BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

iPadアプリ開発の見積もりについて徹底分析してみよう

2009年の初代iPad発売以来、4機種のiPadが展開されるようになりました。ユーザニーズに合わせて選べる各機種では、搭載するアプリ開発も活発です。そこで、ここではiPadアプリ開発に特化したノウハウを解説したいと思います。iPadの基本的知識、iPadアプリの役割、開発における見積もりの注意点、そしてオススメの開発会社も最後に紹介します。

1.iPadアプリとは

まずは、iPadの基本情報から説明します。
iPadは、アップル社のタブレット端末になります。初代のiPadは2009年に発売されました。現在は、4種類のiPadが発売されており、顧客のニーズに合った機種を選べるようになっています。
iPadには、最初に20の標準アプリを搭載しています。そして、App StoreからiPadアプリをダウンロードすることができ、機能の拡張はもちろんのこと、動画を見たり、ゲームで遊ぶことができます。iPadではiPadアプリとiPad互換性のあるiPhoneアプリを利用することが可能になっています。
iPadに最初から搭載されている20のアプリは、iPadの標準アプリの位置付けになりますので、iPad上から削除をすることはできないようになっています。

iPadの種類と比較

iPadにはいくつか種類があります。iPad Pro、iPad Air、iPad、iPad miniの4つになります。それぞれの種類について簡単に説明しておきます。

iPad Pro

パソコンを扱うように使いプロユース向けで、動画編集など処理が重い作業などもできるようになっています。

iPad Air

パソコンとタブレット療法で使いたい人向けで、音楽や動画、アプリ等を多くダウンロードしたい場合に向いています。

iPad

価格を抑えたiPadが欲しい人向けで、スペックと価格のバランスが取れています。

iPad mini

持ち運び用として軽いiPadが欲しい人向けで、一般的なネットサーフィンや音楽、動画鑑賞などをするのに向いています。

iPadアプリの購入方法

iPadは、iPhoneと同様にApp Storeからアプリをダウンロードして利用することができます。

・インターネットに繋がっている環境にてApp Storeへアクセスします。もし50メガバイト以上のアプリをダウンロードする場合は3G環境ではダウンロードできませんので、Wifi接続環境が必要になります。

・パソコンのiTunes Store内からiPadアプリをダウンロードすることも可能です。ダウンロードしたアプリを、iTunesとiPadを同期させることでiPhoneへコピーすることもできます。

iPadアプリをダウンロードするために必要なもの

iPadへアプリをダウンロードするために必要なものとして大きく2つありますので、ここではそれらについて説明します。

iTunesアカウント

iPadアプリは、アップルストアからダウンロードを行なって使うことになります。したがって、アップルIDのアカウントが必要となります。アカウントに対してクレジットカードやiTunes Cardの登録をしてアカウントとひもづけることで、有料のアプリもダウンロードできます。

インターネット環境

iPadアプリをダウンロードする場合は、もちろんですがインターネットに接続できる環境が必要です。但し、50メガ以上のアプリであれば3Gではダウンロードできませんので注意が必要です。

その他、必須ではないのですが、パソコンと連携することでiPadの機能をフルに活用することができます。パソコンにある音楽や動画、写真、スケジュール、アドレスなど、iTunesを経由してiPadと同期を取ることができます。

2.iPadアプリ開発の見積もり費用の特徴を徹底チェック

まず、iPadアプリ開発の見積もりを取得する際の注意点から説明します。これは、アプリ開発に限ったことではありませんが、1社のみからの見積もり取得は避けましょう。1社のみではその金額が妥当なのかどうかもわかりませんので、3社以上からの見積もりをもらうようにんするのをオススメします。しかし、多ければ良いというわけでもありません。
そして、見積もり比較する際にスムーズな比較ができるための事前の調整として、各社からもらう見積書の「見積もり項目」を合わせるということです。そうすることで、比較がしやすくなりますし、ある会社には見積もり項目としてあるものが他社にはその項目がないなどの場合にもすぐに気づけます。
複数社から見積もりを出してもらうことで、開発要求に対しての見積もり相場感も掴むことができるでしょう。

次に、見積もりの中で留意するポイントとして、実際のアプリ開発以外で開発に付随するものが算出されているかどうか確認が必要です。例えば、サーバ取得、独自ドメイン取得、App Store申請、登録、アップル開発アカウント、運用保守などになります。
最近は、サーバも月額単位でレンタルできるクラウドが主流になってきています。ただし、サービス提供会社によって価格は異なりますし、どこまでサーバ環境がカバーできるかも変わってきます。開発言語やデータベースの種類、通信環境などを事前にしっかりと確認する必要があります。

