13年のマッチング実績。完全無料0円!

BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

費用×期間×法律で考える、ブライダル動画制作のポイント

バブル全盛期には、「派手婚」と言われ、ゴンドラで新郎新婦が登場したり、挙式費用1億円という芸能人の結婚式が話題になったりとド派手な演出が多く見られましたが、バブル崩壊後は、挙式・披露宴を挙げない「地味婚」へと変化していきました。結婚式・披露宴は時代を映す鏡のように刻々と移り変わっていますが、テイストこそ違えど、ブライダル映像は変わらず人気の高い演出の一つのようです。 ここでは、ブライダル動画を作る場合のポイントをご紹介します。

ブライダル動画とは

主に披露宴で流される映像を総じてブライダル動画と言っていますが、使用するタイミングや内容によっても異なります。いくつかのブライダル動画の種類をご紹介します。

プロフィール動画/プロフィールムービー

かつては座席表の一部に印刷したり、司会者が読み上げたりしていた新郎新婦のプロフィールなどを映像化したものです。新郎新婦の生い立ちや、ふたりの馴れ初め、結婚に至るまでのストーリーを映像にして、出席しているゲストに見てもらい、ふたりの人となりを知ってもらうことができます。最近では、サプライズプロポーズの様子を動画に収めてここで披露する演出も人気です。

エンドロール

出席しているゲストの名前とメッセージを新郎新婦と一緒に写る思い出の写真などと共にエンドロールとして流すものです。事前に写真やメッセージを用意しているケースもあれば、披露宴中に撮影された写真を使ったエンドロールで出席者を驚かせることもあります。新郎新婦からそれぞれのゲストに宛てたメッセージで感動をさらに演出することができます。

ご挨拶動画

招待状や、引き出物に同梱されたメッセージにQRコードを印字して、スマホで読み込むと新郎新婦からのメッセージ動画が流れます。限られたスペースに書かれたテキスト以上に新郎新婦との距離が縮まり、表現方法も立体的だと最近は人気の高い動画になります。スマホで再生するので、撮影もスマホで新郎新婦が自ら撮影し好みの音楽を付けたり自由に編集ができるのも魅力です。

動画作成方法と作成時の注意点

挙式会場側で動画の撮影・制作部門がある場合も多いですが、式場に制作部門が無くても、提携する動作制作会社に発注することもできます。しかしながら、自分好みのテイストに仕上げたい場合には、新郎新婦が自ら業者を見つけて発注することも増えてきたそうです。また、個人が動画をYoutubeなどのネットで拡散できる時代ですから、撮影だけでなく編集アプリなどを使って自前で制作してしまうカップルも多い世の中になりました。

式場提携の業者に依頼する場合

もともと式場側で提携している映像制作会社を紹介されることがほとんどです。その場合は、依頼手順や費用などがすでに決まっていて、新郎新婦の労力が最低限に抑えられるのが魅力です。業者のホームページなどで、過去の作品集をチェックするか、式場のブライダルフェアなどでサンプル動画をチェックしておきましょう。ふたりのこだわりが強い場合には、既存のプランや動画作成手法では必ずしも要望を叶えてくれるとは限りません。どんな動画にしたいかノープランのカップルや、動画に時間をかける暇が無いという、忙しいカップルには向いていると思います。

ソフトやアプリで動画を自作する場合

ふたりの好みがはっきりしていて好きなように作りたい!費用を最低限に抑えて作りたい!というカップルには自作がおすすめです。最近では多彩な編集機能がついたスマホアプリもありますし、手ごろな価格で映像ソフトも販売されているので、自作には十分と言えるでしょう。また、映像の制作過程もふたりにとっては良き思い出になりますね。気を付けるところは、動画の再生環境です。どれぐらいの大きさの画面で見られるのかや再生できるファイル形式を事前に式場に確認をして制作してください。また、どうしてもこだわりが強いと手直しが多かったり、慣れないソフトで思ったように進まなかったりもするので、スケジュールには余裕をもって始めてください。

映像制作会社に依頼する場合

式場を介さずに、新郎新婦が直接映像制作会社を見つけて作成を依頼する方法です。インターネットやブライダル誌などで、映像制作会社を見つけるカップルが多いようです。気になる業者が見つかったら、どんな映像を作ってほしいかや、コストと制作期間などを相談してください。一般的には、挙式前約2か月には依頼をしておきたいところです。短納期に対応している業者もありますが、映像を制作すると決めたらなるべく早めに連絡しましょう。気を付ける点は、式場によって持ち込みNGのところや、持ち込む場合には持ち込み料を取るところもあります。せっかく素敵な動画を作ってお披露目できない事態は絶対に避けたいところですから、外部の業者に依頼すると考え始めた時点で、式場の担当者には確認しておきましょう。

必要な素材

自作する場合も、式場や業者に依頼する場合も、素材の用意が必要です。作りたい動画をイメージしても、それにピッタリな素材が無ければ、撮影から始めないといけません。ブライダル動画に必要な素材とは何でしょうか。動画の構成から大きく2つに分けて考えてみましょう。

