BUSINESS TIPSビジネスに役立つ情報がきっと見つかる

  • SPツール作成
  • ノベルティ・販促品

おしゃれなオリジナルのステッカーデザイン作成・制作を依頼するときの料金相場

目次

ステッカーデザイン
一括見積依頼案件のご相談発注先探しならリカイゼンへ!

無料で相談する

リカイゼンは、仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ
総合ビジネスマッチングプラットフォームです。
より詳細はこちら

1.ステッカーデザイン依頼について

企業が販促活動を行うにあたり、色々な販促グッズを制作します。専用のキャラクターがいれば、それを起用したグッズなどを制作するでしょう。また、チラシやパンフレットを配る会社などもあるのではないでしょうか。
昨今、ノートPCなどの普及によって、オリジナルステッカーを制作して配布するのは、コスト的考えても極めて有効なツールの一つになっています。それは、視覚から企業の宣伝を行うことができるからです。そして、キャンペーン期間を過ぎたとしても、継続的な販促活動になりますので、魅力的なステッカーを作ることができれば、費用対効果は高いものです。

ここでは、目をひくステッカーデザインを制作会社へ依頼する際の料金相場、発注選定に関するポイントをまとめています。

2.ステッカーデザインの料金相場について

ステッカーは、手にした時に思わず貼りたくなってしまうものであることが一つの指標ではないでしょうか。目を引き人が惹きつけられるステッカーデザインを依頼するときの料金相場について、説明します。

ステッカーの料金相場を決めるものとは?

ステッカーのデザイン費は、依頼するデザイナーや制作会社によって異なります。仕上がりのステッカーサイズによって料金が決まってくる場合もありますが、決めては大きさだけではありません。そちらかというと、どのようなデザイン表現にするか?というところへ取り組んだ時間と手間のかかり方によって料金は決まってくると考えておきましょう。
会社パンフレットやチラシのようなグラフィックデザインは、A4サイズ1ページ単価というようにサイズとボリュームによって単価が決まってきますが、おおよその作業工数が見えやすいというのがあり、単価相場もブレない金額で決まってきます。

ステッカーのデザインの場合は、ステッカーを作る目的を明確にしておくことで作業工数がどれくらいかかるのかが見えやすくなります。
サイズ感はもちろんですが、会社のロゴを活用してデザインを組んでいくのか、ロゴのみなのか、ロゴとキャラクターを掛け合わせるのか、やることによって価格は変わるでしょう。

目的、用途の明確化

では、ステッカーをどのような活用の仕方をするのかを考えてみましょう。それは、企業のブランディングとして使用するのか、キャンペーンのノベルティとして使用するのかなどです。
ブランディングの場合は、企業を印象良く認知させたいとか、イメージアップなどの意図があるのではないでしょうか。そうなると、企業のロゴやキャラクターなど、関連するイメージをいかにしてユーザーへ印象付けられるかがポイントになります。この場合、すでにロゴやキャラクターがあった上でのステッカーデザイン制作になりますので、料金相場は多少安くなるように思います。

一方、ノベルティとしての活用の場合、キャンペーンの特典やPRなどで利用することになりますので、よりインパクトがあり、皆が欲しくなるようなデザインに仕上げることが必要になります。デザイナーに、デザイン性の高いキャンペーンロゴやキャラクターをデザインしてもらう必要が出てくるかもしれません。その際には高めのコストがかかってくるので、予算準備をしておく必要があります。

このように、ステッカーを活用する目的と用途によってデザインの方向性と、それに伴うコスト感は変わってくる可能性があります。

ターゲットを意識しておく

ステッカーは、配布していくものになりますので、「誰にどのように配布するか」については予め想定しておくことは必要です。ターゲットと配布方法に関しても、デザイナーに伝えておくことは重要ポイントです。デザイン案を考える際に、ターゲットはとても意識するものです。

