BUSINESS TIPSビジネスに役立つ情報がきっと見つかる

  • 印刷・製本・プレス
  • カタログ・パンフレット印刷

カタログデザインの料金相場と見積り、発注時の注意点まとめ

カタログデザイン一括見積依頼案件のご相談発注先探しならリカイゼンへ!

無料で相談する

リカイゼンは、仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ
総合ビジネスマッチングプラットフォームです。
より詳細はこちら

目次

1.カタログデザインの見積り依頼について

カタログのデザインや制作を依頼したい場合、どのような知識を持っているとスムーズに進むのでしょうか。昨今のインターネット普及によって、コストや手間、時間を要することで紙の制作は全体的に減っているとは言え、形として残るということ、デザイン豊かに表現できる紙の特質上、制作に踏み切る企業も少なくありません。 カタログの制作において、どのような手順で見積り依頼をすれば良いか順番に説明します。

依頼する制作会社規模によって料金相場が異なってきます

A4の定型サイズ 16ページ(表まわり含む)もののカタログ制作を依頼した場合の制作料金相場まとめ

フリーランス 数名の制作会社 数十名の制作会社 大手制作会社
カタログ料金相場 30万円以内程度 50万円以内程度 70万円以内程度 100万円以内程度
※印刷費用は別途 カタログのデザイン制作は、制作会社だけが請け負っているとは限りません。直接デザイン制作会社へ依頼する場合は、イメージや制作工程を含めて発注元のリテラシーが中級以上あることが望ましいです。制作会社は、各社で得意な政策分野やデザインの特徴などある場合が多いので、見積り依頼する際にしっかりとポートフォリオを確認したり、面談を行ってどのようなコミュニケーションを取る会社なのか見極めが必要です。 一方、とにかくコストを押さえたいというようなコスト重視の場合、印刷会社へ制作から印刷までを発注するという考え方もあります。印刷会社は、印刷だけではなく社内にデザインチームを抱えている場合がほとんどです。しかし、一般的な制作会社よりもデザイン料は低い設定になっていますので、印刷と合わせて行うことでコストを押さえることが可能です。しかし、あくまでもコスト重視になりますので、デザインクオリティを求める場合は、事前にデザインチームの実績等を確認する必要があるでしょう。 また、カタログデザイン制作に関して、コンセプトメイキング等マーケティング思案から入りたい場合、コストは高くなるものの広告代理店を入れるという手段もあります。この場合は、直接制作会社と取引をする場合よりもコストは高くなります。しかし、ディレクション含めて代理店が入ってくれることで直接デザイナーへ言いにくいことも言えることや、第三者視点が入ることで最終的な全体のクオリティを高めることはできるでしょう。

制作に必要な見積り項目

一般的なカタログデザインの見積り方法ですが、下記が制作に必要な見積り項目になります。

①ディレクション費

ディレクターは、最初から最後までカタログの制作進行を取り仕切る役割を担っています。ディレクターの調整力によって制作工程がスムーズに進むかどうかが決まってくると言っても言い過ぎではないかもしれません。

②デザイン制作費

紙面全体のデザインを行うデザイナー費になります。デザインは感性の要素が大きいので、デザイナーがどういった制作を手がけているか事例の確認をすることをお勧めします。

③原稿制作費(取材、ライティング、編集等)

コピーライティング、取材、ライティング、編集など紙面を構成する具体的な内容の作り込みを行います。デザイナーとの相性も事前に確認できる場合は見ておくことをお勧めします。

④撮影費

ロケで撮影を行うのか、自社オフィスか、それとも撮影スタジオを借りるのかによってコスト面が変わってきます。

⑤印刷費

印刷会社に直接お願いする場合、うまく調整することで一番コストを押さえた金額にすることが可能です。ただし、印刷会社との調整も出てきますので、スムーズに行うためにも制作会社通しで一本化することも、結果的にコストを抑えられる可能性もあります。
見積り依頼する際は、いくつかの制作会社、または広告代理店、印刷会社などへ依頼を行い上記の項目で見積りを提案してもらうと比較がしやすいです。また、見積りと合わせてポートフォリオや実績、ディレクション担当となる人との面談などを行い、スムーズな取引ができるように準備を行う必要があります。

