BUSINESS TIPSビジネスに役立つ情報がきっと見つかる

  • システム開発
  • システム開発

在庫管理システムの開発を外注する際に知っておきたいポイント

目次

在庫管理システムの
一括見積依頼案件のご相談発注先探しならリカイゼンへ!

無料で相談する

リカイゼンは、仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ
総合ビジネスマッチングプラットフォームです。
より詳細はこちら

はじめに

商品の在庫管理を台帳などの紙ベースやExcelで管理していたりしませんか?
紙やExcelはコストがあまりかからず手軽に用意ができますが、どうしても手作業が多いためミスが発生してしまう可能性が高く、計算する労力もかかりますよね。
人的ミスや工数を減らし業務を効率化したい、そんな時に役立つのが「在庫管理システム」です。

在庫管理システムとは

在庫管理システムとは、文字通り商品の在庫を適切に管理するためのシステムです。
お店を開業して商品の売買を行う際、種類が多ければ多いほど、各商品の在庫がどれくらいあるのかというデータの管理が重要になりますよね。
これを効率化することで正確に在庫の管理を行うためにシステムを導入しています。

在庫管理システムを導入するメリット

例えばネット通販の場合、入荷した商品をサイト上で掲載し、お客様から注文が入り次第発送を行います。
その際、掲載した商品の在庫を管理していないと、注文数に対し在庫が足りず発送できない、という事態に陥りかねません。
そのため、ネット通販・実店舗など業態を問わず、タグやJANコード、商品番号などを使用し正確にデータを把握するよう、システム化が当たり前になっているのです。 システム化することで、在庫に関わる数値をデータ化し業務に紐付けてスピーディーに、且つ一元管理でき、またデータをもとに必要在庫数の調整をするなど作業の効率化に繋がります。

在庫管理システムは大きく3種類に分かれる

在庫管理システムにも様々な種類があります。安価なものでは月額利用型で月数千円ほどから使えるクラウド型のものや、自社の業務に合わせてオリジナルで開発するもの、システム会社が持つパッケージ型のものなどがあります。
さらに大きく分けると、既に出来上がっているシステムを導入する場合と、自社に合わせてシステム会社に開発を依頼するケースとがあるイメージです。

クラウド型の特徴

初期費用無料、月額数千円など安価で使用できるものが多く、初めての方でも比較的導入しやすいものです。 機能はサービスやプランによって段階的に設定されていたり、必要に応じてオプションを追加していくものなどがあります。
ただし、必要な機能などカスタマイズを行う内に想定以上に費用が膨らんでしまう可能性もありますので注意が必要です。

パッケージ型の特徴

パッケージ販売するシステム会社から既存の在庫管理システムを購入し、自社のPCにダウンロードして使用するものです。
販売するシステム会社によって仕様が異なるため様々な種類があります。注意点として、自社の業務に適合するものでないと費用の割に使われないシステムになってしまう可能性もあります。
まず必要な機能をカバーしているか、業務フローに合うかを慎重に検討する必要があります。     

オリジナル開発の特徴

システム会社からのヒアリングを受け、自社の業務に合わせオリジナルのシステム開発を行います。
発注の際には業務フローの洗い出しから行い、自社に合った独自の機能の検討や業務効率を見直しを行っていきます。そのため、複雑な業務フローや管理手法をが必要な企業には適している方法です。
その分開発予算は数百万円など高額になることが多いため必要か否かを社内でしっかりと検討することが大切です。

開発を外注するシステム会社の選び方

商品を扱う企業ではビジネスの肝となる在庫管理システム。安さだけで決めてしまい失敗したという経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
システムにも様々な種類がありますが、導入を検討する場合はどれも一長一短あります。
その中で自社に最適なものを選ぶのはなかなか難しいですよね。

システム導入を行いたいものの、どこに依頼するかを迷われている方は、まず自社の要望に合うシステム会社を探してみましょう。
どの方法で依頼したら良いかわからない、一から相談したい方は、条件に合うシステム会社に無料相談し、各社からの提案を募集することがおすすめです。