例えば、若い女子学生をターゲットにした場合、スマートフォンやノートに貼れるようなステッカーデザインを考える必要があります。女子学生に支持されそうなキャラクターや、使用するフォントタイプなども、女子学生の好みに合うようなデザインの寄せ方になります。 逆に、IT業界で活躍しているビジネスパーソンをターゲットにした場合、ステッカーはノートPCに貼れるようなスタイリッシュデザインをイメージするのではないでしょうか。

上記のように、ターゲットとステッカーを貼る場所の想定が見えてくれば、自然にステッカーサイズや形、デザインの方向性が決まってくるものです。

デザイン制作会社と交渉しやすい価格相場について

ステッカーデザインを作るためのステップが見えてきたところで、制作会社へ見積り依頼をお願いすることになります。おそらく、「予算はどれくらいですか?」と聞かれるでしょう。その際に、どのように答えるべきか、多くの人は考えると思います。予算を伝える時は、いくつかの伝え方があります。決め打ちの場合は、その決められた金額でどこまで可能かの調整になりますが、いくらからいくらくらいという幅を持たせる伝え方もあります。また、上限金額が決まっている伝え方もあります。ただ何れにしても、あまりに安すぎると割に合わないということで、やっつけ仕事として処理される可能性がありますし、相場よりも大幅に高い金額ですと、逆に何か厳しいオーダーがあるのではないかと敬遠される可能性があります。

また、コンペなどでデザインを集める場合は、各デザイン会社に向けてコンペであることを必ず伝えましょう。そして、コンペではデザイナー違いの素材を比べることになりますので、オーダーする内容は平等で同じ情報を伝えておく必要があります。情報に誤差があると、出てくるデザインも比較ができないものになってしまいます。そして、提案時には何案くらい出してもらいたいのか、料金相場も伝えて比較できるように依頼をしておきましょう。

3.制作会社の選び方、発注ポイントについて

ステッカーデザインのコンペであってもそうでなかったとしても、まずは見積り依頼をして制作会社を決めます。その際の選定ポイントは、必ず複数社へ依頼をして見積り取得をするということです。1社決めうちもありですが、その制作会社のみでは比較対象がないので、良いかどうかの判定を出しにくい場合があります。
しかし、数社の比較対象があれば、検討するにあたり幅も広がりますし考えていた枠を超えるデザインに出会えるかもしれません。
複数社を選定する場合、発注前には必ず面談をすることをお勧めします。

まとめ

ステッカーデザイン制作の依頼の仕方について説明してきました。初めて外部の制作会社へデザイン依頼をする場合、わからないことも多いかもしれません。

ビジネスマッチング業界で10年以上の実績があるリカイゼンでは、常時数百社の制作会社を抱えています。予算確定前の相談レベルから完全無料で対応させていただいています。まずの相談から、見積り依頼、見積り比較、会社選定まで無料で対応が可能です。発注先決定でも、マージンは一切いただきませんのでご安心ください。
まずは、サポート担当が対応させていただきますので、相談のご連絡をお待ちしています。

