BUSINESS TIPSビジネスに役立つ情報がきっと見つかる

  • コピーライティング・ライター・編集
  • WEBコンテンツライティング

ライティングを外注するとどんなメリットがあるのか

自社の商品やサービスを宣伝し、世間に周知させるために、ホームページを作ったり、カタログやチラシを作ったりする方法があります。
ホームページをはじめカタログやチラシには、文章を掲載する必要があります。
文章を自社社員自ら作成しても良いですし、別でお願い(外注)することもできます。

外注するとどんなメリットがあるのか

文章を自社社員自ら考えて掲載することができますが、それでは時間が足りないと頭を抱える企業が多いです。
本業がおろそかになったり、文章を作成している間、別の社員がフォローをするなど負担がかかったりします。
時間も手間もかかると困った際は、外注することをおすすめします。
コストがかかるのではと懸念するかもしれません。
しかし、外部にお願いすることで自社社員が残業をしなくなり、残業代を支払う必要がなくなるかもしれません。
結果、コストダウンにつながりますので検討しましょう。
また自社で作成する場合、1人や2人と少人数になるでしょう。
少人数の場合、どうしても文章にクセがあるなど偏ってしまいます。
色々な人に書いてもらえるという点も、外部にお願いするメリットです。
第三者の目線で見てもらえるので、自社では当たり前と思っていることに魅力を感じてもらえることがあります。
当たり前のことでメリットを感じていなかったことがとりあげられ、結果大体的にアピールできるかもしれません。
あわせて、自社社員が作成すると専門用語を使った文章になる可能性があります。
外部にお願いすると、専門用語をかみ砕いて説明してくれたりと、世間一般的にわかりやすい文章作成が可能になります。

インターネット上に掲載する場合に考えたいこと

外部にお願いする場合ですが、どこに掲載する文章を作成してもらうのか、目的にあわせて依頼先を選ばなくてはいけません。
ホームページをはじめインターネット上に掲載するのであれば、WEBに強い依頼先がおすすめです。
パソコンで見ても、スマートフォンやタブレットで見ても、文章が読みやすく伝えたいことがわかりやすいようにと工夫をしてくれます。
パソコン専用のホームページ、スマートフォンやタブレット専用のホームページと、それぞれ対応してくれる業者もあります。
文章をどこに掲載するのか、また1つのコンテンツに何文字ほどの文章を掲載するのかと、レイアウトについても任せましょう。
小さい文字でだらだらと書かれても、途中で読むのをやめてしまったり、最初から文章が長いと読んでもらえなかったりする可能性があります。
宣伝したいことを、わかりやすく、短い文章で伝えられるかも重要です。
またWEBに強い業者であれば、SEO対策に対応していることが多いです。
検索したときに、検索結果の上の方にホームページが表示されるように対策を採ってくれます。
地域名を入れたり、商品の名前や関連するキーワードを入れたりと、SEO対策用の文章をお願いできます。
URLをダイレクトに入力して、ホームページを表示させる方法を採る方は減っています。
まずは、検索結果ページの上の方に表示するよう持っていくのがコツです。
専門的な知識がなければ、SEO対策を採るのは難しいでしょう。
専門家にお願いし、専用の文章を作成してほしいと伝えることをおすすめします。
WEBを専門に行っている業者も増えてきました。
これまでの経験が豊富にあるか、口コミなど確認の上で業者を選びましょう。

紙媒体に強い業者にお願いしよう

チラシやパンフレット、カタログなど、紙媒体を作成する際の文章をお願いするケースがあります。
その際は、紙媒体に強い業者がおすすめです。
イラストとあわせて、文章をどこに掲載すると見やすいかなど全体のバランスを考えて作成してもらえます。

文章ばかりで紙を埋めるのではなく、イラストを適切に使用し、文章を読んでもらえるよう誘導することが大切です。 A3で作る場合、A4で作る場合など紙の大きさを考えて作成してくれる業者もあります。
カタログが何ページだから、文章はこれぐらいにしてと細かく提案してもらえるとベストです。

デザイン作成などそのほかまとめてお願いしましょう

文章を考えてもらい、後は自社で作成する方法があります。
文章だけもらって、写真やデザインなど素材は自社で用意して作成しようと試みるケースもあるでしょう。
文章のみ外部にお願いすれば良いので、コストが安く済むかもしれません。
しかし、デザインと文章と写真とそれぞれのバランスを考えて作成することが難しくなります。
デザイン作成や写真などの素材集めも、まとめて業者に依頼すると、全体のバランスを考えてそれぞれ作成してもらえるので便利です。
写真やデザインと、素材を集めたり作ったりと手間もかかります。 時間の節約にもなるので、まとめて依頼することをおすすめします。

