BUSINESS TIPSビジネスに役立つ情報がきっと見つかる

  • WEBデザイン・制作
  • ホームページ制作

HP(ホームページ)制作依頼の費用相場、見積り依頼まとめ

ホームページ制作を外注するにあたり、数社へ見積り比較も兼ねて見積り依頼をすると、様々な見積り金額が挙がってきて比較しにくく、結果的にどの会社にお願いするかを検討しにくかったという経験はないでしょうか。イメージしているホームページの見積り相場が大体わかることで、無駄なコストを省け、効率的に見積り取得が出来るようになります。
そこで、ホームページ制作における適正な費用相場と、ホームページ制作の見積り依頼、比較について説明します。

1. HP制作依頼の費用相場

ホームページ制作は、20〜30万円くらいからが最近の相場感と言われています。もちろん、デザインへのこだわりや、機能の盛り込み度合いによって金額は異なります。
例えば、テンプレートデザインを活用して制作を進める場合は、10万円前後以内が相場です。オリジナルデザインで制作する場合は、20〜100万円ほどの相場ですが、金額に幅があるのはデザインや機能面でどこまでこだわるかによります。更に、CMSなどを構築して更新自由度の高いホームページを制作する場合は、100万円以上かかってくる相場になります。

2. HP制作の費用相場を左右させるポイントと制作する目的

では、なぜホームページ制作の中でこのような費用の開きの幅が出てくるのでしょうか。ポイントをまとめて紹介します。

ホームページ制作を行う目的

ホームページの制作は、その目的によって費用相場は異なってきます。例えば、企業が会社を紹介するためにホームページを設ける場合、名刺交換先や会社名で検索された際に表示される会社の顔となるページにすることが必要となります。これは、キーワード検索というよりも会社名で検索される方が多いわけなので、SEO対策に関して最低限必要なことを盛り込めば良く、そこに費用を投下する必要はさほどありません。更に、データの入出力が必要な複雑な機能も必要としません。しかし、会社の顔としてのホームページは、デザイン性は重視した方が良いでしょう。例えばデザインテンプレートを利用した場合は10万円以内くらいが相場、オリジナルデザインにこだわって制作する場合は、30万〜100万円くらいが相場になります。

一方、集客用のホームページを制作する場合、お問い合わせや会員登録、売上などを取っていくための作り込みになります。検索サイトから、あらゆるキーワードで遷移されてくることも考えられますので、SEO対策を行うことは必須です。これは、デザイン重視の考え方とは異なり、サイトを訪れるユーザ導線を考えながらデザインを作り込む必要があります。ユーザービリティを意識した作りを考えると、相場は20万円〜かかってくると見ておく必要があります。制作会社の中でも、WEBマーケティングの分野に強くSEO対策をどのように行うべきかしっかりと提案してくれる会社を選んだ方が良いのです。

そのほかでは、最近増えているサイトとしてネットショップ等の通信販売用ホームページになります。ネットショップは開設するにあたり、カート機能や決済機能を搭載する必要があります。とても費用がかかりそうなものですが、既にそれらの機能は搭載されていて月額費用の支払い契約でネットショップを開設できるというものもあります。このようなサービスを使うことで、月額数千〜数万円くらいの相場で利用することができます。但し、0からオリジナルでネットショップを構築しようとすると、最低でも200万円〜が相場になってきます。

目指しているホームページの仕様(デザイン、機能)

ホームページ制作の目的が見えると、そこに向けたデザインや機能をどのようにするかというのが議題になります。デザインも機能もこだわればこだわるほどに費用はかかってくるのは当然です。
デザインにこだわり完全オリジナルで制作する場合は、20〜100万円以上になってきます。どこまでこだわるかによって金額が上下します。

誰でも運用ができるようにするためにCMSを導入する場合、WordPressなどのCMSテンプレートを利用して制作することで、費用を抑えることができます。テンプレートを特にカスタマイズせず利用すれば、デザイン費としては数万円の相場で仕上げることができます。テンプレートを使いつつもデザインをこだわりたい場合は、CMSをカスタマイズするという方法もあり、この場合は20〜30万円が相場になります。

