BUSINESS TIPS発注担当者の方へ、発注成功の為のお役立ち情報

ブログライティングを外部に依頼!外注するならどういうポイントに気を付ける?

最近では、企業サイトやイベントサイトにブログを設置して、定期的に情報を更新して発信するケースが増えてきました。
イベントの進行状況を伝えて気分を盛り上げたり、企業の活動を紹介することで企業の情報発信力をアップさせたりするなど、メリットは豊富です。
とはいえ、いつでも記事が書けるほど余裕があるわけではない企業は多いでしょう。 この場合、ブログライティングのみを外注する方法があります。

ブログライティングの外注とは?

そもそもブログライティングの外注とはいったい何かというと、これはとてもシンプルで、ブログを書くことやその記事を外部のライターに依頼するということです。
文章だけを依頼する場合もあれば、文章に付ける画像選定・画像加工を追加する場合もあります。また、マークアップ対応をしてもらったり、タイトル付けやサイトの反応チェックまでできたりするライターも最近は増えています。
とはいえ、基本的にはやってもらうことが増えれば増えるほど、費用もかさむ傾向があるでしょう。

外注するなら「何ができる人か」を明確に

ライターに依頼するのであれば、いくつかのポイントを押さえておきましょう。
その最も大きなポイントとしては、そもそも発注先はいったい何をしている人で、何ができるのかが明確な人が良いということです。
これは外注する場合によくありがちなのですが、ライターによっては文章を書くことに特化している人もいれば、一緒にカメラマンなどの写真撮影をする人もいます。
また、中にはブログ運営のアドバイスができるコンサルタント的な立ち位置の人もいれば、極端に集客ができる個性豊かなライターなどもいるのです。
彼らは自分たちの個性や特技を活かすことに長けており、逆に言えば個性を減らすことや意図しないことがあると極端にパフォーマンスが落ちるなど、契約解除につながりかねません。
このため、基本的に発注する段階では「何ができる人なのか」ということを明確にしておきましょう。
依頼先がいったい何に対応できる人なのかということは対応しておく必要があります。

求めるものが何かを明確にする

また、その一方でブログライティングに自分たちでは何を求めているのかという要求も明確にしておきましょう。
例えば単発の仕事だけを効率よくこなすライターに対して、継続的な仕事の依頼は受けづらい場合があります。
ライターによっては顔出しや名前出しを必須としているのに顔や名前などの個性が必要ないというようなミスマッチは避けたいところでしょう。
ただサイトのアクセスアップやアクセス維持のためのライターならば、あまりに個性的すぎるライターや逆に無個性なライターは必要がないはずです。
このように、ライターと発注者のミスマッチはとても悲しいことに終わる場合が多いですし、自分たちが何を求めているのかを明確にすることは、ライターやブログに求めていることをそのまま伝えることにもなります。
自分たちが求めるものが明確になれば、たくさんいる発注先から良さそうなところを選び、選定しやすくなるのではないでしょうか。

出来るだけ安く済ませるなら、できることは自分でやる

また、費用については多くの場合は制限があるものです。
予算が豊富に湧き出てくるということはほぼないでしょうから、費用を節約して経費削減をしたいのであれば、自分たちでできることは自分たちで済ませてしまいましょう。
例えばメインとなる文章は依頼して、付ける画像はフリー素材や必要な画像素材サイトから自分で選定しましょう。
必要な画像がなければ自分たちで撮影したり、加工したりする方が安くなる場合もあります。
ブログでマークアップが必要ならば、文章に見出しを付けるように依頼して見分けがつくように指示をし、マークアップ時には自分たちでその作業だけやってしまうのも方法でしょう。
「こういうことを書いてほしい」という骨組みがあるのなら、それだけを伝えてあまり経験のない、安いライターに依頼するのも方法です。
こういうことを書いてほしいということを明確に伝えるだけではなく、ざっくりとした記事の流れまで書けるようになれば、大きく逸脱することはないでしょう。

見積もり依頼は必要? 不要?

ライターと取引をする場合、見積もりについての意見は分かれるところです。
中には見積もりなど不要だという意見もありますが、できれば取っておきたいところでしょう。
見積もり依頼をする場合、まずはこちらが要件を的確にまとめる必要があります。
取材の必要があるのかどうか、交通費などはどうするかというような細かいところまで決めましょう。
次に、何人かのライターに見積もり依頼をする場合です。
ライターによっては見積もり依頼など不要な場合もありますが、大体の場合はこういう用件でこういう文章を書いてほしい、というようなことを的確に伝えることで、費用面での連絡があるでしょう。
最終的にこの人にお願いしたいというライターが見つかったら、その人に正式に契約書などを発行しましょう。
それ以外の方にも、結果の連絡は忘れずに行ってください。

遠方のライターにも発注はできる

ネット環境の発達に伴い、今の時代は地域を超えた発注を行うことも可能です。
特に遠方のライターにどうしても仕事を依頼したいような場合でも、実は対応してもらうことは難しいことではありません。
遠方のライターに仕事を任せたい、ライティングをお願いしたい場合、ある程度交通費や宿泊費などの負担がかかることを意識しておきましょう。
見落としがちなのですが、こういった経費はライターではなく発注者負担となることが多いのです。
思ったより予算がかかる場合も考えられますので、経費がかかりそうな場合は代替案も考えておきましょう。
また、最近ではライターが来なくても遠方で仕事ができるような方法もあります。
例えばネット通話で通話をして取材をしたり、テレビ電話を使って打ち合わせや取材を行ったりするケースもあるのです。このため、意外と遠方でも費用がそんなに高額にはならないケースも出てくるかもしれません。
ただし、そのライターがそもそも遠方からの依頼を受け付けているかどうかというのもポイントになってきます。
中には交通費や宿泊費がかかるような取材は受けていない人もいますし、取材そのものを行っていないライターというのもいます。
また、ネット通話での取材やテレビ電話での打ち合わせを好まない人というのもいるでしょう。
このため、最終的には相手のスタンス次第によって、かなり受けられる範囲は変わります。
また、遠方の場合は経費が実費負担や拘束する分より高額な請求をする場合も多いので、気を付けておきましょう。

修正は要点を定めて伝える

仕上がった文章やブログ記事については、修正を依頼することもできます。
これは文章が気に入らなかったり、レギュレーションと呼ばれる基準の範囲外だったりする場合に修正をしてもらう対応のことを指します。
この場合、どういう風に依頼するのがいいかというと、出来るだけ的確に伝えておきましょう。
長い文章でダラダラ要点を伝えると、ライターは最終的にどう修正したらいいのかわからなくなってしまいます。
文章はシンプルに、要点を伝えてください。

まとめ

ブログを書くだけでも大変という場合、継続的にライティングを続けてもらうブログライティングを外部に依頼することもできます。
とはいえ、どういうことをしてほしいかを定めて伝えないと、意見のミスマッチや食い違いなども出てくるかもしれません。
事前に欲しいものを明確にし、適した場所に発注できるように、最低でもこのくらいは守っておきましょう。

ブログライティングでお困りではありませんか?

仕事の発注先探しや、新規顧客開拓など、ビジネスパートナー探しに役立つ総合ビジネスマッチングプラットフォーム。
それがリカイゼンです。

無料で相談する

記事を探す

キーワードで探す

カテゴリーで探す

無料¥0

業者の選定や案件について、お気軽にコンシェルジュにご相談ください。