ホームページ作成を目的としている場合

ホームページを作成する場合、ホームページ作成をして実際インターネット上にアップさせるまでまとめて引き受けてくれる業者があります。
トップページ、サービス案内、お客様の声、ブログ、SNSなど各項目のページ作りと細かく引き受けてくれます。
新着情報を掲載しなおすなど、後々更新が必要であれば自社で行えるようにするなど、都合の良いように対応してもらえます。
メインのホームページを作るためのライティングをお願いしたい、もしくはサテライトサイトを作るのでお願いしたいと、サイトを作る目的を伝えて依頼することができます。
インターネット関連に対し知識がない場合や、知識はあるが手が回らない場合など、目的にあわせて対応してくれる業者は魅力です。

見積もりを取り各項目を確認しよう

文章だけお願いするのか、それともホームページ作成を丸ごと依頼するのか、カタログに掲載する項目をすべて依頼するのかと、どこまでお願いするかによって費用が異なります。
予算と照らし合わせて、魅力な方法を選びましょう。
見積もり書をもらったら各項目を確認してください。
安いと思ったらライティングのみの金額だったと、後々トラブルになるかもしれません。
複数の業者から見積もりを取り、比較して自社にとって負担が少ない方法を選んでください。

紙媒体をお願いするときは印刷や郵送について確認が必要

カタログやパンフレットそしてチラシなど、紙媒体をお願いする場合、印刷について考えましょう。
印刷もお願いした業者で行ってくれるのか、それとも別の業者にお願いしなくてはいけないのか、業者のサービスを確認してください。
複数の業者にまたがって依頼すると、時間や手間がかかります。
あわせて郵送費用を確認してください。
まとまった数をお願いすると、郵送費用を無料としている業者もあります。
コスト削減をするため、まとめてお願いするのもコツです。
自社に郵送してもらいお客様の元にお届けする方法、もしくは業者から直接お客様宅へ郵送してもらう方法など、様々な方法があります。
それぞれの費用を確認し、手間がかからずお得な方法を採りましょう。

まとめ

ライティングを外注することで、得られるメリットがたくさんあります。
費用がかかるように思えて、実際社員の負担が減りコストダウンにつながるかもしれません。
各業者サービス内容が異なるため、どこまでお願いするのか、どこまでお願いするとメリットがあるのか考えて業者を選びましょう。
業者の特徴を理解し、良きパートナーを見つけてください。