ホームページ制作の外注先選定

ホームページ制作において、費用が左右される理由として、どのような会社へ制作を依頼するか?によります。これは、会社の規模感や業態によって異なります。

制作会社に頼んだ場合

制作会社でも規模によって変わってきます。中小規模の制作会社であれば小回りがきいて融通が利きやすく、費用も抑えることができます。おおよそ30〜100万円以内くらいが相場になります。
一方、大規模な制作会社へ依頼する場合、一つの案件に対してしっかりとした体制を作って動くため、中小の制作会社に比べて割高になります。100万円〜かかってくる相場と見ておいて良さそうです

代理店に頼んだ場合

社内に制作スタッフがいない会社や、また代理店などに依頼する場合、マージンを取られる可能性があり、通常の制作費に対して10〜30%の管理費というような名目で見積書に記載されている場合があります。発注元から見た際に、制作チームが遠いので要望がうまく汲み取られているかなどの懸念は残ります。ただ、この制作体制に慣れている場合、代理店が色々と動いてくれるので自分の業務に集中できるというようなメリットもあります。

フリーランスに頼んだ場合

規模的に小規模での制作の場合、クラウドソーシングなどを使ってフリーランスへ依頼することも考えられます。費用相場は中でも一番安く抑えることができ、数万円から受けてもらえるフリーランスもいます。特にこだわりがなく簡易的なホームページや、とりあえずコストを抑えなければいけない場合などは手軽に依頼できることはメリットとしてあります。

3. ホームページ制作の見積り依頼

このように、イメージするホームページによって、制作の費用相場に幅が出てしまいます。もし、見積り依頼を行う場合は、比較する際にあまり見積り金額にバラつきを持たせたくないという考えがあれば、依頼する制作会社の規模感を合わせるなどすると、大きなバラつきがなく各社より見積書を取得することができます。 逆に、規模感が違う制作会社へあえて依頼を行い、規模が違うことでどれくらい金額が異なってくるのか、またそれに伴う業務内容がどのように違うかなども比較することができます。

ホームページを制作する目的、デザインや機能の要望などがまとめられたら、それらをもとに制作会社へ見積り依頼をお願いするというのが良いでしょう。また、1社に限らず複数社の制作会社へ依頼することをオススメしています。1社のみですと、見積り比較ができませんので、その会社が良い悪いの判断がつきづらいからです。

4. まとめ

ホームページ制作依頼に関する費用相場と、相場のバラつきについての理由を説明してきました。何れにしても、自社でイメージしているホームページの規模や内容によって依頼するにあたり、妥当な規模感の制作会社があります。ニーズに合った制作会社を見つけ出すのは難しい部分もありますが、BtoBに特化した受託型のビジネスマッチングサービスを使うというのも一つの手法です。

ホームページ制作でお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

ホームページ制作の関連記事

OOHって?昔はただの看板。今は見ている人を見られるメディア。

OOH(Out of home:アウト・オブ・ホーム)というのはOOH広告、OOHメディア。 直訳すると「家の外」という意味になり、「家の外にある広告」の総称。 このアウト・オブ・ホームメディアには、建設中のビルの仮囲い、街頭イベント、そこで配布されるサンプリング、ビジョン、ラッピングカー、屋外広告などが該当します。 それだけだと、昔からある立て看板やチンドン屋と変わらないと思いがちですが。 今は集まる人、一人ひとりがtwitter、インスタグラムなどでシェアするメディア的な価値を持っていることを考え、口コミによる拡散の効果を狙っているプロモーションが増えています。 さらには、デジタルサイネージやプロジェクションマッピングなどびっくりするような空間などは、なおさら効果的に発信ネタになるのでと断然有効。 田舎の畑などでミステリーサークルのようなものを作った記事を見ました。面白いと思いましたが、これって、お笑い芸人が受けを狙うのに近いなと、思いました。気づいてもらえれば、すごい拡散力があるけれど、狙ってやってもスベっている企画もいっぱいあるのかもしれません。 みんなが知っているもの、人が集まる場所などなら効果的だと思いますが。 しかし、最終的にスベらない方法があります。 みなさんご存知。ウケるまでスベり続けるですね。