システム開発でお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

システム開発の関連記事

予約システム構築の目的と見積もり比較について

目次 1.予約システムとは 2.予約システム構築の目的 予約システムが必要な理由 予約システム構築を行うための分野傾向 3.予約システムの構築で必要なこと 「フロント」開発で必要な機能 バックエンド」開発で必要な機能 4.システム開発会社への見積り依頼、発注方法 予約システム構築のための開発手法について システム開発会社の選定方法 発注からディレクションまで 5.まとめ 予約システムの一括見積依頼や案件のご相談、発注先探しならリカイゼンへ! 無料で相談する リカイゼンは、仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォームです。 より詳細はこちら 1.予約システムとは 予約システムとは、インターネットを使ってそれぞれ用意されているWEBサイトへアクセスし、予約ができる仕組みのことを言います。予約システムは、ユーザーからの予約状況を管理者側で確認できるようにしています。 例えば、ビューティーサロンを探して予約ができる「ホットペッパービューティー」、口コミランキングなどから飲食店を探すことができる「食べログ」、旅行する際に宿、ホテルの予約が可能な「じゃらんnet」などが該当します。 また、最近はスマートフォン向けのアプリやWEBでもスマホ最適化されたサービスが提供されていることも多いです。さらに、この数年はシェアリングエコノミーの波もあり、配車サービス「Uber」、民泊予約の「Airbnb」なども予約システムの一つとなります。 2.予約システム構築の目的 ①予約システムが必要な理由 なぜ、予約システムが必要なのか。いくつかの理由を説明します。 予約空き枠状況の確認から予約までの業務効率化 予約システムを構築する前は、電話予約、FAX、メールなどを使うのが一般的です。この場合、予約が既に埋まってしまっていると別の候補枠へ案内しなければいけません。予約システムを構築することで、予約を入れたいユーザー側も空き枠を一目で確認することができ、また運営側も随時、予約の状況を確認することができるので、業務効率化を図れます。 事前決済の導入で機会損失を防ぐ これまでの属人的な予約方法では、当日キャンセルへの対処が非常に困難でした。貸切パーティーなど団体予約が入っているにも関わらず、ユーザー都合による当日キャンセルは、飲食店の場合では食材の準備を含め、損失が大きくなってしまいます。しかし、WEBを使った予約システムでは、予約の際にクレジットカードなどを登録してもらい、デポジット(保証金)を一時金として預けるような仕組みを導入することも可能です。ホテル予約などは、この方式を取っていることが多く、キャンセル可能期日を過ぎるとキャンセル料が発生するようにすることができるため、機会損失を防げます。 ②予約システム構築を行うための分野傾向 予約システムを構築する際、どのような予約を必要としている分野なのかを整理しておく必要があります。それは、大きく二つに分けることができます。一つは、歯科医院などの病院やクリニック、美容室などの「空いている予約枠」に予約をしてもらうものです。もう一つは、定員数や開始時間・終了時間が決まっている学び系の教室、ヨガや講習会など「用意した予約枠に予約してもらう」予約サイトになります。 3.予約システムの構築で必要なこと 予約システムでは、基本的にユーザーが予約を行うための「フロント」側の開発と、運営側が予約状況の確認等を行う「バックエンド」側の開発の2つを行う必要があります。 ここでは、フロントとバックエンドのそれぞれに必要な機能等の説明を行います。 「フロント」開発で必要な機能 ユーザー側で必要な機能は、予約を行うための枠の表示のほか、誰が予約をしているのかを紐づけるためのユーザー情報を登録する機能になります。そして、何よりも必要なことはユーザーが使いやすい画面操作になっているか、予約したいと思う魅力的なデザインになっているかなど、機能以外の部分での考慮も必要です。 ・ユーザー登録 ・ユーザーログイン ・予約状況確認(指名予約などの拡張) ・予約 /キャンセル ・クレジット決済 「バックエンド」開発で必要な機能 バックエンド側で必要な機能は、予約管理を行えるものです。予約管理には、ユーザー情報、予約枠に対しての予約状況を確認できるなどです。また、売り上げ管理なども行える機能があると、後に会計管理などとの連携も行え、バックオフィス全般の効率化を図れるようになります。 ・スタッフ登録 ・スタッフログイン ・予約管理 ・顧客管理 ・売上管理 ・CSV出力 4.システム開発会社への見積り依頼、発注方法 予約システム構築のための開発手法について 予約システムは、現在多くのASP(アプリケーションサービスプロバイダ)が用意されています。0からオリジナルで開発するのか、ASPを導入するのか、また、カスタマイズを行うのか、どれを選ぶかで開発費用に大きく影響してくる部分なので、よく検討する必要があります ASPのメリットと注意すること ASPは、予め用意されているインターネット上のクラウドサーバ上でアプリケーションを実行することができるサービスになります。以前では、パソコンに1台ずつソフトをインストール等するなどしてサービスを使用するのが一般的でしたが、昨今のインターネット高速化、クラウドサーバの一般化によって、ASPは急速に伸びています。ASPのメリットは、低価格で使用を開始できること、どこからでもアクセスが可能というところです。 注意点としては、インターネット環境が必須のサービスになってくるので、もしインターネット環境の接続に不具合があったりするとサービス自体が使えないという現象になる可能性を考えておく必要があります。 また、クラウド上にデータを預けている状態になるので、セキュリティ面の注意が必要です。ASPではセキュリティ管理もASPサービス提供元に依存している場合がほとんどですので、手軽でありながらも取り扱いデータが増えてくると、セキュリティ面でのリスクも大きくなっていくことを考慮しておく必要があります。 0からオリジナル開発して構築する この場合、システム開発会社に依頼する場合がほとんどです。開発依頼元に情報システム部門の人材がいる場合は、情報誌システム部門の人材がRFP(提案依頼書)を作成し、開発会社へ依頼を行います。システム開発会社への依頼の仕方、見積りの取り方、選定方法などを以下で説明します。 システム開発会社の選定方法 外注としてシステム開発会社へ依頼を行う場合、2、3社での相見積もりを行って会社比較することをお勧めします。開発会社といっても人が行うわけですから、どんなに技術力があってもコミュニケーションが成立しなければシステムは完成しません。またその逆もありで、どんなにコミュニケーションが優れている開発会社でも技術が伴っていなければ、条件を満たすシステムは出来上がりません。 2、3社の開発会社から見積もりをもらうことで、費用比較もできますし、それぞれの会社の見積もり書などから、その会社の得意、不得意なこと、どこまで考えられて見積もりを出されているかなどを確認しやすくなります。 発注からディレクションまで 会社選定において1社が決まったら、いよいよ発注を行い、開発を行っていく上でのディレクション業務に入ります。開発していく方法としては、あらかじめ決めた仕様に対してテスト段階まで特に前工程には戻らないウォーターフォール形式の開発か、随時仕様を確定しながら進めていくアジャイル形式の開発があります。これはどちらを選ぶかによってディレクションは大きく変わってきますので、情報システム部門の人材及び開発会社ともよく話し合って決める必要があります。 5.まとめ 「予約システム」は、小規模なものから大規模なものまで様々です。また、上記で説明してきたように用途や分野によっても構築の仕方は異なります。予約システムの構築の目的、用途、開発するための予算など総合的に判断して、売り上げが上がること、また業務効率化がはかれることなども考えながら方針を決める必要があります。予約システムの構築における費用や会社比較、発注に関しては、リカイゼンで完全無料で対応が可能です。