【前半】誕生~出会い

子供時代の写真が必要です。子供時代の写真は実家の両親が保管していることがほとんどでしょうから、早めに写真の所在を確認してアルバムに目を通しておきましょう。特に生まれたばかりの赤ちゃんの頃の写真や、若かりし両親や兄弟と共に写る写真は、成長の過程をゲストと一緒にたどって、挙式当日の姿に感無量になるはずです。きちんとした写真も素敵ですが、子供らしさやその人らしい素顔が垣間見える写真は、時に笑いを誘ったり、大きくなってからであった友人や職場の同僚からも親近感を覚えてもらえるので、おススメです。

【後半】出会い~プロポーズ・エンディング

それぞれの過程で育ち、大人になった二人がどのように出会い、結婚するに至ったのかは、ゲスト全員の関心事です。出会いや思い出のデート場所、プロポーズされた場所などでの写真に留めるのがポイントです。あまりに濃厚なふたりの世界に浸りすぎると、ゲストが引いてしまう可能性がありますので、あくまでご紹介程度が重要です。小さなお子さんや、高齢の祖父母なども一緒に見ることを考えて素材選びをしてください。
二人そろって改めて家族やゲストに感謝を伝えるシーンを盛り込むケースも多いです。最近増えてきている結婚式の前撮り写真を使って動画を締めくくると、きちんと感が演出できておススメです。

ブライダル映像制作の落とし穴

ブライダル映像には、感動を誘うBGMがつきものですが、意外と知られていないのが「著作権」の問題。披露宴内のBGMについては、式場がJASRACと契約をしていているケースが多く、音楽を流したりバンドが演奏したりしても、著作権上問題がありませんが、動画作成時に楽曲を付けて流したり、必要な個所を切るなど編集して使用すると複製利用とみなされて、著作権侵害にあたることがあります。事前に許可を取れば問題ありませんが、自作する場合には手続き方法なども合わせて確認しなければなりません。複雑で心配な方は、やはり専門業者に依頼して解決してもらったほうが良いかもしれません。

まとめ

結婚式のスタイルに合わせてブライダル動画も多種多様の時代です。ブライダルムービーについては、ゲストに不快感がなければ「こうすべき」というルールはありません。自分たちが作りたい動画を誰に作ってもらうのか、自分で作るのかはコスト・スケジュール・クオリティ・手間の4つからそれぞれのメリットデメリットを考えて慎重に決めて下さい。

システム開発でお困りではありませんか?

\あなたにぴったりの発注先企業無料でご紹介します!/

リカイゼンはあなたの条件にぴったりの発注先企業をご紹介いたします。

貴社の悩みやご要望を細かくヒアリングし、あなたの条件にぴったりの会社をご紹介いたします!
サービスについてより詳しくはこちら→リカイゼンとは?

リカイゼンは、仕事の発注先探し、新規顧客の開拓など、
ビジネスパートナー探しに役立つ、ビジネスマッチングのプラットフォームです。

結婚式・イベント映像の関連記事

費用×期間×法律で考える、ブライダル動画制作のポイント

バブル全盛期には、「派手婚」と言われ、ゴンドラで新郎新婦が登場したり、挙式費用1億円という芸能人の結婚式が話題になったりとド派手な演出が多く見られましたが、バブル崩壊後は、挙式・披露宴を挙げない「地味婚」へと変化していきまし...

必見、ドローンを使う前のチェックポイント

申請なしではほとんど飛ばせない日本のドローン事情今の流行りモノ、いちばん気になるモノの一つが、ドローンではないでしょうか。家電量販店へ行くと、ドローン売り場がかなりのスペースを占めているのに気づきます。趣味として飛ばしている...

プロモーションにおけるプロジェクションマッピング利用

東京駅丸の内駅舎にてプロジェクションマッピングが期間限定で使用されたのを機に、日本でもあらゆるシーンでプロジェクションマッピングが使用されるようになりましたね。 最近では、ディズニーランドやユニバーサル・スタジオ・ジャパンの...

プロジェクションマッピング

プロジェクションマッピングプロジェクションマッピング(Projection Mapping)とは、現存するものにサイズを合わせて作られた映像を、そのもの自体に投影する映像手法のことを指します。 一般的には、実在する建物や空...

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す



完全無料ご相談はこちらから!

発注先探しのご依頼のほか、
ご質問・ご相談などもお気軽に
お問い合わせください。

お電話でのご相談

03-6427-5422 受付時間:平日10:00〜18:30

WEBでのご相談申し込み

WEBお申し込み後、即日または翌営業日に
サポートデスクからご連絡をさせていただきます。

ご利用の流れ
必須お名前
必須メールアドレス
任意電話番号
任意依頼内容・希望
利用規約及び、個人情報保護方針にご同意のうえ、送信ください。

申し込み完了後、サポートデスクから
お電話またはメールにてご連絡させていただきます。

本サイトは、reCAPTCHAとGoogleにより保護されています。(プライバシーポリシー利用規約)
13年のマッチング実績。完全無料0円!