2020年、意匠法改正で変革が起きるWEBデザイン業界

WEBサイトづくりの中で、見渡せば同じようなデザインと構成のWEBサイトだらけ。ということはこれまでに1度はあるのではないでしょうか。2020年に向けて、WEBサイトのデザインを保護するための意匠法改正が決まりました。 では、そもそも意匠法とは何か、似たところで著作権とは何か、意匠法と著作権は何が違うのかなど、今のうちに知っておいたほうが良いことについて解説します。 1. 意匠法とは? そもそも意匠法とは何かから解説します。 意匠法は、意匠(デザイン)の登録、権利内容、保護を定めた法律です。1959年に制定されました。消費者が商品購入をする際の重要ポイントにするのが、デザインや形、色などです。2006年の法改正では、それまでの権利期間が15年から20年間へ延長されました。 意匠法は侵害に弱い面があり、侵害に対して不正競争防止法(同業者間の不正な競争を防止するための法律)による差し止めを行う例が多いです。 現行の9つの意匠審査要件 ①工業上利用性 公表上利用することができる意匠である ②新規性 新規性を有する意匠である ③創作非容易性 すでに知られた形状や模様、色彩ではない ④先願意匠の一部と同一、類似の意匠でないこと 先願の意匠の一部をそのままで後願意匠として登録出願されても、意匠登録は受けない ⑤公序良俗違反でないもの 人の道徳観を不当に刺激するもの、羞恥、嫌悪の年を起こさせるものは意匠登録を受けない ⑥誤認惹起に相当しないこと 他人の業務に係る物品と混同するものは意匠登録を受けない ⑦機能確保のための形状でないこと 機能確保に不可欠な形状のみでできているものは意匠登録を受けない ⑧最先の出願であること 同一、もしくは類似の意匠に関して、二人以上の者が出願した際は、先に出した者のみ意匠登録を受ける ⑨一つの意匠につき一つの出願とする 複数の意匠をまとめて一つの出願とすることはできない 2. 意匠法改正のポイント 2019年3月1日に、「特許法等の一部を改正する法律案」が閣議決定され、4月16日に衆議院で可決、5月10日に参議院で可決されたことで、意匠法が大きく変わることになりました。 デジタル革命によって業種の垣根は崩れオープンイノベーションを進める中、大企業だけではなく中小、ベンチャー、スタートアップ企業が優れた技術を生かして飛躍するチャンスが拡大しています。そしてそれとともに、より良いユーザビリティが競争力の源泉になっています。このような流れの中で懸念されてきたのが、デジタル技術を活用したデザイン保護や、ブランド構築のための意匠制度などです。 もう少し深く現行の意匠法についてのデザイン定義を説明すると、意匠とされるものは「製品デザイン」と定義されていて、例えば自動車や携帯電話、ペットボトルのデザインなど、製品として存在していることが前提になっています。この意匠法では、WEBデザインは意匠法保護の対象外です。しかし、日本以外の諸外国では日本ほどの「製品存在ありき」のような厳格に求める国は少ないそうです。 そこで、今回の意匠法改正の大きなポイントとして、「WEBデザイン」が認められることになりました。意匠法にWEBデザインが加えられることで、これまでのコンテンツごとの著作権保護で間接的にWEBデザインを保護していたことに比べて、WEBで表示される画面デザインそのものに独占権である意匠権が認められることになります。 次に、意匠権として保護を得られるようにするための解説です。 意匠権は、出願前に公開されているものは意匠権登録が認められません。意匠権は早い者勝ちなところがありますので、どこよりも早く出すに尽きるのです。そして、意匠権の審査は現状では、半年から1年ほどかかってきます。 WEBデザインが意匠法に加わってくることで、意匠出願が完了してからWEB公開というスケジュールへ変わる必要が出てきます。その辺りを巡ってWEB業界としては大きな変化が起きそうです。 3. 意匠権と著作権の違い ここでは、意匠権と著作権の違いについて説明しておきます。 意匠権にも著作権にも「保護対象」と言うものがあります。著作権保護は、「作品としてみて楽しむ(鑑賞する)ようなもの」になります。一方の意匠権保護は、デザインは置いておいて「それが持つ機能を利用するためのもの」になります。 具体例で説明すると、鑑賞用の「絵画」に関しては、一般的には部屋のどこかに飾って鑑賞するために楽しむものとして購入します。こういった絵画は著作権で保護を受けるのです。 一方、日本人が食事に使う「箸」に対してオリジナル性あるデザインが施されていたとします。この場合、どんなに素敵なデザインが施されていたとしても、箸の購入者は鑑賞としてではなく食事で使うために購入するのが一般的です。従って、「食事をするための箸」は機能を利用するために購入すると言えます。これは意匠権保護を受けます。 意匠権、著作権のそれぞれで保護されるデザインの対象キーワードをいくつか紹介しておきます。 意匠権 実用品、産業、工業デザイン、インダストリアルデザイン、便利、機能を使う 著作権 美術作品、文化、カルチャー、飾る、鑑賞して楽しむ また、意匠権と著作権の権利内容を比較すると、2つの権利はその内容が大きく違うことがわかります。なかでも、著作権は作品を創作するだけで権利が発生します。しかし意匠権は特許庁に意匠出願し、意匠登録を受けないと何の権利も発生しません。意匠登録は、出願から約半年から1年かかると言われています。 上記の内容から、先に説明した観賞用としての「絵画」を、実用性のある箸にデザインとして描いた場合、意匠権としての登録が可能でしょうか?この場合、著作物から容易に創作できた意匠として、意匠登録できない可能性があります。そこで、絵画をイラストなりキャラクターなりで著作権として確定させて、そのキャラクター取り入れた箸(実用品)として著作権での保護が受けられるのです。 4. 意匠登録の手続き 意匠登録を受けるためには、出願書に図面を添付し特許庁長官に提出する必要があります。願書を提出後、それらが所定の書式を満たしているかが審査されます。特許出願と違う所として、意匠登録に関しては、出願審査請求の手続きは不要で、全願書が審査されます。 その後、拒絶理由がないかどうかが審査され、拒絶理由がないときは「意匠登録をすべき旨の査定」がなされます。登録査定後に、所定期間内に登録料を納付することで意匠権は設定登録されます。 5. まとめ 今回は、意匠法改正について解説してきました。同時に著作権と何が違うのか?についても説明していますが、いかがでしたでしょうか。著作権と意匠権では、大きく異なることも多いです。そして、意匠登録の手続きに関しても、意匠法の審査基準を満たす必要があることと、現行の特許申請の手順とも異なりますので、事前に弁理士等へ相談してスムーズに進められるように準備をしておく必要があります。WEB業界の各社が、この対応に目を付ける日が間も無くやってくるでしょう。

