BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

iOSもAndroidを同時に開発できるクロスプラットフォーム「Unity編」

インターネットの進化とともにスマートフォン(以降、スマホ)の普及が進みました。そしてスマホの普及とともに進化しているのが、スマホ向けアプリです。これまで、パソコンブラウザでインターネットに接続してWEBサイトを閲覧したり、ネットショッピングを楽しんだりというものが一般的でしたが、今はスマホ向けに用意されたさまざまなアプリをダウンロードして利用します。そして今ではそのアプリも業種問わず、あらゆるサービスが立ち上がっている状況です。
そこで、ここではアプリ開発を行う上で必要な知識やノウハウを紹介します。

1. スマホアプリの種類と開発環境

スマホで使用できるアプリは3種類「Webアプリ」「ネイティブアプリ」「ハイブリッドアプリ」あります。 下記が3種類を比較した一覧になります。

Webアプリ ネイティブアプリ ハイブリッドアプリ
アプリ動作場所 ブラウザ 端末 端末
アプリダウンロード 不要 必要 必要
インターネット環境 必要 不要 アプリ動作時は不要
データ動作時は必要
OS依存 なし あり なし
カメラ、マイクなどの
端末機能の利用可否
不可

WEBアプリとは

インストール不要のアプリで、端末にインストールされているインターネットを閲覧するためのブラウザを使って利用できます。Google MapやGmail、Google Driveが該当しますが、これらをインストールする専用アプリもあります。

ネイティブアプリとは

Google PlayやApp Storeからそれぞれインストールして利用できるアプリになります。

ハイブリッドアプリとは

WebViewというHTMLを表示するコンポーネントを利用して、WebアプリケーションのようなUIを提供するアプリになります。 そして、スマホアプリ開発における開発用の言語、ツールの分類としてiPhone専用、Android専用、iPhone・Androidどちらも可能の3つのタイプがあります。これには、それぞれの開発方法があります。

iPhoneアプリ専用

iPhoneアプリの開発言語としては、Objective-C、Swiftがあります。どちらを使うのが良いか?という議論がありますが、これから新規でアプリ開発をするのであれば、Swiftが勧められるケースの方が多いでしょう。Objective-Cは使えるようになるまでの学習コストが高いということで認知されています。一方、Swiftは、RubyやPHPの設計思想を取り入れているため、取り組みやすいと言われています。

Androidアプリ専用

Androidアプリ開発の専用言語としては、Javaになります。Android Studioを使って開発する流れが主流です。JavaはAndroidアプリ以外でも使われている多様性アプリになります。

どちらも可能な開発環境

ネイティブアプリを作成するのは、2つの方法があります。iOSとAndroidそれぞれ単独開発を行う方法と、同時に開発を行えるクロスプラットフォームの開発環境です。

2. クロスプラットフォームとは

クロスプラットフォームとは、iPhone、Androidアプリに関係なく動作するプログラム言語を利用して開発する手法になります。

では、クロスプラットフォーム開発のプログラムにはどのようなものがあるのでしょうか。

Cordova

HTML、Javascript、CSSでアプリ開発ができます。

Xamarin

Visual Studioに無償で同梱されています。画面デザインをiPhone、Androidアプリで共通化できます。

Unity

ゲーム開発するためのゲームエンジンです。

Cocos2d-x

クロスプラットフォーム開発に多王下オープンソースのゲームフレームワークになります。

TitanumMobile

Javascriptで、iPhoneアプリ、Androidアプリが作れる開発環境です。

React Native

Facebookが開発したフレームワークです。

Kotlin(コリトン)

JetBrains(ジェットブレインズ)社が開発したオブジェクト指向プログラミング言語になります。

クロスプラットフォーム開発を行うメリットがいくつかあります。クロスプラットフォーム開発と言われている言語、フレームワークはいくつか存在しますが、共通していることとして「言語統一ができる」「Android、iOSSDKの仕組みを同じレベルで習得できる」というのがあります。言語が統一できるのはとても大きなメリットです。また、ある程度プラットフォームの共通化ができるようなAPIをサポートしてくれています。

但し、クロスプラットフォーム開発を検討する上での注意点はあります。どのプログラム言語を使用してアプリ開発する場合でも、iOS、AndroidのそれぞれのOSのことを理解しておく必要はあるということです。OSによってファイルやフォルダの場所、呼び出し方が異なったりします。また、Androidアプリの場合、カメラを利用する場合にアクセス許可を取る必要があります。
そして、クロスプラットフォームの開発自体はXcodeを利用しないで開発することで、MacOSは必要ありませんが、Apple Storeで配布する場合はMacで作業をしなくてはいけませんので必要になります。iOSアプリ、iPhoneアプリは、MacOSのパソコンが必ず必要になります。