在庫管理システムの開発を外注する際に知っておきたいポイント

目次 はじめに 在庫管理システムとは 在庫管理システムを導入するメリット 在庫管理システムは大きく3種類に分かれる クラウド型 パッケージ型 オリジナル開発 開発を外注するシステム会社の選び方 在庫管理システムの一括見積依頼や案件のご相談、発注先探しならリカイゼンへ! 無料で相談する リカイゼンは、仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォームです。 より詳細はこちら はじめに 商品の在庫管理を台帳などの紙ベースやExcelで管理していたりしませんか? 紙やExcelはコストがあまりかからず手軽に用意ができますが、どうしても手作業が多いためミスが発生してしまう可能性が高く、計算する労力もかかりますよね。 人的ミスや工数を減らし業務を効率化したい、そんな時に役立つのが「在庫管理システム」です。 在庫管理システムとは 在庫管理システムとは、文字通り商品の在庫を適切に管理するためのシステムです。 お店を開業して商品の売買を行う際、種類が多ければ多いほど、各商品の在庫がどれくらいあるのかというデータの管理が重要になりますよね。 これを効率化することで正確に在庫の管理を行うためにシステムを導入しています。 在庫管理システムを導入するメリット 例えばネット通販の場合、入荷した商品をサイト上で掲載し、お客様から注文が入り次第発送を行います。 その際、掲載した商品の在庫を管理していないと、注文数に対し在庫が足りず発送できない、という事態に陥りかねません。 そのため、ネット通販・実店舗など業態を問わず、タグやJANコード、商品番号などを使用し正確にデータを把握するよう、システム化が当たり前になっているのです。 システム化することで、在庫に関わる数値をデータ化し業務に紐付けてスピーディーに、且つ一元管理でき、またデータをもとに必要在庫数の調整をするなど作業の効率化に繋がります。 在庫管理システムは大きく3種類に分かれる 在庫管理システムにも様々な種類があります。安価なものでは月額利用型で月数千円ほどから使えるクラウド型のものや、自社の業務に合わせてオリジナルで開発するもの、システム会社が持つパッケージ型のものなどがあります。 さらに大きく分けると、既に出来上がっているシステムを導入する場合と、自社に合わせてシステム会社に開発を依頼するケースとがあるイメージです。 クラウド型の特徴 初期費用無料、月額数千円など安価で使用できるものが多く、初めての方でも比較的導入しやすいものです。 機能はサービスやプランによって段階的に設定されていたり、必要に応じてオプションを追加していくものなどがあります。 ただし、必要な機能などカスタマイズを行う内に想定以上に費用が膨らんでしまう可能性もありますので注意が必要です。 パッケージ型の特徴 パッケージ販売するシステム会社から既存の在庫管理システムを購入し、自社のPCにダウンロードして使用するものです。 販売するシステム会社によって仕様が異なるため様々な種類があります。注意点として、自社の業務に適合するものでないと費用の割に使われないシステムになってしまう可能性もあります。 まず必要な機能をカバーしているか、業務フローに合うかを慎重に検討する必要があります。      オリジナル開発の特徴 システム会社からのヒアリングを受け、自社の業務に合わせオリジナルのシステム開発を行います。 発注の際には業務フローの洗い出しから行い、自社に合った独自の機能の検討や業務効率を見直しを行っていきます。そのため、複雑な業務フローや管理手法をが必要な企業には適している方法です。 その分開発予算は数百万円など高額になることが多いため必要か否かを社内でしっかりと検討することが大切です。 開発を外注するシステム会社の選び方 商品を扱う企業ではビジネスの肝となる在庫管理システム。安さだけで決めてしまい失敗したという経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 システムにも様々な種類がありますが、導入を検討する場合はどれも一長一短あります。 その中で自社に最適なものを選ぶのはなかなか難しいですよね。システム導入を行いたいものの、どこに依頼するかを迷われている方は、まず自社の要望に合うシステム会社を探してみましょう。 どの方法で依頼したら良いかわからない、一から相談したい方は、条件に合うシステム会社に無料相談し、各社からの提案を募集することがおすすめです。

アヴァンザ製品紹介『来場者管理システム:evenger(イベンジャー)』

◆ 『来場者管理システム:evenger(イベンジャー)』とは 催事における来場者の来場状況を、リアルタイムで管理することができるシステムです。   ICタグを利用しているため、バーコードやQRコードで入場受付をするシステムと比べて よりスムーズに受付が出来ることが特徴です。 また、複数のブース受付を設定できるので、来場者が現在どのブースに居るのかを細かく把握する運用も可能です。 その他、さまざまな催事に対応することができるよう、各種設定機能を設けております。   資料請求、御見積り、デモンストレーション希望など、まずはお気軽にお問い合わせください。   TEL:03-5766-0611 FAX:03-5766-0612 E-mail:solution@avnz.co.jp 担当:ソリューション営業担当   ◆ 主な機能 1.来場受付 2.ブース受付 3.来場履歴一覧・検索 4.来場者数集計表示・Excel出力 5.催事情報設定 6.来場者情報設定   ◆ 必要機器構成 1.サーバーPC×1 2.受付用PC×(受付設置箇所数) 3.卓上リーダー×(受付PC数) 4.受付用ハンディー端末×(PCが設置出来ない受付箇所数) ※必要機器は弊社で用意いたしますが、PCはお客様用意のPCを利用することも可能です。  