自動車内装部品メーカーのサイト制作

・サイト企画/構成 ・サイト全体のクリエイティブの管理および各ページデザイン制作 ・コーディングおよびサイト構築および公開作業   以上担当しました。

WEBサイトのモバイル対応のやり方と注意するポイント

パソコンで閲覧できるWEBサイトを、モバイル版へ対応することは一般化しています。ただ、パソコンとモバイルでは、画面の大きさそのものが違いますので、パソコンで上手く閲覧できていてもモバイル版では見えづらいサイトになってしまうことは当然です。そこで、ここではWEBサイトのモバイル版対応において、スムーズな対応の仕方と注意するべきポイントについて解説いたします。 1. WEBサイトのモバイル対応は必須 スマートフォン、タブレットなどのモバイル端末の普及によって、WEBサイトを閲覧する環境が激変しました。それまでのパソコンでインターネットをするというスタイルから、モバイル端末へ移行しているのです。 20〜30代の若者におけるスマートフォン普及率は90%を超えていることからも、WEBサイトづくりをする上でモバイル版対応を考慮する必要性が高いのです。 参照:http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h29/html/nc111110.html 検索サイトの大手Googleでは、モバイル端末を使って検索された際、「モバイル端末に対応しているWEBページ」が優先的に表示される仕様になっています。これが、2015年にGoogleが発表した「モバイルフレンドー」になります。モバイル対策ができていないサイトは、モバイルで検索された際に上位表示がされにくくなっています。 さらに2016年にGoogleが発表した「モバイルファーストインデックス」というのがあります。検索サイトでは、ページ内容と検索キーワードとの関連度を判断し、検索結果を表示します。それまでは、パソコンで閲覧した時の内容が使われていましたが、モバイル端末で閲覧した時の内容へ変える方針になります。 モバイル対策ができたいないサイトが、何かすぐに悪影響があるわけでは無いのですが、モバイルファーストインデックスの適用は、日本でも浸透しています。 競合サイトなどがモバイル対策を終えている場合は、自社サイトの順位が相対的に下がる可能性があります。 もし、検索サイトからユーザを誘導しようと考えている場合は、WEBサイトのモバイル対応は必須のものとなります。これまでのパソコンサイトと同様の知識を持って対応することが大事です。 2. WEBサイトのモバイル対応の方法 モバイル版対応をする場合、その方法は大きく分けて2つあります。その方法を解説します。 レスポンシブを採用したモバイル版対応 レスポンシブは、パソコンでもモバイルでも関係なく1つのHTMLで構成し、デバイスごとにCSS(情報の大きさや位置など表示指定)で切り替えて表示を変える方法です。 最近では、このレスポンシブを用いる手法が浸透しており、メリットとしては同じコンテンツを複数ページへ展開する必要がないのでウエブサイト管理が煩雑になりません。また、端末ごとにURLを分ける必要もないので案内も楽です。また、URLが一つなのでWEBサイトを閲覧するユーザーにシェアされやすくなります。そして、検索結果の上位に表示されやすくなるモバイルフレンドリー、スマホ用のページ順位の決め手となるモバイルファーストインデックスに対応ができます。 一方で、デメリットもあります。HTMLが1つなのでパソコンとモバイルで同じデータを読み込むことになります。そのため、スマホで表示しないデータも読み込むため、表示完了までの時間がどうしてもかかってしまいます。 デザイン面に関しては、基本的にHTMLが1つなので、パソコンとモバイルで大幅に見え方を変えるようなデザインを組み込むことは難しいです。あとは、デバイスごとのデザイン制作後、それに合わせて一つにするコーディングを行うので、複雑なことによる制作工数がかかります。 