するにあたり、WordPressなどのCMSを導入することで、HTMLコーディングまでが組み込まれているものもあり、コーディングを意識しなくても良い場合があります。それらはSEOも意識された高機能なつくりになっています。 HTMLコーディングの作業範囲は、テクノロジーの変化とともに広がっていることから、コーディング作業とはいえ、プロに依頼した方が良いでしょう。但し、個人でもプロとしてコーディングを行なっている人もいますから、規模や予算に応じて検討する必要があります。そして、コーディングを対応できる個人も企業もとても増えていて、どこにお願いして良いか分からないという担当者も少なくありません。 コーディングを外注する際、個人にお願いする場合と企業へお願いする場合に考え方が異なります。それぞれのメリット・デメリットをまとめます。 料金相場の傾向 個人と企業を比べた時に、料金が安いのはどちらなのかというと、基本的には個人へお願いした方が安くなる可能性が高いです。どこが違うかというと、個人の場合は単純計算で作業ボリュームに対してかかる作業工数を出す計算になります。一方の企業では、ディレクターが入ることが多いため、単純な作業工数にプラスして基本料金やディレクション費用が加算される可能性が高いのです。高ければ良いものが出来るというわけでもありませんので、料金と納品のクオリティバランスを見て決めるのがよいでしょう。 【WEBコーディングの外注費用相場表】 項目 金額 備考 トップページ 1万円〜 サイト全体のベースとなるページ。テンプレート制作をしようとしています。 下層ページ 8,000円〜 テンプレートを元に下層用に用意された項目を入れて作り込みを行います。 ランディングページ 10,000円〜 SEO対策を意識したページコーディングを行います。上下に長くなる可能性のあるページ構成です。 お問い合わせフォーム 30,000円〜 個人情報やアンケートなどを入力するフォームになります。 SEO対策(内部施策) 相談による コーディング時に当たり前にSEO対策をする場合もあれば、オーダーしないと対応しない場合もあります。後者の方が多いので、あらかじめ調整が必要です。 スキルについて スキルに関しては、個人でもスキルの高い人は多くいますし、企業だからといって優秀な人たちばかりいるわけで1はありません。ただ、企業の場合は、組織として動いているのである一定の品質は担保された状態で出てくる可能性は高いです。個人でも企業でも、信頼関係を構築して、依頼元も主体性を持って「よいものを作る」という関係性で業務遂行するのが望ましいです。 制作期間 個人の場合は、土日、祝日の概念なくスケジュールを組む人が多いですが、企業は基本的に土日、祝日はお休みなので、制作期間としては個人の方が短い可能性は高いです。また、いわゆる組織的な会議は個人の場合少ないので、レスポンスは早くなる可能性があります。 信頼度 信頼できるのは、企業の方かもしれません。個人レベルでいけば、信頼度に関しては企業でも個人でも変わらないのかもしれませんが、企業は組織で仕事をしているので、もし担当者が風邪など引いたりして会社を休んでも、フォローで入れる人がいるのが企業になります。 2.コーディング外注の依頼する際のポイント ここでは、コーディングを外注する場合に気をつけるポイントをまとめていきます。 基本料金の有無 企業へお願いする場合は、ほとんどで基本料金を徴収されます。実際のコーディング作業費は、業界的に相場感が出ているので、コーディング項目の金額を大幅にアップさせるのは厳しい状況です。そこで、基本料金という名目で徴収するのが、考えられた一つのマネタイズのように見ています。 ディレクション費用 ディレクションは、社内で進行管理を行い、納品クオリティの管理、トラブルが起きた際の調整、スケジュール管理などを行います。 技術力の有無 作法を考えられたコーディング作業の他、最新のSEO対策を組み込んだコーディング作業がどこまで可能かについてしっかりと確認をする必要があります。 3.コーディングの発注、進行の仕方について 基本的には企業間取引を行なった方が、クオリティ維持といった意味でも企業への外注をお勧めしますが、見積り自体は複数の企業から提案をもらった方が良いでしょう。 外注先を選定するにあたり、確認した方が良いポイントをいくつか説明しておきます。 ①技術、正確性 技術力と正確性は、必ず確認した方が良いものになります。不具合なく美しいコードで仕上げられるかは、見る人が見ればわかってしまうことなので、意外に重要ポイントになっています。発注元で、コーディングガイドを作成している企業もありますので、そういったガイドをもとに制作実績のある企業を選ぶことも、クオリティ維持として大切なことです。 ②対応範囲 例えば、PCだけではなくスマートフォンでのレシポンシブ対応依頼なども、最近では当たり前のコーディング作業になります。その辺りが対応できない企業であれば、直近でのコーディング作業をあまり行なったことのない可能性がありますので、避けたいところです。 ③スピード 速やかにコーディングを行なって、しっかりと確認した上でクオリティの高いコードを納品してくれる企業へお願いしたいところです。 基本的にコーディングは、設計書通りに進められる作業になりますので、SEO対策はしっかりと対応しつつも、スピード感持って仕上げられるフェーズであります。 4.まとめ コーディングの外注に関するノウハウをまとめてきました。コーディングといっても、最近ではやることが多いので、システムプログラマーと同等か同等以上の知識や経験が必要になってきます。 初めての依頼ですと、なかなかどの企業へお願いして良いかわからないというのは当然のことです。見積り依頼の前に、どのようなサイトでどのようなコーディングスキルを求めているのかをしっかりと制作会社へ伝えることが大事です。 ビジネスマッチング業界では10年以上の実績を持つリカイゼンは、完全無料にて相談を承っています。技術力や対応範囲、スピードなどの評価指標を持って、発注先を選定することは、初めてだととても難しい作業になります。リカイゼンでは、豊富なノウハウで、選定基準をもとに的確なアドバイスをさせていただいています。 相談、見積り依頼、比較、外注先選定まで無料で対応させていただいています。予算が決まっていない段階での相談も承っておりますので、一度ご連絡をお待ちしております。