世界中のお客様をおもてなし。 ルームコンシェルジュシステム「はまかんざし」

ホテル・旅館業の方々にとって、近年一番の関心事は「海外からのお客様をどうやっておもてなしするか」ということではないでしょうか。   年々増加するインバウンド(訪日観光客)に加え、2020年には世界中から人々が集まる大イベント、東京オリンピックが開催されます。 海外からのお客様を受け入れることは、ホテル・旅館の使命でもあります。   しかし、言葉の壁は厚いもの。 英語くらいならまだしも、中国語、韓国語、さらにはイタリア、フランス、ドイツ、果ては中東諸国の言葉までマスターするのは、語学の専門家でも難しいことです。   そんな悩みを解消できるように当社(長野システム開発株式会社)が開発したシステムが「はまかんざし」。 お客様の要望に合わせてさまざまな言語に対応できる、タブレット端末を利用したルームコンシェルジュシステムです。     ●ルームサービスを利用しやすく!   ルームコンシェルジュシステムは、「はまかんざし」以外にもいくつかあります。 NEC「UNIVERGE 客室タブレット」やMIRAIT「イータブ・プラス®」など大手企業が開発したものが多く、旅行先で実際にこれらを利用された方もいらっしゃるかもしれません。 そんななかにあって「はまかんざし」の大きな特徴は、食事のオーダーや貸し出し品(ドライヤーや靴乾燥機など)、施設利用予約(貸切風呂など)といった、フロントに電話をかけて依頼するルームサービスに特化していることです。   他社のシステムには、インターネット接続やホテルからのお知らせ、照明や空調の操作など、多くの機能が付加されています。 「はまかんざし」にも、それらの機能の多くが組み込まれていますが、メインはやはりルームサービス。 宿泊客の利便性を第一に考え、よりきめ細やかなオーダーができるシステムになっています。   たとえば朝食のオーダー。 「和食か洋食か」という程度の選択肢ならどこのサービスでも対応しますし、そもそもタブレット端末でオーダーする意味もあまりないでしょう。 「はまかんざし」では、朝食に付くドリンクを何にするのか、卵の焼き方は目玉焼きかスクランブルエッグかなど、一流のホテル・旅館であれば対応する細かいオーダーも、タブレット端末から行なうことができます。   海外旅行をされたことのある方ならお分かりになるかもしれません。 外国語での会話があまりできない人にとって、フロントに電話をかけて朝食をオーダーするのが、いかに大変なことか。 タブレット端末で、画像を見ながら落ち着いてオーダーできれば、宿泊客はどれだけ助かるでしょうか。   ホテル・旅館側にとっても、クロスセル(関連商品の購入)が期待でき、客単価のアップにつながります。 このことは「はまかんざし」を導入されたホテル・旅館の実績として表れています。     ●iPadを使ったサービスは「はまかんざし」だけ!   端末にiPadを使っているのも、「はまかんざし」の特徴です。 お客様には当社でセットアップしたiPadをお渡しするのですが、当然、iPadのさまざまな機能は宿泊客の方々に活用していただけます。   そもそも「はまかんざし」は、「iPadを使ってルームサービスができるシステムをつくりたい」というお客様の要望がもととなって作り上げたシステム。 他社のシステムでは、ハードウェア会社が作っていることなどからアンドロイド端末や専用端末が使われますが、それらと比べたとき、iPadがもつ高級感や操作性の高さは宿泊客に好印象を与えます。   難点は、iPad自体が高価であること。 導入には、管理者(ホテル・旅館)側が使用するホストコンピュータなどのほかに、客室の数と同じiPadが必要になります。 そのため、客室数が多いホテル・旅館、ことに客単価が比較的安いところでは、導入が難しいかもしれません。 このことから、客室数が少ない高級ホテル・旅館に、ぜひご利用いただきたいと考えています。 なお、今後の話にはなりますが、こうした状況に対応するため、宿泊客が持参するスマートフォンやタブレット端末が利用できるシステムも現在開発中です。     ●お客様の希望に合わせてカスタマイズが可能   「はまかんざし」は、対応する言語の数をはじめ、ホテル・旅館の希望に応じて、いかようにもカスタマイズすることができます。 また、当社が随時、機能を増やし、お客様の側でその機能を利用されるかどうかを選択できるようにしています。   このようにシステム自体に柔軟性をもたせていますので、ホテル・旅館にとどまらず、貸し会議室や高級料理店など、多くの業種でご利用いただけます。   興味を持たれた方は、ぜひ一度、当社ウェブサイトの「はまかんざし」紹介ページをご参照ください。 https://naganosd.com/hamakanzashi/