モバイル端末専用サイトを別途制作したモバイル対応 パソコン版とは別にモバイル専用のページを作る方法があります。これは、すでにパソコン版のWEBサイトがあるものの、レスポンシブ化でモバイル版を組み込むのが困難な場合に用いる手法です。 モバイル専用サイトのメリットは、パソコンサイトに影響することなくモバイル版サイトを制作できることです。管理自体も別々に行うことになりますので、パソコンとモバイルで見せるコンテンツが違う場合などは、有効的に手法です。 一方のデメリットは、パソコンとモバイルではURLが異なることにあります。URLがことなると、アクセスが分散します。SEO効果が薄まることと、SNSシェアに弱くなります。 また、パソコンとモバイルで同一コンテンツが多い場合、一方を修正するともう一方も忘れずに修正する必要が出てきますので、管理が煩雑になってしまうことは否めません。 それぞれにメリット、デメリットありますので、自社のサイトポリシーに合わせてどちらで対応するのが良いか見当が必要です。 3. モバイル対応をする上での注意するポイント ここでは、WEBサイトをモバイル版へ対応する際に、知っておきたいポイントや注意するポイントなどを紹介します。 ✔︎縦方向に長すぎないようにする パソコンで表示していたWEBサイトを、モバイル版に対応するととても縦長なページになり、いくらスクロールしても最終にたどり着かないということが起こりがちです。それでは、せっかくのモバイル版対応も台無しになってしまいます。 パソコン画面とモバイル画面では、大きさが明らかに違いますので、コンテンツ量が多いページだと、モバイルでは長すぎてしまいどこまで読んだのかなど現在地がわからなくなってしまいます。途中で離脱されないためにも、情報量の整理、配置、ページ遷移を含めてパソコン以上に気を使うべきポイントは多いです。 ✔︎動画やアニメーションサイズに注意する パソコンで表示している自動再生の動画やアニメーションの使用は、モバイルサイトでは通信環境の制限などで読み込みに時間がかかり処理が遅くなる可能性があります。 パソコンとモバイル版では、表示を切り替えるなどの対応が必要です。 ✔︎文字サイズの選び方 パソコンとモバイルサイトでは、表示フォントサイズの見え方も異なってきます。モバイル版では、パソコンよりも狭い画面の中で、読み進めやすい文字フォントにする必要があります。 ✔︎シンプルなレイアウト パソコンで表示するWEBサイトでは、段落を作りサイドバーを設けるなどで横方向にも広がるレイアウトが多いです。ただ、モバイル版に関しては画面が小さいこともあり縦移動は得意でも横移動は操作が面倒です。 そこで、段落を使わずシンプルなレイアウトにすることで、モバイル版でも閲覧しやすくなります。 ✔︎指で操作しやすいインターフェース モバイル版では、画面を指1本で操作することがほとんどです。モバイル版では、クリックを「タップ」という言い方になります。また、画面をめくる操作を「スワイプ」といいます。タップやスワイプの操作をスムーズにできるようにすることで、ユーザビリティを高めることができます。 ✔︎ポップアップは使えない パソコンでは、ポップアップウインドウを表示することは容易ですが、モバイル版にはウインドウという概念が無いので、小窓を開くのはできません。別ウインドウを作ったとしても、パソコンのように正常に動作するとは限りません。ポップアップウインドウのような仕様を入れたい場合は、モーダルウインドウに見えるようなテクニックを使う方法があります。 4. まとめ 今回は、モバイル版サイトの対応について基本として知っておいたほうが良いポイントを解説してきましたが、いかがでしょうか。今は、モバイル版を持っていることは当たり前になっていますので、まだ対応していない、これからWEBサイトづくりを行うなどの場合は、モバイル版も含めて制作を検討することをオススメします。