ノベルティ・販促品でお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

ノベルティ・販促品の関連記事

おしゃれなオリジナルのステッカーデザイン作成・制作を依頼するときの料金相場

目次 1.ステッカーデザイン依頼について 2.ステッカーデザインの料金相場について ステッカーの料金相場を決めるものとは? 目的、用途の明確化 ターゲットを意識しておく デザイン制作会社と交渉しやすい価格相場について 3.制作会社の選び方、発注ポイントについて 4.まとめ ステッカーデザインの一括見積依頼や案件のご相談、発注先探しならリカイゼンへ! 無料で相談する リカイゼンは、仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォームです。 より詳細はこちら 1.ステッカーデザイン依頼について 企業が販促活動を行うにあたり、色々な販促グッズを制作します。専用のキャラクターがいれば、それを起用したグッズなどを制作するでしょう。また、チラシやパンフレットを配る会社などもあるのではないでしょうか。 昨今、ノートPCなどの普及によって、オリジナルステッカーを制作して配布するのは、コスト的考えても極めて有効なツールの一つになっています。それは、視覚から企業の宣伝を行うことができるからです。そして、キャンペーン期間を過ぎたとしても、継続的な販促活動になりますので、魅力的なステッカーを作ることができれば、費用対効果は高いものです。 ここでは、目をひくステッカーデザインを制作会社へ依頼する際の料金相場、発注選定に関するポイントをまとめています。 2.ステッカーデザインの料金相場について ステッカーは、手にした時に思わず貼りたくなってしまうものであることが一つの指標ではないでしょうか。目を引き人が惹きつけられるステッカーデザインを依頼するときの料金相場について、説明します。 ステッカーの料金相場を決めるものとは? ステッカーのデザイン費は、依頼するデザイナーや制作会社によって異なります。仕上がりのステッカーサイズによって料金が決まってくる場合もありますが、決めては大きさだけではありません。そちらかというと、どのようなデザイン表現にするか?というところへ取り組んだ時間と手間のかかり方によって料金は決まってくると考えておきましょう。 会社パンフレットやチラシのようなグラフィックデザインは、A4サイズ1ページ単価というようにサイズとボリュームによって単価が決まってきますが、おおよその作業工数が見えやすいというのがあり、単価相場もブレない金額で決まってきます。 ステッカーのデザインの場合は、ステッカーを作る目的を明確にしておくことで作業工数がどれくらいかかるのかが見えやすくなります。 サイズ感はもちろんですが、会社のロゴを活用してデザインを組んでいくのか、ロゴのみなのか、ロゴとキャラクターを掛け合わせるのか、やることによって価格は変わるでしょう。 目的、用途の明確化 では、ステッカーをどのような活用の仕方をするのかを考えてみましょう。それは、企業のブランディングとして使用するのか、キャンペーンのノベルティとして使用するのかなどです。 ブランディングの場合は、企業を印象良く認知させたいとか、イメージアップなどの意図があるのではないでしょうか。そうなると、企業のロゴやキャラクターなど、関連するイメージをいかにしてユーザーへ印象付けられるかがポイントになります。この場合、すでにロゴやキャラクターがあった上でのステッカーデザイン制作になりますので、料金相場は多少安くなるように思います。 一方、ノベルティとしての活用の場合、キャンペーンの特典やPRなどで利用することになりますので、よりインパクトがあり、皆が欲しくなるようなデザインに仕上げることが必要になります。デザイナーに、デザイン性の高いキャンペーンロゴやキャラクターをデザインしてもらう必要が出てくるかもしれません。その際には高めのコストがかかってくるので、予算準備をしておく必要があります。 このように、ステッカーを活用する目的と用途によってデザインの方向性と、それに伴うコスト感は変わってくる可能性があります。 ターゲットを意識しておく ステッカーは、配布していくものになりますので、「誰にどのように配布するか」については予め想定しておくことは必要です。ターゲットと配布方法に関しても、デザイナーに伝えておくことは重要ポイントです。デザイン案を考える際に、ターゲットはとても意識するものです。 例えば、若い女子学生をターゲットにした場合、スマートフォンやノートに貼れるようなステッカーデザインを考える必要があります。女子学生に支持されそうなキャラクターや、使用するフォントタイプなども、女子学生の好みに合うようなデザインの寄せ方になります。 逆に、IT業界で活躍しているビジネスパーソンをターゲットにした場合、ステッカーはノートPCに貼れるようなスタイリッシュデザインをイメージするのではないでしょうか。 上記のように、ターゲットとステッカーを貼る場所の想定が見えてくれば、自然にステッカーサイズや形、デザインの方向性が決まってくるものです。 デザイン制作会社と交渉しやすい価格相場について ステッカーデザインを作るためのステップが見えてきたところで、制作会社へ見積り依頼をお願いすることになります。おそらく、「予算はどれくらいですか?」と聞かれるでしょう。その際に、どのように答えるべきか、多くの人は考えると思います。予算を伝える時は、いくつかの伝え方があります。決め打ちの場合は、その決められた金額でどこまで可能かの調整になりますが、いくらからいくらくらいという幅を持たせる伝え方もあります。また、上限金額が決まっている伝え方もあります。ただ何れにしても、あまりに安すぎると割に合わないということで、やっつけ仕事として処理される可能性がありますし、相場よりも大幅に高い金額ですと、逆に何か厳しいオーダーがあるのではないかと敬遠される可能性があります。 また、コンペなどでデザインを集める場合は、各デザイン会社に向けてコンペであることを必ず伝えましょう。そして、コンペではデザイナー違いの素材を比べることになりますので、オーダーする内容は平等で同じ情報を伝えておく必要があります。情報に誤差があると、出てくるデザインも比較ができないものになってしまいます。そして、提案時には何案くらい出してもらいたいのか、料金相場も伝えて比較できるように依頼をしておきましょう。 3.制作会社の選び方、発注ポイントについて ステッカーデザインのコンペであってもそうでなかったとしても、まずは見積り依頼をして制作会社を決めます。その際の選定ポイントは、必ず複数社へ依頼をして見積り取得をするということです。1社決めうちもありですが、その制作会社のみでは比較対象がないので、良いかどうかの判定を出しにくい場合があります。 しかし、数社の比較対象があれば、検討するにあたり幅も広がりますし考えていた枠を超えるデザインに出会えるかもしれません。 複数社を選定する場合、発注前には必ず面談をすることをお勧めします。 まとめ ステッカーデザイン制作の依頼の仕方について説明してきました。初めて外部の制作会社へデザイン依頼をする場合、わからないことも多いかもしれません。 ビジネスマッチング業界で10年以上の実績があるリカイゼンでは、常時数百社の制作会社を抱えています。予算確定前の相談レベルから完全無料で対応させていただいています。まずの相談から、見積り依頼、見積り比較、会社選定まで無料で対応が可能です。発注先決定でも、マージンは一切いただきませんのでご安心ください。 まずは、サポート担当が対応させていただきますので、相談のご連絡をお待ちしています。