2.カタログデザインの制作工程について

ここでは、カタログデザインの制作工程についてまとめます。

①オリエンテーションの実施(1、2回)

まず、どのようなカタログを仕上げたいかについてヒアリングをしながらオリエンテーションを実施します。参加者は、制作会社のディレクター、デザイナー、発注元担当者などになります。イメージがすでにありスムーズに進む場合は、1回のみの実施で終わる場合があります。

②プランニング、コンセプト設計

オリエンテーションを受けて、制作会社ではコンセプト設計を含めた企画書の作成を行います。ここでは、デザインイメージを2、3パターン提出される場合もありますし、どのような種類の紙を使うか、全体ページ数など基本的な方向性提案をまとめる作業を行います。

③企画書、提案書の作成

全体コンセプト、デザイン案などがまとまったら発注元へ提案がされます。大きな変更やオーダーとは違うイメージなどが出てくる場合は、この段階でしっかりとすり合わせを行って軌道修正を行う必要があります。

④台割りの作成

全体のコンセプト、デザインが固まったところで、具体的な台割りの作成を行います。台割りが決まってくると、この後の取材有無、具体的なコンテンツ内容が確定してきます。

⑤取材の実施

取材の実施が必要な場合、このタイミングで行います。デザインで必要な写真も撮りおろしなどを行う場合は合わせて撮影を行います。もし撮影スタジオで撮影が必要な場合は、スタジオ規模によって価格も変わりますので、制作会社としっかりすり合わせしてからオーダーしましょう。

⑥デザイン、編集、校閲、確認業務

台割りをもとに、実際の制作作業に入るのがこの工程になります。制作自体は決められたコンセプトとそれまで集めた素材を、デザインコンセプトに基づいて進行されていきます。この段階では、根本的な変更は厳しいものとして考えておく必要があります。具体的な制作工程がわかると、最初のオリエンテーションからコンセプト設計部分が、いかに大切かが分かります。

⑦印刷、色校出し、最終下版

編集から確認作業、校閲を終えたら実際に印刷を行います。最終的に確認するのは、色出しの部分です。紙質等によっても色の出方が異なったりするので、しっかりと色校チェックは行いましょう。 この段階での文字校正は避けるのが一般的です。

⑧印刷仕上がり

最終の印刷仕上がり確認を行います。印刷会社が間違える場合もありますので、しっかりと確認して間違えがないかどうかを見ましょう。

3.カタログデザインの発注方法の注意点について

カタログのデザイン発注で気をつけることがあります。コンセプトやデザインで目指しているイメージの方向性が、いかにして提案される制作会社のイメージと近いものがあるか、そして全体を取りまとめていくディレクション力が肝になってくるので、ディレクターの存在は偉大です。発注時は、しっかりとした価値観合わせ、制作会社の基本情報、体制面、会社内に制作チームを抱えられる会社規模かどうかなど確認をしてから発注を行いましょう。 なお、発注するタイミングでは発注書、契約書、支払いサイクルなども明確に決めておく必要があります。

まとめ

カタログのデザイン制作に関して要点をまとめてきましたが、実際に目に見える工程になるまで、どのようになるのかイメージをしづらいかもしれません。そして形として見えてきてから、色々と大幅な調整依頼や根本的な変更を求めてしまう発注者も少なくありません。最初のオリエンテーションからのコンセプトづくりやデザイン案のすり合わせがいかに大切か、制作工程の流れを確認していると見えてくるのではないでしょうか。 制作に慣れていないなくてどうして良いかわからない場合は、常時数百社の制作会社を抱えているリカイゼンでは、完全無料で相談から見積り取得、比較、発注までを対応することが可能です。 一度、無料相談でお問い合わせしてみませんか?

