BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

フライヤーデザインを外注して効果的な集客を狙いましょう

フライヤーとは

集客のために使われる販売促進アイテムの中でも根強い人気を誇るのがフライヤーです。
フライヤーとは飛ぶ人、と意味の印刷された販促物ですが、これは戦時中に広告物を飛行機からばらまいたことにより呼ばれています。
当時はこうした広告物にくじや引換券がついていたため、多くの方がフライヤーを拾い集めました。
現在ではフライヤーはチラシやビラと同じ意味で使われていますがフライヤーの方がより小さいサイズだったり厚みのあったりする販促物を示すケースもあります。

フライヤーを使った販売促進のメリット

現代はインターネット上でのウェブ広告が盛んに行われていますが、一方でフライヤーのような紙ベースの販促物が改めて注目されています。
ネット広告とフライヤーは違った顧客層へのアプローチ方法として多くの企業が取り入れているのです。
フライヤーを使う販売促進には大きなメリットがあります。
紙ベースのフライヤーは顧客としてのターゲットの手に直接届けることができます。
ウェブ広告やSNS広告は、あっという間に流れてしまい視認率のアップが難しいケースがありますが、フライヤーなら顧客の手元にしっかりとのこり紙面を見てもらうことができるのです。
また新聞などに織り込むことで、ターゲットとする地域に対して、短期間に広範囲的に商品やサービスを周知させることができます。
ウェブ広告ではこうした地域へのローラー的な宣伝広告はできません。
また新聞に折り込むことは地域の顧客層を開拓して結果としてリピーターになってもらったり、口コミでさらに新しい顧客を獲得したりすることにもつながります。

魅力的なフライヤーはデザインが重要!

販促効果の高いフライヤーという広告手段ですが、実際にお客様に手に取ってもらうために重要なのが、デザインです。
何をアピールしたいのかよくわからないフライヤーや目立たないフライヤーは手に取ってもらえる可能性が低くなってしまいますが、サービスや商品をうまくアピールしているデザインの優れたフライヤーは多くの方が手に取って紙面を読んでくれます。
このように広告効果の高いフライヤーを配布するために大切なのが、しっかりとしたデザインでフライヤーを作るということです。

フライヤーは自分で作れるか

中にはワードやエクセルを使って自分でデザインしてみよう、という方もいるかもしれませんが、実際にデザインをしてみると大変難しいことがわかります。
こうした販促物のデザインには読みやすく、十分にサービスをアピールするためのルールがありますがそうしたルールを学ぶには時間もお金もかかります。
フォント一つ、素材一つとっても素人が作ったということは消費者はすぐにわかってしまうものです。
自社でデザイナーを雇用して作らせるのも莫大な人件費がかかってしまう上に、一人にデザインを依存してしまうため、デザインに偏りができてしまう可能性もありおすすめできません。

フライヤーデザインはプロに任せるのがおすすめです

集客力のあるフライヤーを作るなら、デザインはプロに任せることをおすすめします。
専門のデザイナーに任せるメリットは瞬間的に顧客にアピールできる訴求力のあるデザインが期待できるというところです。
デザイナーは多くのフライヤーを制作してきた実績がありどのようなフォントや素材をどの部分に配置するとより効果的に訴求できるかということを知り尽くしています。
そうした知識とフォトショップやイラストレーターなどの専用のソフトを使って訴求力のある完成度の高いフライヤーを作ることができるのです。
優秀なデザイナーがデザインしたフライヤーはその色合いもレイアウトも魅力的で一目でアピールポイントがわかるほどで顧客に手に取ってもらう可能性を高めることができます。
また自社でデザイナーを雇わないでアウトソーシングすることで経費の削減も狙うことができます。

フライヤーデザインを依頼する際の注意点をご紹介します

フライヤーのデザインを外注して本当にしっかりした良いものができあがってくるのか、デザイナーとのやり取りはスムーズにできるのか、初めての方は心配になるものです。
フライヤーのデザインを依頼する際にあらかじめ確認事項をはっきりさせておくことで打ち合わせをスムーズにしながらイメージに合った完成度の高いフライヤーを納品してもらうことができます。

フライヤーのアピールポイントをしっかり確認する

フライヤーを制作するとき、必ず訴求したいポイントや目的があるはずです。
お店が新規オープンする、新しいサービスを開始する、期間限定のキャンペーンを開催するなどフライヤーを制作する目的をデザイナーにしっかり伝えることが大切です。
さらに企業のイメージをどのように伝えたいのか、そしてターゲットとしている顧客層はどこにあるかということも欠かせないチェックポイントです。
「目的」「企業イメージ」「ターゲット」とする顧客層を共有することで、デザイナーはフライヤーのデザインをどのようにするかというイメージを持つことができます。
打ち合わせの初めの段階でこうしたアピールポイントをはっきりさせておくことが結果としてその後のやり取りの省力化にもつながります。

デザインの見本を用意すると効果的です

口頭で打ち合わせをするだけでなく、イメージするデザインがあらかじめ決まっていれば見本としてデザイナーに提示するのが良いでしょう。
目で見てもらうことで、よりイメージを共有することができ、最初に上がってくるデザインが欲しいフライヤーに近いものになります。
見本は自分で作っても良いですが、時間やスキルがない場合には、ウェブサイトのページを見せたり、雑誌をコピーして見せたりすることでも十分伝えることができます。

文章構成や素材があれば最初に提示しましょう

フライヤーのデザインを依頼するときに希望する文章の構成やフォント、使ってほしいイラストや写真などの素材があれば提示しましょう。
デザイナーも依頼主の希望がわかっている部分は最初に盛り込んでデザインを組み立てていけるので、より速やかに仕上げることができ、納期の短縮にもなります。 写真やイラストなどの素材を渡す際には解像度や画像形式に注意して使いやすいものを渡すと良いでしょう。

