BUSINESS TIPSビジネスに役立つ情報がきっと見つかる

  • 人材・教育・人事コンサルティング
  • 軽作業代行

発注した際にかかる費用~事例~

ビジネスマッチングサービス

ビジネスマッチングサービスを利用し、会社同士で契約が成り立った場合、 どのくらいの費用が必要になってくるのでしょうか。

費用

もちろん、行う業務内容によって料金は変化してき、いくつかの会社が似たような業務内容を行っても、 依頼先の会社によって料金はかなり変わってくるでしょう。 また、その業務内容にどれだけのスパンでどの程度の質を求めるかによって金額は変わったりもします。

費用例

例をあげると、新しいビジネス商品を展示会などのイベントでビューワーに見せる必要があるとします。 商品の魅力が上げ、ビューワーの理解度を深まめる為の営業ツールとして、 CGを用いた新製品の映像をつくると決めた場合、 おおよそ~800,000円程かかる見込みです。

費用霊②

また、女性向けの美容雑貨、化粧品等についての会報誌の制作依頼をしたい場合、 ページ数やどのサイズの大きさにするかなどによって料金も様々です。 32ページ構成でA4 サイズにした場合、約~4,500,000程かかるようです。

まとめ

いずれにしろ、上記の例は事例のほんの一部ですので、実際に自分が依頼したい内容は、 どのくらいの費用がかかるのか見積もりを依頼することが得策です。

軽作業代行でお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

軽作業代行の関連記事

顧客評価を公開、信頼をつくる取り組み

アクサ生命、アクサダイレクト生命、アクサ損害保険の3社が「お客さまからの評価」の公開を始めた。商品・サービスの評価を調査・管理する第三者機関「eKomi」と契約。eKomiサイト上の自社評価ページに、自社サイトトップページからリンクを張った。新規契約や保険金の受け取りが発生した顧客に、eKomiから評価を依頼するメールを送り、顧客は満足度について5段階評価と感想をフィードバックする仕組みだ。現状、評価依頼に対して1割弱から回答があるという。評価も投稿内容も、操作は一切できない。eKomiから上がってきた顧客レビューに、3社のお客様相談室がコメントを添えるだけで公開される。中には、「給付金の振り込みが遅い」「電話対応が機械的だった」といった厳しい声や1つ星の評価もある。それらに対しても一律の「コピペ」対応ではなく、内容に合わせてお詫びや説明をしている。一部のネガティブな反響を恐れず、情報公開や透明性の確保に取り組むことが、信頼の獲得につながりそうだ。 まとめ 昔と比べて通信インフラ・SNS・テクノロジーが進化しており透明性ある情報にしか消費者が目を向けなくなってきています。顧客と誠実に向きあうことが信頼への近道になり、利益を生む仕組みになるのでしょう。もしお悩みな事がありましたらネクスゲートへ相談くださいませ。

改めて知っておきたい!コンサルティングとは一体何か。

コンサルティングという言葉を聞いたことが無いという方はとても少ないのはないでしょうか。いわゆるコンサルティング会社が米国で100年以上前に誕生し、日本でもそういった業態の企業は多く存在します。しかし、コンサルティングという言葉の意味を説明できる方はどれぐらいいるのでしょうか。コンサルティング以外にも、日本にはカタカナで使用される言葉がたくさん存在します。それらの意味を深く理解せず、イメージで使っている方も多いのではないでしょうか? コンサルティングの語源は「専門家の立場から相談にのったり指導したりすること。また、企画・立案を手伝うこと」(引用:デジタル大辞泉) そのため、コンサルティングとは行動のことを指し、コンサルティングをする専門家のことを、コンサルタントと呼びます。経営コンサルタント、ITコンサルタントというように専門領域によって名称も変わります。コンサルティングの内容に関しては、コンサルタントによって大きく変わります。 今回は、コンサルティングとは一体何なのか。語源からさかのぼりお伝えしました。意味を理解することで、言葉を的確に使用することができます。例えばコンサルティングを外注しようとしている場合など、コンサルタントに対して、より明確に要望を伝えることができるのではないでしょうか。

VRが繋ぐ地方と都心のヒトとヒト

今秋、東京大学や慶応大学など都心の大学生と地方企業を繋ぐ「知るカフェ」がオープンしました。「知るカフェ」とは、VRを使って地方企業のオフィスに訪問体験をすることができ、地方企業も都心の学生に自社をアピールすることができます。就職活動の時期が早まるなか、いかにたくさんの企業を知ったうえで自分に合った会社を見つけられるかが学生にとっては鍵となっており、地方企業も都心に流れてしまっている地元の若者をまた引き戻すきっかけにもなり、両社にとって「知るカフェ」の取り組みは魅力的です。 このようにVRはお互いが遠隔地にいても、体験価値を共有することが可能となります。今までは都心まで行かなければ体験できないことも、極論自宅にいても体験することができます。2020年の東京オリンピックもVRを使って全国民がその場にいるかのような体験ができるかもしれません。都心だから・・・地方だから・・・と諦めていたものを一度VRで解決できないか考えてみてはいかがでしょうか?

政府の成長戦略に「ROA」の改善を新目標に

ROAとROEとは ROEとは「株主資本利益率」のことを指します。純利益÷株主資本で計算します。企業が投資家から預かっている出資金をその企業が何%くらいの利回りで運用しているのかを表しており、10~20%程度の水準が優良企業の目安といわれています。一方でROAとは「総資本利益率」のことを指します。これは、純利益÷総資産で計算します。資本の他に負債も含まて集めた資金に対してどれだけ効率的に運用できているのかをみる指標です。こちらは5%を超えていれば優良企業といわれます。 政府の成長戦略「未来投資戦略2017」 政府は「未来投資戦略2017」でROAの改善を新目標に掲げました。これは、日本企業の事業収益性が低い改題に対する提言ともいえるでしょう。ROAは純利益を総資産で割って算出するため、全ての資産を使って企業の稼ぐ力をはかれます。その「稼ぐ力」の立て直しにはROAを意識した事業運営は大切になるのではないでしょうか。

【働き方改革】脱時間給制度とは。時間ではなく成果によって賃金が決定!?

「働き方改革」という言葉が昨今話題になっていますが、「高度プロフェッショナル制度」と呼ばれる成果に応じて賃金が決まる働き方が議論されています。ただし、この制度は日本国内においては年収1075万円以上のコンサルタントや金融ディーラーといった高度専門職に限っての話となっています。 制度導入には労使合意が必要 日本で年収1000万円以上の人は3%といわれています。職種も限定的で対象者はわずかです。2007年にも本制度導入の議論が行われましたが、過労死のリスクも問題となり、対象の年収額が引き上げられた経緯もあります。制度導入には多角的な議論が必要でしょう。さらに労使合意も必須となります。 労働力の確保の問題 少子高齢化が進む日本において、労働力の確保というのも企業の課題となっています。昨今の求人市場は「超売手市場」ともいわれていますので、企業はどう人的リソースを確保するべきなのでしょうか。「採用力の強化」「働き方の多様化」も当然重要ですが、必要なリソースをアウトソースするという外注の発想も必要になってくるのではないでしょうか。

軽作業代行に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。