カタログ・パンフレット印刷でお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

カタログ・パンフレット印刷の関連記事

カタログデザインの料金相場と見積り、発注時の注意点まとめ

カタログデザインの 一括見積依頼や案件のご相談、発注先探しならリカイゼンへ! 無料で相談する リカイゼンは、仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォームです。より詳細はこちら 目次 1.カタログデザインの見積り依頼について 料金相場 制作に必要な見積り項目 2.カタログデザインの制作工程について ① オリエンテーションの実施(1、2回) ② プランニング、コンセプト設計 ③ 企画書、提案書の作成 ④ 台割りの作成 ⑤ 取材の実施 ⑥ デザイン、編集、校閲、確認業務 ⑦ 印刷、色校出し、最終下版 ⑧ 印刷仕上がり 3.カタログデザインの発注方法の注意点について 4.まとめ 1.カタログデザインの見積り依頼について カタログのデザインや制作を依頼したい場合、どのような知識を持っているとスムーズに進むのでしょうか。昨今のインターネット普及によって、コストや手間、時間を要することで紙の制作は全体的に減っているとは言え、形として残るということ、デザイン豊かに表現できる紙の特質上、制作に踏み切る企業も少なくありません。 カタログの制作において、どのような手順で見積り依頼をすれば良いか順番に説明します。 依頼する制作会社規模によって料金相場が異なってきます A4の定型サイズ 16ページ(表まわり含む)もののカタログ制作を依頼した場合の制作料金相場まとめ フリーランス 数名の制作会社 数十名の制作会社 大手制作会社 カタログ料金相場 30万円以内程度 50万円以内程度 70万円以内程度 100万円以内程度 ※印刷費用は別途 カタログのデザイン制作は、制作会社だけが請け負っているとは限りません。直接デザイン制作会社へ依頼する場合は、イメージや制作工程を含めて発注元のリテラシーが中級以上あることが望ましいです。制作会社は、各社で得意な政策分野やデザインの特徴などある場合が多いので、見積り依頼する際にしっかりとポートフォリオを確認したり、面談を行ってどのようなコミュニケーションを取る会社なのか見極めが必要です。 一方、とにかくコストを押さえたいというようなコスト重視の場合、印刷会社へ制作から印刷までを発注するという考え方もあります。印刷会社は、印刷だけではなく社内にデザインチームを抱えている場合がほとんどです。しかし、一般的な制作会社よりもデザイン料は低い設定になっていますので、印刷と合わせて行うことでコストを押さえることが可能です。しかし、あくまでもコスト重視になりますので、デザインクオリティを求める場合は、事前にデザインチームの実績等を確認する必要があるでしょう。 また、カタログデザイン制作に関して、コンセプトメイキング等マーケティング思案から入りたい場合、コストは高くなるものの広告代理店を入れるという手段もあります。この場合は、直接制作会社と取引をする場合よりもコストは高くなります。しかし、ディレクション含めて代理店が入ってくれることで直接デザイナーへ言いにくいことも言えることや、第三者視点が入ることで最終的な全体のクオリティを高めることはできるでしょう。 制作に必要な見積り項目 一般的なカタログデザインの見積り方法ですが、下記が制作に必要な見積り項目になります。 ①ディレクション費 ディレクターは、最初から最後までカタログの制作進行を取り仕切る役割を担っています。ディレクターの調整力によって制作工程がスムーズに進むかどうかが決まってくると言っても言い過ぎではないかもしれません。 ②デザイン制作費 紙面全体のデザインを行うデザイナー費になります。デザインは感性の要素が大きいので、デザイナーがどういった制作を手がけているか事例の確認をすることをお勧めします。 ③原稿制作費(取材、ライティング、編集等) コピーライティング、取材、ライティング、編集など紙面を構成する具体的な内容の作り込みを行います。デザイナーとの相性も事前に確認できる場合は見ておくことをお勧めします。 ④撮影費 ロケで撮影を行うのか、自社オフィスか、それとも撮影スタジオを借りるのかによってコスト面が変わってきます。 ⑤印刷費 印刷会社に直接お願いする場合、うまく調整することで一番コストを押さえた金額にすることが可能です。ただし、印刷会社との調整も出てきますので、スムーズに行うためにも制作会社通しで一本化することも、結果的にコストを抑えられる可能性もあります。 見積り依頼する際は、いくつかの制作会社、または広告代理店、印刷会社などへ依頼を行い上記の項目で見積りを提案してもらうと比較がしやすいです。また、見積りと合わせてポートフォリオや実績、ディレクション担当となる人との面談などを行い、スムーズな取引ができるように準備を行う必要があります。 2.カタログデザインの制作工程について ここでは、カタログデザインの制作工程についてまとめます。 ①オリエンテーションの実施(1、2回) まず、どのようなカタログを仕上げたいかについてヒアリングをしながらオリエンテーションを実施します。参加者は、制作会社のディレクター、デザイナー、発注元担当者などになります。イメージがすでにありスムーズに進む場合は、1回のみの実施で終わる場合があります。 ②プランニング、コンセプト設計 オリエンテーションを受けて、制作会社ではコンセプト設計を含めた企画書の作成を行います。ここでは、デザインイメージを2、3パターン提出される場合もありますし、どのような種類の紙を使うか、全体ページ数など基本的な方向性提案をまとめる作業を行います。 ③企画書、提案書の作成 全体コンセプト、デザイン案などがまとまったら発注元へ提案がされます。大きな変更やオーダーとは違うイメージなどが出てくる場合は、この段階でしっかりとすり合わせを行って軌道修正を行う必要があります。 ④台割りの作成 全体のコンセプト、デザインが固まったところで、具体的な台割りの作成を行います。台割りが決まってくると、この後の取材有無、具体的なコンテンツ内容が確定してきます。 ⑤取材の実施 取材の実施が必要な場合、このタイミングで行います。デザインで必要な写真も撮りおろしなどを行う場合は合わせて撮影を行います。もし撮影スタジオで撮影が必要な場合は、スタジオ規模によって価格も変わりますので、制作会社としっかりすり合わせしてからオーダーしましょう。 ⑥デザイン、編集、校閲、確認業務 台割りをもとに、実際の制作作業に入るのがこの工程になります。制作自体は決められたコンセプトとそれまで集めた素材を、デザインコンセプトに基づいて進行されていきます。この段階では、根本的な変更は厳しいものとして考えておく必要があります。具体的な制作工程がわかると、最初のオリエンテーションからコンセプト設計部分が、いかに大切かが分かります。 ⑦印刷、色校出し、最終下版 編集から確認作業、校閲を終えたら実際に印刷を行います。最終的に確認するのは、色出しの部分です。紙質等によっても色の出方が異なったりするので、しっかりと色校チェックは行いましょう。 この段階での文字校正は避けるのが一般的です。 ⑧印刷仕上がり 最終の印刷仕上がり確認を行います。印刷会社が間違える場合もありますので、しっかりと確認して間違えがないかどうかを見ましょう。 3.カタログデザインの発注方法の注意点について カタログのデザイン発注で気をつけることがあります。コンセプトやデザインで目指しているイメージの方向性が、いかにして提案される制作会社のイメージと近いものがあるか、そして全体を取りまとめていくディレクション力が肝になってくるので、ディレクターの存在は偉大です。発注時は、しっかりとした価値観合わせ、制作会社の基本情報、体制面、会社内に制作チームを抱えられる会社規模かどうかなど確認をしてから発注を行いましょう。 なお、発注するタイミングでは発注書、契約書、支払いサイクルなども明確に決めておく必要があります。 まとめ カタログのデザイン制作に関して要点をまとめてきましたが、実際に目に見える工程になるまで、どのようになるのかイメージをしづらいかもしれません。そして形として見えてきてから、色々と大幅な調整依頼や根本的な変更を求めてしまう発注者も少なくありません。最初のオリエンテーションからのコンセプトづくりやデザイン案のすり合わせがいかに大切か、制作工程の流れを確認していると見えてくるのではないでしょうか。 制作に慣れていないなくてどうして良いかわからない場合は、常時数百社の制作会社を抱えているリカイゼンでは、完全無料で相談から見積り取得、比較、発注までを対応することが可能です。 一度、無料相談でお問い合わせしてみませんか?