ホームページを外注する際に知っておきたい3つの要素

ホームページを制作する際によくあるのが制作会社の言っている事が専門的になりすぎていて発注側がそれを理解ができてないままに作業が進んでしまうことです。そこで今回はホームページを依頼する際に抑えておきたい基礎的なWebサイトの制作知識について書きます。 HTMLとはHTMLはハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージの略称です。Webサイトを作成する際のプログラミング言語になります。殆どのWebサイトがHTMLの記述によって作成されています。ハイパーテキストとはハイパーリンク(クリックすると遷移するあのリンク)をつけるテキストです。Webサイトはこのリンクを関連付けて構成されています。マークアップとはサイト内にある見出しや段落などサイトの文章構成上の各部分の要素のことを意味します。 CSSとはCSSはカスケーディング・スタイル・シート略称です。Webサイト内の装飾や見栄えなど定義する言語になります。簡単に例えるとHTMLがWebサイト構造を定義する言語に対してCSSはその装飾(色やサイズやレイアウト)などを定義する役目をはたします。基本的にHTMLとCSSはセットで使われる事になります。 javaScriptとはHMLで構成してCSSで装飾したWebサイトに動きをつけるのがjavaScriptです。例えば、Webサイト上で最下位から最上位に一気に戻ったり、写真をスライドさせたり、サイドバーをだしたりなどは全てjavaScript がプログラミングされています。 まとめホームページを外注する際には上記のようなWebの基礎知識があるのと無いのでは、制作会社とのコミュニケーションの質が全く違います。共通認識をもって仕事をする意味でも、面倒くさがらず勉強してみください。また、分からないときは制作会社に恥ずかしがらずに素直に聞いてみると丁寧に応対して頂けると思いますので、ちゃんと向き合う事が大事です。

2017年webデザイントレンド

アップルを始めとしたフラットデザインのトレンド、2012年から来ているパララックスデザインの波、webについて流行を追った記事は多数あります。 誰かが誰かのwebデザインを参考にして、流行が生まれるケースもあるがネット社会と言われる昨今ではどのサイトが先に真似をしたかどうかは見えなくなってきています。 ストーリー性 Webサイトはもはや、単なる情報を伝達するだけのものではなく、情報にストーリーを持たせて相手に伝えたい情報に対して印象付ける、色付けすることが当たり前になってきています。例えば動画を用いたサイトの作り等がその一例です。 インフォグラフィックスをより取り入れる 上記のストーリーテリングにも大きく関わってきますが、動画ではなく、一見分かりにくい数値感や統計データをインフォグラフィックスを用いた動画で公開して、情報を得ることに対して楽しんでもらう仕掛けが入っています。 CSS3を用いたグラデーションの復活 CSSの登場で、一時期グラデーションを用いたサイトが流行しましたが、CSS3が公開されたことによりグラデーションを用いたサイトの流行が復活してきています。今後も、しばらく写真は文字を取り入れたグラデーションを用いたデザイントレンドが続くと言われています。 2017年のwebデザイントレンドを一部紹介しましたが、サイト閲覧者側のターゲットによっても大きく変わってきます。自社メディアのサイトをリニューアルする際にも一番伝えたいことは何かを情報整理することが非常に重要なのではないかと思います。

HTMLコーディングの代行・外注する際の費用【大阪編】

急に案件が増えて社内で案件が回せなくなった!パートナー企業も手一杯... せっかくWEBサイト制作の相談が入ったのに、断らずを得なかった経験をされた制作会社の方もいるでしょう。 デザインは社内でできるけど、コーディングの対応ができるスタッフのスケジュールが埋まっていて、外注先を新たに探そうとしても、時間がないことはありませんか? そんなときに柔軟な対応や高いクオリティーのHTMLコーディングだけを依頼したり、場合によっては、デザインから対応することもお願いできる外注先を探しましょう。 コーディングの外注を依頼する際のおよその金額ですが、以下の金額となります。 ・基本料金(ブラウザ検証等含む):¥20,000~ ・TOPページコーディング:¥10,000~ ・下層ページコーディング:¥8,000~ この他に、レスポンシブ対応やワードプレスの導入など、内容ボリュームにより、変動します。 関東に営業所がある関西のWEB制作会社もいるので、エリアを問わず一度案件の相談をしてみてはいかがでしょうか。ネクスゲートの一括無料相談サービスであればご希望の外注先を見つけれるでしょう。

HTML・CSSコーディングに関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。