喜ばれるノベルティって?

ノベルティの企画/提案をしているのですが、そりゃ、提案するからにはお渡した時に喜ばれたい、話題になりたい!と日々思いながらアイテム選定しております。そこで、改めて【喜ばれるノベルティの選び方】について振り返ってみたいと思います。ノベルティとはキャンペーンやイベントにて会社や商品をPRするために貼付、配布する特殊広告の一部です。展示会で配られるペンも、ペットボトルにべた付けされてるかわいいアイテムも、ノベルティですね。目的設定まず、ノベルティを配布する目的を設定します。・ブランディングの為会社のイメージをPRしたい。社名を覚えて貰いたい。・商品プロモーションの為新しい商品を知ってもらいたい。・集客の為大型展示会などでとにかくブースで足を止めてもらいたい。名刺を沢山交換したい。他にも細かく分ければロイヤリティ向上や、社内意欲向上の為など、目的は沢山ありますが上記3つの場合が多いです。ターゲットを絞る次に、配布するターゲットを絞ります。女性か、男性か、大人か、お子様か、年齢や趣味、職業・・・(そうそう、かの有名なH瀬K美の歌詞にあったように、年齢、住所、趣味に職業・・・さりげなくチェックします。住所いらないけど。)細かくお配りする対象の方を考えることによってその人のアイテムを使うシーン、いま欲しいアイテムを想像し、お配りした時に「私のことをよくわかってる!うれしい!」と思っていただける確立が上がります。友人や家族、恋人にプレゼントするとき、「その人」のことを考えますよね。「30才、女子、一人暮らしだっけな、立ち仕事だったかな、かわいいものよりナチュラルなものが好きそうだったよな・・・」自身の大切な人と同じようにお渡しする方のことを考えます。受け取ってもらったあとの行動を考えるそして、アイテムを受け取ってもらったあとにどうしてほしいのか。先に設定した目的の設定、ターゲットの設定をからめ、お渡ししてからその後どうしてほしいのか(どう感じてほしいのか)シナリオをたてながらアイテムを考えていきます。 まとめ不特定多数の方が目にするポスターやCMともまた違い、お渡しする人が決まっているノベルティ。伝えたい相手にしっかりPRできるチャンスの多い広告の一部です。弊社が実際にご提案させていただき実施した事例などはWEBサイトよりご覧ください。https://www.ibma.jp/#product

夏のプロモーションに「オリジナルうちわ」はいかがでしょうか?