WEBコンテンツライティングでお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

WEBコンテンツライティングの関連記事

ライティングを外注するとどんなメリットがあるのか

自社の商品やサービスを宣伝し、世間に周知させるために、ホームページを作ったり、カタログやチラシを作ったりする方法があります。 ホームページをはじめカタログやチラシには、文章を掲載する必要があります。 文章を自社社員自ら作成しても良いですし、別でお願い(外注)することもできます。 外注するとどんなメリットがあるのか 文章を自社社員自ら考えて掲載することができますが、それでは時間が足りないと頭を抱える企業が多いです。 本業がおろそかになったり、文章を作成している間、別の社員がフォローをするなど負担がかかったりします。 時間も手間もかかると困った際は、外注することをおすすめします。 コストがかかるのではと懸念するかもしれません。 しかし、外部にお願いすることで自社社員が残業をしなくなり、残業代を支払う必要がなくなるかもしれません。 結果、コストダウンにつながりますので検討しましょう。 また自社で作成する場合、1人や2人と少人数になるでしょう。 少人数の場合、どうしても文章にクセがあるなど偏ってしまいます。 色々な人に書いてもらえるという点も、外部にお願いするメリットです。 第三者の目線で見てもらえるので、自社では当たり前と思っていることに魅力を感じてもらえることがあります。 当たり前のことでメリットを感じていなかったことがとりあげられ、結果大体的にアピールできるかもしれません。 あわせて、自社社員が作成すると専門用語を使った文章になる可能性があります。 外部にお願いすると、専門用語をかみ砕いて説明してくれたりと、世間一般的にわかりやすい文章作成が可能になります。 インターネット上に掲載する場合に考えたいこと 外部にお願いする場合ですが、どこに掲載する文章を作成してもらうのか、目的にあわせて依頼先を選ばなくてはいけません。 ホームページをはじめインターネット上に掲載するのであれば、WEBに強い依頼先がおすすめです。 パソコンで見ても、スマートフォンやタブレットで見ても、文章が読みやすく伝えたいことがわかりやすいようにと工夫をしてくれます。 パソコン専用のホームページ、スマートフォンやタブレット専用のホームページと、それぞれ対応してくれる業者もあります。 文章をどこに掲載するのか、また1つのコンテンツに何文字ほどの文章を掲載するのかと、レイアウトについても任せましょう。 小さい文字でだらだらと書かれても、途中で読むのをやめてしまったり、最初から文章が長いと読んでもらえなかったりする可能性があります。 宣伝したいことを、わかりやすく、短い文章で伝えられるかも重要です。 またWEBに強い業者であれば、SEO対策に対応していることが多いです。 検索したときに、検索結果の上の方にホームページが表示されるように対策を採ってくれます。 地域名を入れたり、商品の名前や関連するキーワードを入れたりと、SEO対策用の文章をお願いできます。 URLをダイレクトに入力して、ホームページを表示させる方法を採る方は減っています。 まずは、検索結果ページの上の方に表示するよう持っていくのがコツです。 専門的な知識がなければ、SEO対策を採るのは難しいでしょう。 専門家にお願いし、専用の文章を作成してほしいと伝えることをおすすめします。 WEBを専門に行っている業者も増えてきました。 これまでの経験が豊富にあるか、口コミなど確認の上で業者を選びましょう。 紙媒体に強い業者にお願いしよう チラシやパンフレット、カタログなど、紙媒体を作成する際の文章をお願いするケースがあります。 その際は、紙媒体に強い業者がおすすめです。 イラストとあわせて、文章をどこに掲載すると見やすいかなど全体のバランスを考えて作成してもらえます。 文章ばかりで紙を埋めるのではなく、イラストを適切に使用し、文章を読んでもらえるよう誘導することが大切です。 A3で作る場合、A4で作る場合など紙の大きさを考えて作成してくれる業者もあります。 カタログが何ページだから、文章はこれぐらいにしてと細かく提案してもらえるとベストです。 デザイン作成などそのほかまとめてお願いしましょう 文章を考えてもらい、後は自社で作成する方法があります。 文章だけもらって、写真やデザインなど素材は自社で用意して作成しようと試みるケースもあるでしょう。 文章のみ外部にお願いすれば良いので、コストが安く済むかもしれません。 しかし、デザインと文章と写真とそれぞれのバランスを考えて作成することが難しくなります。 デザイン作成や写真などの素材集めも、まとめて業者に依頼すると、全体のバランスを考えてそれぞれ作成してもらえるので便利です。 写真やデザインと、素材を集めたり作ったりと手間もかかります。 時間の節約にもなるので、まとめて依頼することをおすすめします。 ホームページ作成を目的としている場合 ホームページを作成する場合、ホームページ作成をして実際インターネット上にアップさせるまでまとめて引き受けてくれる業者があります。 トップページ、サービス案内、お客様の声、ブログ、SNSなど各項目のページ作りと細かく引き受けてくれます。 新着情報を掲載しなおすなど、後々更新が必要であれば自社で行えるようにするなど、都合の良いように対応してもらえます。 メインのホームページを作るためのライティングをお願いしたい、もしくはサテライトサイトを作るのでお願いしたいと、サイトを作る目的を伝えて依頼することができます。 インターネット関連に対し知識がない場合や、知識はあるが手が回らない場合など、目的にあわせて対応してくれる業者は魅力です。 見積もりを取り各項目を確認しよう 文章だけお願いするのか、それともホームページ作成を丸ごと依頼するのか、カタログに掲載する項目をすべて依頼するのかと、どこまでお願いするかによって費用が異なります。 予算と照らし合わせて、魅力な方法を選びましょう。 見積もり書をもらったら各項目を確認してください。 安いと思ったらライティングのみの金額だったと、後々トラブルになるかもしれません。 複数の業者から見積もりを取り、比較して自社にとって負担が少ない方法を選んでください。 紙媒体をお願いするときは印刷や郵送について確認が必要 カタログやパンフレットそしてチラシなど、紙媒体をお願いする場合、印刷について考えましょう。 印刷もお願いした業者で行ってくれるのか、それとも別の業者にお願いしなくてはいけないのか、業者のサービスを確認してください。 複数の業者にまたがって依頼すると、時間や手間がかかります。 あわせて郵送費用を確認してください。 まとまった数をお願いすると、郵送費用を無料としている業者もあります。 コスト削減をするため、まとめてお願いするのもコツです。 自社に郵送してもらいお客様の元にお届けする方法、もしくは業者から直接お客様宅へ郵送してもらう方法など、様々な方法があります。 それぞれの費用を確認し、手間がかからずお得な方法を採りましょう。 まとめ ライティングを外注することで、得られるメリットがたくさんあります。 費用がかかるように思えて、実際社員の負担が減りコストダウンにつながるかもしれません。 各業者サービス内容が異なるため、どこまでお願いするのか、どこまでお願いするとメリットがあるのか考えて業者を選びましょう。 業者の特徴を理解し、良きパートナーを見つけてください。