ホームページ制作で必要な3つのポイントとオススメの制作会社2選

ホームページの制作をする場合、外部の制作会社へ依頼する方法と社内にWEB制作担当を抱えている場合は社内で行う方法の2つがあります。ただ、外注だったとしても内製だったとしても、基本的なホームページ制作のやり方は変わりませんので、依頼元であるホームページ担当として知っておくと良い3つのポイントについて解説します。また、実現するための制作会社オススメ2社を合わせて紹介します。 1. ホームページ制作で必要な3つのポイント ここでは、企業系が提供するホームページ制作を想定して、それに必要な3つのポイントを紹介します。 ① ホームページのコンセプト まず、はじめにやることは「どのようなホームページを作るか?」というのを決めることで、それは「コンセプト」を決めるということになります。 では、具体的にコンセプトはどのように決めるのが良いのでしょうか。下記を参考にしてください。 ✔︎ホームページの種類を知り、明確化 一言でホームページと言っても、いくつか種類があります。企業系であれば、コーポレートサイトを始め、商品やサービスに特化したプロモーションサイト、またオンラインショッピングサイトなどです。今回、制作しようとしているホームページがどのような種類に属するのかを確認して、その種類に合う方向性のデザインやレイアウトなどを決めることが重要です。 ✔︎作りたいホームページのターゲットを明確化 次に、ホームページでターゲットとしているユーザーの確認になります。例えば、「化粧品のプロモーションサイト」であればその商品のターゲットとしているユーザーが必然的にホームページで訴求したいターゲットということになります。「20代の働く女性」なのか「40代のバリバリ働き盛りの男性ビジネスパーソン」ではホームページのデザインやカラー、キャッチコピーは異なってくると思います。 ターゲットを明確にするということは、ホームページのクリエイティブを決める上で大事な作業になります。 ✔︎必要なコンテンツ(ページ)を抽出する ホームページで掲載したい画像や紹介文、コンテンツなどを抽出します。また、すでに用意している画像を使うのか、これから撮りおろしなのかなども取りまとめます。掲載ボリュームが明確になることで、どのようなページ構成にすれば良いかページ数の想定ができてホームページ全体のボリュームが見えてきます。 ✔︎ホームページのグランドデザインを検討 ホームページの第一印象を左右するのが、デザインになります。ターゲットや掲載したい内容などが決まっていると思いますので、それに沿うデザイン案を検討します。サイト全体で統一感が出るように、グランドデザインを定め、そこからブレイクダウンして詳細ページのデザインを決めていきます。 尚、グランドデザインを決める場合に、カラー展開に関しても規定を定めます。ターゲットしているユーザーが見た時に印象がよくなるように構成を考えます。 ✔︎対応するデバイスの選定 スマートフォンの普及などにより、それまでのパソコンだけで表示する想定からさまざまなデバイスでの表示の方向性へ変わってきています。 デバイスが変わっても、そのデバイスに合うデザインで表示がされるようにする手法として「レスポンシブ化」があります。 ✔︎ホームページ誘導のためのキーワード選定 ホームページを開設後、Google等の検索キーワードからユーザーを誘導したいと考えるのが一般的です。その際に、最適なキーワードをホームページ内に設定して誘導することが必要です。この辺りは、SEO対策のプロへ依頼するなどして決めるのが良いでしょう。 ② ホームページの作成方法 ホームページの大枠のコンセプトが決まったら、どのように作成するかをその方法を検討します。 