夏のプロモーションに「オリジナルうちわ」はいかがでしょうか?「うちわ」などありきたりと思われるかもしれませんが、 日本の夏には必要不可欠、誰もが思わず受け取ってしまう、非常に奥深く、効果的な販促ツールです。CREATIVETIPSが「うちわ」をオススメする理由は大きく3つ。①全国シェア9割!歴史と伝統の香川県のうちわをご提供!CREATIVETIPSの母体「小松印刷」は香川県に本社を構える企業です。 地元の名産を生かし、低コスト/高クオリティ の多彩なうちわをご提供します。②個性色々!豊富なバリエーション!うちわの名産地だからこそ生まれた豊富なバリエーション。伝統的な竹のうちわをはじめ、「お絵描きうちわ」「しおりうちわ」「クーポンうちわ」 など個性的なうちわをご提供することが可能です。③多種多様なうちわを生かしたプロモーションご提案します!うちわの生産数305万本以上!毎年多数のお客様から ご好評を頂いております!うちわの名産地だからこそできるバリエーションを生かした効果的プロモーションをご提案します。今年の夏は、うちちわを使った一味違ったプロモーションに挑戦してみませんか。ぜひ、一度CREATIVETIPSにご相談下さい!http://www.komatsuprinting.co.jp/products/uchiwa.html

簡単VR体験!紙製VRゴーグルで工場見学!

小松印刷の筑波工場を360°パノラマ写真でご紹介いたします!筑波工場はB判輪転機を4台保有する大型の工場です。大量の印刷物を取り扱うことのできる関東屈指の印刷工場となっております。小松印刷自慢の工場をぜひ見学してみて下さい。筑波工場360°パノラマ静止画http://panocreator.360cubic.com/viewerController?preview=true&u=u1476460048&p=p1505498612簡易紙製VRゴーグルとスマートホンを使えば、どこでもVR体験が可能です。一般の方々を普段ご案内できないような場所も隅々まで紹介することができます。企業紹介や工場見学、就活生向けのいべんとなどでのご利用はいかがでしょうか。弊社では、紙製VRゴーグルの制作からコンテンツ制作までをご相談いただくことができますので、お気軽にお問合わせ下さい。VRについての詳細は、以下URLを御覧ください。http://www.creativetips-tokyo.jp/news/誰でも簡単vr体験!単価100円の紙製vrゴーグル「auggle-s」/

2018年チャリティーカレンダー販売中です!

こんにちは。大伸社コミュニケーションデザイン 吉田です。今日は、チャリティーカレンダープロジェクトについてご紹介させてください。大伸社グループは、「みちのく応援団」として、有志の写真家さんとカレンダーを制作し、そのカレンダーと収益金を東日本大震災の被災地の子どもたちへ寄付させていただいています。 公式サイトはこちらhttp://www.daishinsha.co.jp/charity/ 2018年は、写真家の本城直季さんと「息吹き」をテーマに、東北の季節を空から撮影してきました。今回撮り下ろした写真には、様々な生命や人々の暮らしがやさしく写り込んでいます。写真の中には、米粒のような人やマッチ箱のような建物、季節の草花がそれぞれに存在し、そのひとつひとつが美しく調和する、とても愛おしい時間が流れています。2018年のカレンダーから、新たな東北の魅力、季節の中の小さな生命を探してみてください。    こちらのカレンダーはクラウドファンディングサイト「モーションギャラリー」にて現在販売中です。  https://motion-gallery.net/projects/michinoku_2018   どうぞよろしくお願いします!

ノベルティ・販促品に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。