仕事紹介文、先輩紹介文の書き方

採用サイトの中で最も多く設置されているコンテンツが「仕事紹介」と「先輩紹介」です。どの企業の採用サイトを見ても、この2つのコンテンツは掲載され大きく扱われ、多くの場合、現役社員の写真とセットで掲載されています。求職者が企業に求める情報でもこの2つは人気コンテンツです。では、この2つのコンテンツを制作する際、どのような点に気をつけたらよいのでしょうか。コンテンツの目的を明確にする私が各社の仕事紹介や先輩紹介を読んで気になることは、情報の軸が無い=何を伝えたいのか分かりにくい、ということ。多くの採用サイトでは、ただ単に先輩にインタビューした記事を載せています。が、読んでいる求職者は別に現役社員のことを知りたいわけではありません。そこに掲載されてる社員が誰であろうと構いません。重要なのはそこで何を伝えるのか、ということです。まず大切なことは、求める人物像を明確にすることです。この求める人物像と現役社員の言動が一致していない場合が多々あります。求める人物像=現役社員でないと辻褄が合いません。特に採用サイトに登場する社員は、その会社のロールモデルですので自社の人材要件にマッチしている必要があります。ですので、先輩の声を通して仕事紹介や会社の魅力を伝える場合は、インタビューやアンケートした内容をそのまま載せるのではなく、人材要件に合わせて編集する必要があります。ただ、この編集作業は慣れていないと難しいため、一般的な制作会社に任せるのではなく、自社の採用担当者でしっかりチェックしましょう。学生が求める仕事を意識する自社が求める人材像を文章に含むことも大切なのですが、求職者がどのような仕事をしたいのか知り、それに合わせて編集することも大切です。新卒採用の情報にはなりますが、マイナビ『18年卒 就職モニター調査8月』から「入社してやってみたい仕事」の情報を抜粋しました。2018年卒学生が入社してやってみたい仕事人の役に立てる仕事がしたい自分が何かを達成したと感じられる仕事がしたい自分の成果をきちんと認めらもらえるような仕事がしたい仕事の内容よりも周りの人間関係や職場環境の良い所で働きたい社会貢献が出来るような仕事がしたい上記の結果を見ると、「貢献性」「達成感」「評価」「環境」というキーワードが大切だと分かります。先輩紹介や仕事紹介の文章を作成する際には、これらキーワードを含んだ文章に仕上げましょう。一人の社員の言葉に全てのキーワードを含む必要はありません。例えば営業社員の紹介であれば「評価」を軸に展開する、女性社員であれば「環境」を軸に展開する、バックオフィスの仕事であれば敢えて「貢献性」を軸に展開する、など最初の設計段階で決めてしまいましょう。採用サイトの全てのコンテンツには必ず狙いがあります。採用サイトを制作する際は設計段階で各コンテンツの狙い・目的を明確にしてから制作に取り掛かりましょう。

あるあるWEBコンシェル⑦~⑨

webコンシェルにお任せを ~日本全国での実績があります~ 其の七 「携帯サイトって高いんちゃうん・・・?」 携帯電話WEB開発ツールの進歩に伴い、 携帯サイトはどんどん手軽に製作できるようになりました。 其の八 「原稿ください」って、日々の業務で考える時間はない。 ご安心ください。必要であれば「想いを語っていただけるだけ」 でこちらがカタチにします。 それが私たちの企画・デザイン力です。 其の九 「個人業者で全部外注してるらしい。レスポンスも悪いなー。」 当社は社内デザイナーにて製作していますので、 お客様のご要望に速やかに対応できます。 企画・提案・各種デザイン・イベント運営 有限会社ウエスト 滋賀県近江八幡市たかかい町南1-3-11 TEL.0748-43-0155 FAX.0748-43-0156 http://www.west-design.com/