3.iPadアプリ開発の特徴

ここでは、アプリ開発とシステム開発の見積もりにどのような違いがあるのか開設します。
どちらの開発も、開発会社が行いますので開発方法等に違いはさほどないですが、App Storeなどの申請が必要なアプリ開発に関しては、サーバにアップして終わりではない分、手間がかかります。更に、iPadなどタブレットサイズでユーザビリティを意識した作りを行う必要があります。特にiPadアプリ開発は開発言語がSwiftで比較的新しい開発言語であることから、一般的なシステム開発に比べるとまだまだ開発者が多くいるわけではありません。
また、iOS以外にAndroid対応も行う場合は、OSが変わってきますので開発費用は2倍まで行かなくても、それなりに加算されます。

4.iPadアプリ開発が得意な開発会社

最後に、iPadアプリ開発を得意としている開発会社を2社紹介します。

株式会社Villness

紹介ページ:https://rekaizen.com/company/villness

Villness(ヴィルネス)社は、スマホアプリにおいてユーザー数100万人以上の開発、運用、保守実績があります。また、WEBシステムでも月間3,700万PVを出す開発など経験豊富な開発会社です。
アプリ開発経験のある会社は多くありますが、実際にそのアプリでユーザ数を稼げる数字を出せている開発会社は、まだまだ多くはないのではないでしょうか。企画段階から相談してみる価値はあるでしょう。

crage株式会社

紹介ページ:https://rekaizen.com/company/crage

大手アプリサービス提供会社での開発実績を持っている技術者が所属しているクラゲ社は、アプリ開発の実績を豊富に持つスタートアップ開発会社です。
プロダクト企画からの会社立ち上げ経験もあり、アプリケーション系の事業開発の関するノウハウがあります。ただ、アプリ開発を行うのではなく、どのように事業展開していくかという視点から開発へブレイクダウンする手法などもあるため、頼もしい開発会社になります。

5.まとめ

今回は、iPadアプリ開発に関するノウハウを解説してきましたが、いかがでしょうか。iPhoneとはまた違った特徴を持っているのがiPadになります。パソコンと同等の使い方ができるiPad Proなども登場していますので、企画によっては、これまでにないアプリを提供できるポテンシャルを秘めています。アプリ開発にはそれなりのコストがかかってきますので、開発に入る前にしっかりとビジネスモデルの確率や開発の目的を明確にしておくことが重要です。

iPhone・iPadアプリ開発でお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

iPhone・iPadアプリ開発の関連記事

iPadアプリ開発の見積もりについて徹底分析してみよう

2009年の初代iPad発売以来、4機種のiPadが展開されるようになりました。ユーザニーズに合わせて選べる各機種では、搭載するアプリ開発も活発です。そこで、ここではiPadアプリ開発に特化したノウハウを解説したいと思います...

AndroidアプリとiPhoneアプリは何が違うの?アプリで収益を得るためにやること

20〜30代のスマホ利用率が9割を超えた(出典:総務省「平成29年通信利用動向調査」)今、スマホ向けアプリサービスも数多く出ています。ただ、スマホはAndroidとiPhoneの2種類のOSがあり、また各メーカーによって画面...

アプリ開発を成功するための企画づくりと、オススメのアプリ開発会社

スマートフォンの急速な普及によって、スマートフォンで操作ができるアプリ開発が活発です。この数年で急成長を遂げているシェアリングサービス(Uber、Airbnbなど)も、いつでもどこでもインターネットに手軽に繋げられるスマート...

iOSもAndroidを同時に開発できるクロスプラットフォーム「Unity編」

インターネットの進化とともにスマートフォン(以降、スマホ)の普及が進みました。そしてスマホの普及とともに進化しているのが、スマホ向けアプリです。これまで、パソコンブラウザでインターネットに接続してWEBサイトを閲覧したり、ネ...

iPhoneアプリのストア申請とチェックポイント

iPhoneアプリは、開発してすぐにリリースできるわけではありません。iOSデバイスからユーザがダウンロードできるようにするため、アップルストアへ公開する必要があるのです。そしてアップルストアで公開するには、アップルストアの...

iPhone・iPadアプリ開発に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。