BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

ファッションテックとは?IT活用における次の施策は「パーソナライズ」化

ファッション業界に興味がない場合、「ファッションテック」という分野にはあまり触れる機会がないかもしれません。 衣食住の一つとして、衣は誰もが生活に必要となるものです。そこから考えると、ファッションテックも身近なものになるのではないでしょうか。今回は、ファッションテックとはどのようなものなのか、IT活用によって何が解決できるのかについて解説します。

1. ファッションテックとは

ファッションテックとは、ファッションとテクノロジーを掛け合わせた造語になります。 ファッションの開発物流システムの構築などの分野において、テクノロジーを活用することでファッション業界を活性化させるための全体の動きを指しています。ファッションテックは、2013年頃から徐々に話題になっています。 ファッションテックにおけるテクノロジーは、主にIT技術を用いることを言います。 例えば、スマホアプリで展開されているコーディネートアプリ、ブランド品のレンタル、ECサイト、オークションアプリなど含まれます。 ファッションテックが席巻する中で、ファッション業界で必要になってくるスキルがあります。それはデジタルリテラシーです。これまでは「ファッションが好き」というのが優先で成立できる部分もありましたが、ファッションテックが一般化した今では、ファッションの知識だけでは不足しているようです。 ファッション業界では、生産性、売上向上、品質維持など、あらゆる課題を抱えています。それらをIT技術によって解決しようとしている中で、ファッション用語以外のデジタルリテラシーが求められることは当然なのです。

2. ファッション界を大きく変えるIT技術

これまで、ファッションアイテムを購入するには、アパレルブランドやセレクトショップ、百貨店などで購入するのが一般的でした。しかし、WEBサービスやスマホアプリでは、商品購入を行えるECサービスで購入できたり、または購入はせず、レンタルで一定期間だけ所有するというような流れができています。これらを支え、且つファッションカルチャーに変化をもたらしたのが、IT技術です。ブランドやショップの来店者を会員化できたり、クーポン配布、ポイント配布、特別セール案内など、IT技術を駆使したプロモーションやカスタマーケアも一般化しました。 既にファッション業界にとって、ITはなくてはならないものになっています。IT技術の進化とともに、今後は一層のIT技術活用をしていこうとしているのが今のファッション業界です。

3. 日本のファッションテック市場

ファッション市場規模は、約9兆円です。ファッション業界全体で問題になっているのは、人口減少です。ただ販売するのではなく、テクノロジーを使ったBtoB、BtoC、CtoCのどのプラットフォームでも、ファッションテックは世界的に拡大傾向です。 それぞれの分野において解説します。

BtoB

デジタルファブリケーション

業界的にはグーグルの「プロジェクトジャガード」が有名です。繊維センサーの開発を行い、究極のウエアラブル端末と言える服のデジタルデバイス化が進んでいます。また、デジタルプリントに代表されるような生産ロットに縛られず、多様なニーズに合わせて少量から手軽に、あらゆるデザインやパーソナライズ対応を実現した生産手法が広がっています。

バーチャルフィッティング

アパレルのECサイトでは、フィッティングができないことによる機会損失はとても課題でした。もしリアル店舗展開しているアパレルなどでは、顧客が店舗で試着だけしてECサイトで後から購入するということがあることも珍しいことではありませんでした。 IT技術の発展によって、「バーチャル試着」ができるWEBサービスができました。画像認識やVRなどの技術を用いて、バーチャル空間で違和感なく試着ができる世界に近づいています。これらのサービスによって、ECにおけるコンバージョン向上へ役に立てることが可能です。

BtoC

バーチャルスタイリスト

おしゃれ好きでもスタイリングについてアドバイスが欲しいという人は多くいます。「インスタグラマー」が一躍躍り出たのも、その理由の一つでしょう。プロのスタイリストからのアドバイスをもらう、AIによってレコメンドされる、などのアプローチでスタイリング提案をしてくれます。ユーザの好みと的確なアドバイスやレコメンドが、どれくらいの制度でマッチングするかにもよりますが、マッチング精度が上がるごとにECコンバージョン率も上がるとみられます。