採用サイトの女性向けコンテンツ掲載率

(株)クーネストが1436社を対象に採用サイトにおける女性向けコンテンツの掲載率を独自調査しました。その結果、全体の17.5%の企業において女性向けコンテンツを掲載していることがわかりました。 業界別では男性の職場のイメージが強い製造業(特に石油石炭製品、ガラス土石製品等)において掲載率が高く、反対にインターネット関連など比較的歴史が浅く女性活用が当たり前になっている業界においては掲載率が低い傾向にあります。また、銀行や保険など従来から女性に人気が高い業界においても、昨今の人材獲得競争の高まりを受け、女性向けコンテンツを新たに掲載している企業が増えました。 どのような女性向けコンテンツが多いのか 対象となる女性向けコンテンツを調べた結果、コンテンツを以下の4分類に分けることができました。最も多かったのが「単独インタビュー型」で37.2%、次いで「座談会型」で36.4%という結果になりました。多くの企業で実際に社員の顔を出し、社員の声で女性の働き方を伝える方法を採用していることがわかります。 1)インタビュー型 37.2% 2)座談会型 36.4% 3)環境・体制説明型 24% 4)FAQ型 2.3% 単独インタビュー型や座談会型が多いということは、それだけ制作しやすいということだと考えられます。今後、新たに女性向けコンテンツを作成する場合、まずはインタビューや座談会を選ぶと良いのではないでしょうか。また全体的に動画を利用した女性向けコンテンツが少なかったので、差別化を図るのであれば動画でPRするのもアリですね。 女性向けコンテンツをまとめているサイトがあるので、詳細はこちらを参考にしてはいかがでしょうか。 http://saiyo.site/tag/woman

なぜあなたの記事は読まれないのか?〜効果的な見出しの付け方〜

記事が読まれるかを左右する見出しの効果 見出しは文章の「顔」です。読者が記事の中身まで読むかどうかは見出しでほぼ決まってしまいます。それは新聞や雑誌の記事だけでなく、会社の最新情報やブログ記事などにも言えることです。 今回は大きく分けて4つのポイントに絞り、効果的な見出しの作り方を具体例も合わせながらご紹介いたします。 【①具体的な数字を入れる】 具体的な数字を見出しの中に入れると記事全体の内容がイメージしやすくなります。また、客観的な数字は説得力があり、信憑性を高めることができます。 数字はなるべく細かいほうがリアリティがあります。 下のサンプル例ではどちらが読みたい見出しでしょうか? a: 御社のロゴを簡単に作れます! b: 御社のロゴをたった3分で作成します! 【② 新しい情報を入れた見出し】 新しい情報を仕入れた場合、あなたはどうしますか?おそらく誰かに伝えたいと思うのではないでしょうか? 人は新しい情報に対して期待感を寄せる傾向にあります。見出しの中にも新しい情報を取り入れることで読者の心をつかむ見出しになります。 下記のcとdの見出しではどちらが心をつかまれますか? c: 煩わしい顧客管理を画期的な方法で効率化しました! d: 煩わしい顧客管理を効率化しました! 【③ 好奇心を掻き立てる見出し】 人は質問されると答えたくなると言われています。そこで見出しに読者の好奇心を掻き立てる問いかけを入れると、その答えを知りたくなります。 見出しに適した問いかけはいくつかありますが、今回は読者に疑問を投げかけ興味を刺激する方法を例に上げてみます。 下記のeとfではどちらが読みたくなる記事の見出しになりますか? e 初対面で緊張しない方法 f なぜあなたは初対面で緊張してしまうのか? 【④ 早く簡単な方法を連想させる見出し】 解決したい課題があった場合、人はなるべく簡単にかつ手っ取り早く解決したいと考える傾向にあります。 そこの部分をフックに読者に記事を開いてもらう方法になります。 読者にこれまでに比べて少ない時間や労力で、目的を達成できると思わせる見出しをご紹介しましょう。 下記のgとhではどちらが簡単に課題を解決できると感じますか? g: クライアントと仲良くなる方法 h: 相槌だけですぐできるクライアントと仲良くなる方法 ------------------------------------- ブログの担当になり、急遽記事を書かなくてはいけなくなった人もいるかと思います。 その際に記事ばかりに時間と労力をかけ、見出しの作成を疎かにしてしまうのはとてももったいないことなので注意が必要です。 冒頭でも申し上げた通り、見出しは記事の顔です。 見出しに興味を持ってもらわなければ、当たり前ですが記事も読んでもらえません。 今回の記事が、少しでも参考になったら幸いです。

WEBコンテンツライティングに関連する記事を見る

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。