「正しいシンプル」こそ使いやすいソフトウェア

シンプルとは、少ない機能でおしゃれに作ることではありません   みなさんは、シンプルな商品というと、どういうイメージを思い浮かべますか。すっきりした見た目で、使う際にあまり考えこまなくていい、よく考えられた操作性のものではないでしょうか。   ところが、よく陥りがちな誤りとして、シンプルさにこだわるあまり「機能をそぎ落とし過ぎる」場合があります。特にソフトウェアに顕著な傾向だと思います。必要な機能を漏らさず搭載しながら、洗練されたルック&フィールを実現することは、想像以上に高度なセンスを要求されるのです。   弊社Funseek(ファンシーク)は、業務システムの開発やスマートフォン、タブレットのためのアプリ開発、販売管理システムサービスの提供を主に手がける会社です。ですから、私たちが「シンプルなデザイン」と言う時はシステムの画面設計を指しますし、画面設計でめざしているのは「正しくシンプルである」ことです。   業務系システムの場合、多機能であるほど見た目がゴチャゴチャになり、使いづらくなりがちです。色が多く、アイコンが無駄に立体になっていたり、画面上の要素が多いためにその煽りを受けて、入力欄が小さくなってしまったりしています。そうならないためにシンプルなデザインをめざすわけですが、往々にして、機能そのものを減らしてしまいがちです。重要なのは、「機能をいかにまとめあげるか」「いかに使いやすくするか」ということです。   弊社にとっての「シンプルなデザイン」とは、見た目をおしゃれに作ることではありません。初めてさわる人でも戸惑わない使いやすいデザインこそ、めざすべき「正しいシンプル」です。そのための画面設計の基本として、「1画面におけるメインアクションは1つ」「導線をきちんと考えること」を心がけています。     「いちユーザーの視点」を持ち込むことで、使いやすさが実現します   必要な機能をどの画面に、どう配置していくか。この重要命題を解くために、まずはお客様の現状の業務フローを事細かに取材しています。そして業務フローを確認しながら、機能要件を固めていき、各画面を設計していきます。画面の設計は業務の設計でもあるわけです。関連する機能は、あちこちの画面に散乱していると使いづらいので、まとめてあげます。無駄な手順があれば、この機能とこの機能はまとめよう、といったこともよくやります。   私自身は、非エンジニアです。そのことが、使いやすいシステムを構築するのに非常に役立っていると思います。エンジニアに「この機能自体は確かに便利だけど、操作が使いにくい」という意見をエンジニアに投げたりします。エンジニアにとっては機能要件をどうクリアするかが主題となっていますが、そこへ私が「いちユーザーの視点」を持ちこむことで、システムの使い勝手を良くする結果になっているのだと思います。     ex.機能が隠れている → クリックされて隠れていた機能が見えている   例えば、弊社の販売管理システム「FunBiz」はSaaSとしてご提供しているのですが、見積 / 受注 / 発注 / 在庫 / 請求 / 売上という一連の業務の流れが、見やすく分けられたタブメニューとして用意されています。画面でおわかりいただけると思いますが、すぐにはいらない情報や機能は隠してあげて、必要な時はクリックすれば表示されるようにしてあります。     ex.見積書のプレビューが表示されている   見積の作業中は画面の下のほうに常に見積書のプレビューが表示されています。見積のプロセスで何をするかといえば、見積書を作りたいわけですから。これが「1つの画面にメインアクションは1つ」という設計方針です。また、受注関連の作業をしているのなら、トップ画面に履歴が出ていると使いやすいです。在庫切れになりそうな商品がアラート表示されるのなら、その画面から発注書が作成できると便利です。そのようにして、関連する機能をまとめています。   さらに、導線に法則性があると、ユーザーは使いやすいです。例えば、「保存」ボタンはすべて右下に配置しています。保存する時は右下を見ればいい、そう意識付けすることで、考える時間を少しでもなくして、より効率的にできます。このように「自分だったら、どういうデザインが使いやすいか」を常に考えながら、画面設計に取り組んでいます。「シンプルなデザイン」とは、弊社にとって、使いやすさと同義なのです。

システム開発に関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。