フライヤーデザインのアウトソーシング先はどのようなところがあるか紹介します。 フライヤーのデザインを発注する依頼先には主に3つあります。
一つはデザイン会社、もう一つは印刷会社、そしてクラウドソーシングです。 この3つの依頼先にはそれぞれ特徴がありますのでご紹介しましょう。

デザイン会社にフライヤーを依頼する

多くの方がフライヤーのデザインの依頼先として選ぶデザイン会社はハイクオリティーなデザインが期待できる人気の外注先です。
様々なスキルを持ったデザイナーが多数在籍しているデザイン会社なら、希望するデザインを伝えることで適したデザイナーが選ばれて担当してくれます。
多くのデザイン会社でデザイナーとの直接の打ち合わせができるため、依頼主がよりきめ細やかなデザインへの要望をダイレクトに使えることができ、イメージに近いデザインのフライヤーを作ることができます。
何度かデザインを依頼するうちにクオリティーの高いデザインを出してくれるデザイナーが見つかれば、今後は同じデザイナーに他の販促物を依頼し続け、打ち合わせの省力化をすることも可能です。
ただし、デザイン会社はデザインのクオリティーにこだわるケースが多いため、一般的に他の依頼先よりも納期が長くなりがちだったり、コストが高くなってしまったりするなどのポイントがあります。
経費を抑えたフライヤーを作りたい、すぐに使用したい、納期をできるだけ短くしたいという場合には注意しましょう。

印刷会社にフライヤーを依頼する

印刷会社はデザインから印刷まで一貫して引き受けているというところが多くあります。
営業担当が窓口となり、デザイナーとの間に入ってデザインのやり取りから、印刷まで担当するケースが多く見られます。
デザインから印刷までをワンストップで引き受けてくれるため、打ち合わせの省力化をすることができるため、本業が忙しい方や煩わしい打ち合わせなしにフライヤーを作りたいという方にもおすすめです。

さらに印刷会社に依頼することはコストの軽減や納期の短縮にもつながります。 自社で一括してデザインから印刷まで行うため、工程のやりくりで融通がきき、速やかなフライヤーの納品ができるのです。
できるだけ早くフライヤーを作りたい、費用を抑えながら作りたいという方におすすめの依頼先です。

クラウドサービスにフライヤーを依頼する

クラウドサービスとはオンライン上でフリーランスのデザイナーにフライヤーデザインを依頼できるサービスです。
デザイン会社に所属せずにフリーランスで活動する多数のデザイナーがこうしたクラウドサービスに登録しており、オンラインでフライヤーのデザインを依頼することができます。
中には高いスキルを持ちながら安価な費用でデザインを引き受けてくれるデザイナーもいる一方、依頼してみたものの納得できるデザインに仕上がらなかった、納期が大幅に遅れたなどのトラブルになってしまうこともあるため注意が必要です。
依頼する方法には2種類あり、プロジェクト方式、コンペ方式から選べます。
プロジェクト式とはデザイナーのプロフィールやメッセージを見て依頼する人を決める方法、コンペ方式は実際にフライヤーのデザインを募集して応募されたデザインの中から良いものを選ぶという方法です。
ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドサービスを利用する際にはデザイナーへの報酬の他に手数料を支払う必要があります。
また、契約は依頼主とデザイナー個人間でのやり取りになりますので、デザインができあがるまでの打ち合わせに手間や時間がかかる可能性もあります。

集客効果のあるフライヤーでターゲットに効果的にアピールしましょう

このようにフライヤーを作るメリットやデザインを依頼する際の外注先をご紹介してきましたが、大事なことは目的予算納期を考えて依頼先を決めるということです。
デザイン会社、印刷会社、クラウドサービスとそれぞれメリットがありますので、目的や予算に合わせて外注先を選び、魅力あるフライヤーを作製してください。
手に取ってもらえる魅力的なデザインのフライヤーでお客様にしっかりアピールしましょう。

フライヤー・ビラデザイン制作でお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

フライヤー・ビラデザイン制作の関連記事

フライヤーデザインを外注して効果的な集客を狙いましょう

フライヤーとは 集客のために使われる販売促進アイテムの中でも根強い人気を誇るのがフライヤーです。 フライヤーとは飛ぶ人、と意味の印刷された販促物ですが、これは戦時中に広告物を飛行機からばらまいたことにより呼ばれています。...

ビラを外注する際に考えたいこと

自社で作成をすることもできますが、せっかくなので業者にお願いしてみましょう。 業者にお願いすることで、自社で作成する負担が減ります。 注意するべき点を把握し、業者を選ぶことで魅力なビラができあがります。 ...

社内スタッフのモチベーションを上げる社内報とは

社内スタッフのモチベーションを上げる社内報をデザインするには、 どういった社員が手に取るのか、どういったことを社員に伝えるのか、という状況を踏まえて デザインを考えていく必要があります。 社内報は、読みたい人だけに目に触れる...

反響率31%を記録したインフォグラフィックリーフレットとは

こんにちは! 「受け手を動かす『価値の見せる化』の専門家」 (株)TOKYO Sprout Designの代表・堀内崇です。 インフォグラフィック表現を中心に 「受け手を動かして成果を出す」デザインを使った、 リーフレットや...

3つのステップだけ! インフォグラフィックを取り入れた販促物で成果を出すため必要な3つのステップ vol.3

こんにちは! 「受け手を動かす『価値の見せる化』の専門家」 (株)TOKYO Sprout Designの代表・堀内崇です。 インフォグラフィック表現を中心に 「受け手を動かして成果を出す」デザインを使った、 リーフレットや...

フライヤー・ビラデザイン制作に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。