カタログ製作は、店頭の売り場づくりと同じ?

世の中には「カタログ」がたくさんあります。通販カタログ、製品カタログなど。今回はそういった「カタログ」の制作に関わるお話しをお伝えします。 「カタログ」だけに限らず、世の中に出回っているクリエイティブはたくさんの種類があり、商業に関わるクリエイティブには必ず理由があります。それは、なぜこのデザインにしたのか、なぜこの構成にしたのか、などの理由という意味です。 商業に関わるものである以上、「カタログ」のページ構成やレイアウトなどにも必ず理由があります。その制作をする上で意識されるのは「店頭での売り場づくり」と繋がるポイントです。カタログは見開きで構成されます。そこにはある種の統一感が存在し、基本的にはその見開きだけで完結できるようになっています。 意識するポイントは、店頭での売り場づくり。例えば、洋服の販売店であれば、あるテーマに沿った展示の一角が見開きにあたるイメージです。 そう考えると、親近感が湧き、どういった誌面構成が良いのか、などの判断軸ができるかと思います。例えば、「カタログ」の制作を外注する際など、デザイナーと建設的な話をするための一つのポイントになるのではないでしょうか。

引き出物カタログはデジタルで!参列者に喜ばれる心配りとは

デジタルカタログの需要 結婚式などのイベントに参加すると引き出物をもらうケースが多いと思います。参列にあたりただでさえ荷物が多いのに引き出物がかさばって困る…そのように感じている出席者も少なくありません。そんな中、デジタルカタログの需要が高まっているようです。 渡すのはカード一つ、誰が利用したかもわかりやすい 引き出物として渡すのは、デジタルカタログのサイト案内が書かれているカード一つ。とてもシンプルです。さらに誰がカタログからギフト交換を行なったのか、ログインIDなどで管理することができるため、把握する側もデータ管理が可能となります。 デジタルカタログにすることによって、例えばこれまでは写真でしか伝えられなかった情報を動画にして伝えることができたり、モノだけではない無形商材のサービスにも利用することができたりと活用の幅が広がります。 喜ばれるデジタルカタログ かさばらない、サービスの受け幅が広がるとデジタルカタログに対する印象は良く、実際ギフトパッド(兵庫県西宮市)のデジタルカタログのサービスが伸びているようです。 「紙」で行なっていたものをデジタルに変えることによって感じてもらえる喜びも変わるかもしれません。必要なシステムの構築、WEB制作に関して、まずプロに話を聞いてみてはどうでしょうか。

バラエティー豊かなデザインが行える専門学校

こんにちは。有限会社モル、マネージャー兼ディレクターの佐藤です。 早いものでもう10月。 本年度も下期に突入しましたね。 今年も数多くの学校関連の制作物をデザインさせていただいています。 今回ご紹介するのは専門学校の制作物です。 文字通り専門学校ですので、学校の特色、専攻内容が明確化されているので、 デザインも多種多様に行えます。 これはデザイナー陣にとっても興味深くおもしろい内容です。 「結構おもいきってやっちゃってもダイジョウブ!」みたいなクライアント様 の意向もあるからです。 固めで真面目な方向性物のものであったり、アーティスティックなもの、女子 高校生向けにInstagram風であったりととにかく様々。 新たな発想でデザインできるというデザイナーの楽しみと、それらを求める クライアント様との思いが重なり合い、楽しく制作させていただいています。 -------------------------------------------------------------------------- 【グラフィックデザイン制作・Web制作・クリエイティブカンパニー】 有限会社モル(MOL) ▼ OSAKA HEAD OFFICE 〒530-0046 大阪府大阪市北区菅原町10-12 ジーニス大阪ウエスト506 TEL:06-6362-3261 / FAX:06-6362-3262 ▼ TOKYO OFFICE 〒108-0023 東京都港区芝浦3-20-9 BR芝浦Nビル6F サイズビジョン内 TEL:03-6809-5447 ◇Official Web Site:http://www.molinc.co.jp

カタログ・パンフレット企画デザインから印刷加工まで

ウエストでは、さまざまなカタログやパンフレットの印刷の実績がございます。 【オフセット印刷】 体裁、サイズ、数量によって、当社協力工場の中からベストな調達を実施いたします。通常の印刷会社の見積もりに対抗できる協力工場を有しておりますので、お気軽にお見積もりご相談ください。 チラシであれば100万部単位の発注案件も対応実績がございます。 【オンデマンド印刷】 クイックオンデマンドサービスを実施しております。 平日、通常営業時間帯であれば、印刷完全データがある状態で 最速50分で完成することが可能です。 オンラインデータ入稿と宅配便の組み合わせにより、 首都圏、中部圏、関西圏については、当日仕上げ、翌朝受け取りが可能となります。 オンデマンド印刷は1枚、1冊の仕上げから対応いたします。 たとえば急に必要になった名刺などは得意分野です。 また、印刷データの編集、改版などもご相談に応じますので お気軽のお問い合わせください。 お急ぎは 0748-43-0155 ネクスゲートを見たと一言お願いします。  

カタログ・パンフレット印刷に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。