クロージングサブスクリプション

遊休資産を共有し合うシェアリングサービスの分類として、洋服屋アクセサリーをレンタルできるサービスが各社より出てきています。ブランドバックレンタルは日本では受けるようですが、パーティー文化があまりない日本では、ドレスレンタルは工夫が必要なようです。

パーソナルオーダー

ファッションテックで熱い注目を受けたのが、ZOZOが出した「ZOZOスーツ」です。特殊なセンサーファ貼り巡らされていて、スーツを着た人は計測のメジャーを使用しなくても体の部位の採寸ができます。その採寸情報をもとにフィットする洋服をオーダーすることができます。従来抱えていたECの課題を解決する変革です。

CtoC

フリマアプリ

メルカリの人気で一気に注目されることになった個人対個人のフリマアプリです。メルカリでは、商品の見せ方、購入から決済、配送、評価に至るまで、ユーザビリティの高さもあって日本では唯一のユニコーン企業として認識されています。あらゆる商品が思っている以上に売れるということで、コスメなど含めてなるべくブランド品を購入するというユーザも出てきています。

4. ファッションテックで、今後期待される分野とは?

今後、ファッション業界で重要になってくるポイントとして、「パーソナライズ」にあると言われています。実は、ファッション業界に限らず、あらゆる業界においてパーソナライズは注目ワードです。ビッグデータ、AIの活用等によって個人の趣味趣向を導き出すパーソナライゼーションが可能になってきました。 ファッション業界においては、顧客に合った洋服を作るか、売るかというのは目指していることです。Eコマースの流れを見ても、導入当初の「ECを使った洋服の販売」から始まり「ビジュアル表現やコーディネートで販売促進する」という変化があり、次の変化として顧客それぞれにコミュニケーションを積極的に介します。フリマアプリのメルカリでは、ユーザ同士による価格交渉が行われ、最終的な価格が決まっていくというような状況が一般的になっています。IT技術が更に進化することで、パーソナライズのファッションテックは実現可能になります。

5. まとめ

ここまでファッションテックについて解説してきましたが、いかがでしょうか。ファストファッションなどの台頭によって、ファッション業界は非常に課題の多い業界です。IT技術を駆使することで、認知や売り上げを伸ばそうとする動きは活発です。まだまだ進化の途中にあるパーソナルフィッティングやパーソナルオーダーなど、今後はよりパーソナルに寄ったファッションテックが活発化すると予想されます。

システム開発でお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

システム開発の関連記事

ファッションテックとは?IT活用における次の施策は「パーソナライズ」化

ファッション業界に興味がない場合、「ファッションテック」という分野にはあまり触れる機会がないかもしれません。 衣食住の一つとして、衣は誰もが生活に必要となるものです。そこから考えると、ファッションテックも身近なものになるので...

2019年、最も注目されるテクノロジー「RPA」とは?基本知識と活用例

この十数年で、オフィスワークのあらゆる仕事がデジタル化・IT化されたことで、紙や帳票系などのアナログで業務を行うことは随分減ったと思います。しかし、オペレーション業務ごとにIT化がされていくことで、システムが行う作業と作業の...

話題のシェアリングエコノミーとは?広がりの背景と基本知識、利用者メリットまとめ

人々が持つ「遊休資産」を活用したサービスが世界中でムーブメントを起こしています。利用者も安価で利用でき、遊休資産を持っている提供者は、ちょっとした隙間で収入を得ることができることは、IT時代の今だから実現できることです。今後...

フードテックとは?注目される「食のIT革命」の世界潮流

食分野とテクノロジーの融合は、世界的に注目されているイノベーション分野です。この数年は、フードテックという言い方をされていますが、とても広範囲での意味合いになっています。 そこで、今回はフードテックについての基本とどの...

いまさら聞けないeスポーツとは?基本知識と、日本と海外の違い

この数年で日本でも、「eスポーツ」というキーワードが認知度を高めています。特に10〜20代の若年層のユーザがほとんどのため、その層へアプローチしたい各企業がスポンサー参入しているのを見ると、今後の可能性に期待が持てます。 ...

システム開発に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。