これはホームページの規模や更新頻度、想定ユーザー数などによっても異なりますが、大きく分けて下記のものになります。 ✔︎ブログサービスのような特にカスタマイズを必要としないCMSサービスを使う 一番安価なやり方で、特にカスタマイズが必要ない場合、またミニマムスターでホームページを開設したい場合に有効です。ただし、カスタマイズは不可能に近いので、バージョンアップしたい場合は、別サービスへの移行が必要になってきます。 ✔︎WordPressなど、テンプレートはありつつもオープンソース型でカスタマイズが可能なCMSを使う オープンソース型ながら、最初にテンプレートなどが用意されているCMSサービスを使うのは、多くの企業が選択する一つになります。安価でありつつも、制作会社が大幅にカスタマイズしたい場合にはそれも可能です。ただし、あまりにもカスタマイズが大きくなる場合、フルスクラッチで制作するのと費用は変わらなくなる可能性があります。 ✔︎フルスクラッチでCMS機能も取り入れたホームページ制作を行う 自社独自でCMS開発も含めて制作をしたい場合、また費用がかかることも承知であれば、フルスクラッチ開発でホームページ制作を行うのも一つの方法です。この場合、費用感は格段に上がりますので、慎重に外注選びを行う必要はあります。 ③ ホームページ制作でかかる費用の算出 ホームページを開設する場合、それらを設置するために準備しなければいけないことがあります。 ✔︎サーバー費用 ホームページを設置するサーバーになりますが、最近ではレンタルサーバーを利用するのが一般的です。各サービス提供会社から月額契約型のものが提供されていて、安いものでは月額100円からというプランもあります。ホームページの規模や想定ユーザー数などから、どのようなサーバーを選択するのかが決まってきます。 ✔︎ドメイン取得費 ホームページを新規開設する場合、独自ドメインで公開する場合はドメイン取得費がかかってきます。ドメインは1年単位での更新になり、安いもので年額1000円からありますが、ドメインによって費用は異なりますのでドメイン取得の際に確認をしましょう。 ✔︎コンテンツ管理、マーケティング、運用費 ホームページは開設して終わりではなく、定期的な更新をする必要があるのと、SEO対策を行う場合はコンテンツの充実化を図る必要もあります。そうした日々の運用やマーケティング費用などを試算しておく必要があります。 2. オススメの制作会社2選 ホームページ制作において外注を検討している場合、どのような制作会社に依頼すれば良いのかわからないというのがあると思います。そうした場合に、マッチングサービスを使うのも一つのやり方です。今回は、リカイゼンのマッチングサービスの中から、オススメの制作会社2社を紹介します。 クロスディー 「クロスディー」紹介ページ 企画コンセプトづくりから制作を行うのを得意としている制作会社になります。また、ナショナルクライアントの制作実績もあることで、制作ノウハウ含めて安心感の持てる制作会社です。 株式会社NOLUC 「株式会社NOLUC」紹介ページ 多角的な分析の元、経営視点でクリエイティブをうみ出すのを得意としている制作会社になります。コンセプト設計、企画立案から制作までを一括対応できます。 3. まとめ 今回は、ホームページ制作に関して知っておくべきポイントを3つご紹介しましたが、いかがでしょうか。 折角のホームページ制作ですから、自社のブランディングとしてユーザーを誘導できるクオリティのものが作れると良いのではないでしょうか。そのためにも、ここで紹介させていただいた内容は、知っておいて損はないと思います。

ホームページ制作に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。