3. Unityとは

ここでは、クロスプラットフォームのアプリ開発で人気のUnityに関する説明をします。
Unityはゲーム開発で使われるイメージがありますが、ゲームだけではなく2D,3Dに問わずスマホアプリを開発することが可能です。
UnityではC#とJavascriptを用いてアプリを作りますが、アニメーションなどはGUIツールが用意されていて、開発しやすくなっているのが特徴です。
また、「アセット」と言われる追加機能やデータ提供の場が用意されているので、便利なツールから使いやすいデータまで幅広く揃っています。Unityのアセットは、アセットストアからダウンロードして購入することが可能です。

Unityらしさというところでは、多くのゲームアプリで利用されている有料アセットになります。これまでゲームシステムそのものは公開されるものは少なかったのですが、アセットストアでRPG、シューティング、アドベンチャーなどの幅広いゲームシステムが提供されています。それらの利用は制限なくアプリに組みことが可能となります。 また、ゲームシステム以外で山や川などのデータ販売をされていますが、Unityで利用する前提で、変換作業なしで利用できることはメリットになります。

さらに、一般的に開発がしにくいAR(拡張現実)を利用したアプリ開発が可能です。Unity用のAR開発プラグインが提供されているので、それらを使って一般的に難しいARを利用したスマホアプリを開発することができます。

4. まとめ

ここでは、スマホアプリ開発における開発環境について説明してきました。
スマホアプリは、iPhoneとAndroidでのOSの違いがあるため、どうしてもそれぞれ対応するアプリを開発しようとすると異なる開発環境とプログラム言語で行う必要が出てきます。しかし、AndroidとiPhoneの両方でアプリリリースを考えている場合は、クロスプラットフォームの開発環境を構築することで、開発が可能になります。但し、クロスプラットフォームの環境は、まだまだ細部のチューニングを行うことができません。今回紹介したUnityは、ゲーム開発を行う場合としてUnity一択です。事例としては任天堂のスーパーリオラン、スクウェア・エニックスのドラゴンクエストVIIIもUnityで作られています。 これから5Gが普及されてくると、データ送受信が今以上に早く、画像や動画を瞬時に送れるようになりますので、スマホの中に3D環境を作りやすくなりますし、ゲームも今以上にできることが多くなります。
そういった環境を踏まえて、スマホアプリの最新情報にアンテナを張っておくことは大事なことではないでしょうか。

iPhone・iPadアプリ開発でお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

iPhone・iPadアプリ開発の関連記事

iPadアプリ開発の見積もりについて徹底分析してみよう

2009年の初代iPad発売以来、4機種のiPadが展開されるようになりました。ユーザニーズに合わせて選べる各機種では、搭載するアプリ開発も活発です。そこで、ここではiPadアプリ開発に特化したノウハウを解説したいと思います...

AndroidアプリとiPhoneアプリは何が違うの?アプリで収益を得るためにやること

20〜30代のスマホ利用率が9割を超えた(出典:総務省「平成29年通信利用動向調査」)今、スマホ向けアプリサービスも数多く出ています。ただ、スマホはAndroidとiPhoneの2種類のOSがあり、また各メーカーによって画面...

アプリ開発を成功するための企画づくりと、オススメのアプリ開発会社

スマートフォンの急速な普及によって、スマートフォンで操作ができるアプリ開発が活発です。この数年で急成長を遂げているシェアリングサービス(Uber、Airbnbなど)も、いつでもどこでもインターネットに手軽に繋げられるスマート...

iOSもAndroidを同時に開発できるクロスプラットフォーム「Unity編」

インターネットの進化とともにスマートフォン(以降、スマホ)の普及が進みました。そしてスマホの普及とともに進化しているのが、スマホ向けアプリです。これまで、パソコンブラウザでインターネットに接続してWEBサイトを閲覧したり、ネ...

iPhoneアプリのストア申請とチェックポイント

iPhoneアプリは、開発してすぐにリリースできるわけではありません。iOSデバイスからユーザがダウンロードできるようにするため、アップルストアへ公開する必要があるのです。そしてアップルストアで公開するには、アップルストアの...

iPhone・iPadアプリ開発に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。